MENU
カテゴリー
現在''もぎたて生スムージ''で痩せるか検証中!!もぎたて生スムージを飲み始めてからの体重データと体型の変化はコチラ

【運動前にコーヒーで痩せる?】ウォーキングにおすすめな食べ物・飲み物

ウォーキングにおすすめな食べ物・飲み物

ウォーキングにおすすめな食べ物や飲み物ってある?

あと、コーヒーがダイエットに良いって聞いたけど本当?

こんな質問に答えます。

ユキフル

こんにちは、ウォーキング歴10年のユキフルです。

本記事では、ウォーキング歴10年の私が、ウォーキングにおすすめな食べ物や飲み物を紹介します。

特にダイエットをするのなら、ウォーキング前にコーヒーを飲むことがおすすめです。

研究によってダイエット効果が明らかになっているためですね。

参考になれば幸いです。

この記事でわかること
  • ウォーキングにおすすめな食べ物・飲み物
目次

ウォーキングにおすすめな食べ物

バナナ

まず知っておいて欲しいことがあります。

それは、空腹状態でウォーキングは行わないことです。

なぜなら、ウォーキングはエネルギーを消費するので、空腹状態でウォーキングすると低血糖を起こしてしまう可能性があるからです。

危険ですので、空腹状態でのウォーキングは避けましょう。

低血糖の症状

血糖値60mg以下:体のだるさ、冷や汗、ふるえ、動悸など

血糖値45mg以下:眠気、強い脱力、めまい、集中力の低下、言葉が出ない、不安など

血糖値30mg以下:意識もうろう、けいれん、深い昏睡など

参考サイト:知りたい糖尿病

では、ウォーキングにおすすめな食べ物を紹介しますね。

  • バナナ
  • タンパク質が多く含まれている食べ物

バナナ

バナナは、ウォーキング前におすすめの食べ物です。

理由は、

  • 程よい糖質があり消化吸収が良い
  • 運動時に消失しやすいカリウム・マグネシウムを補給できる
  • クエン酸が豊富なため疲労回復にも期待できる
  • 低GI値なので太りにくい
  • 安い

からです。

ユキフル

ウォーキングに適しているので、私はウォーキング前にバナナを食べることがルーティン化しています。

食物繊維が豊富なので、便秘に良いのもいいですね。

タンパク質が多く含まれている食べ物

ウォーキング後は、タンパク質が豊富なものを食べてください。

理由は、筋肉を作りやすくなるためダイエットにつながるからです。

ウォーキング後にタンパク質を取る➡筋肉を作りやすくなる➡筋肉が上がれば基礎代謝が上がる➡太りにくく痩せやすい体質になる
※基礎代謝の2割は筋肉が担っているため、筋肉が増えるほど基礎代謝が上がる

タンパク質摂取のゴールデンタイム:ウォーキング後45分以内

筋肉が形成されやすい

でもウォーキングで筋肉が付くの?

ユキフル

負荷が少ないので筋肉を鍛えることは難しいですが、普段運動していない人は多少は付けることができます。
最低でも加齢による筋肉の減少を抑えることはできますよ。
詳しくは『ウォーキングで使われる筋肉の部位を紹介!【筋肉が減る噂の真相は?】』をご覧ください。

タンパク質が豊富な食べ物
  • 肉類
  • 魚類
  • 豆類など

ウォーキングにおすすめな飲み物

コーヒー

では、続いてウォーキングにおすすめな飲み物を紹介します。

  • ブラックコーヒー:脂肪燃焼アップ
  • ヴァームウォーター:運動中の水分補給に
  • Happy Belly スポーツドリンク:コスパ最強のスポーツドリンク
  • 大豆プロテイン:基礎代謝アップにつながる

コーヒー:脂肪燃焼アップ

運動前にコーヒーを飲むことで、脂肪が燃焼しやすくなることが鈴木政登教授の行った実験によって明らかになっています。

《実験内容》

白湯とコーヒーの2グループに分ける。

白湯またはコーヒーを250ml飲用➡60分間安静➡30分間ランニング➡エネルギー消費量、血液中の遊離脂肪酸濃度などを測定

【実験結果】エネルギー消費量

飲用前:白湯とコーヒーほとんど変わらない

飲用30分後:白湯<コーヒー

飲用60分後:白湯<コーヒー

30分間のランニング

運動後30分後:白湯<コーヒー

運動後60分後:白湯<コーヒー

運動後90分後:白湯<コーヒー

コーヒーを飲んだグループは、白湯を飲んだグループに比べてエネルギー消費量が多くなることが分った。

また、白湯よりもコーヒーを飲んで運動した方が中性脂肪の分解が多かったことが分った。

ユキフル

つまり、運動前にコーヒーを飲むことでエネルギーを消費量がアップし、さらに脂肪燃焼もアップするということですね。

コーヒーを飲むタイミングは、ウォーキングの1時間前がベスト。

コーヒーを飲んで1時間経つと、カフェインによって遊離脂肪酸が上昇し、このタイミングで運動することにより中性脂肪の分解を促すことができるためです。

また、コーヒーを継続して飲むことでカフェインによって代謝がすすむこともラットを使った実験で分かっています。

コーヒーを習慣化して太りにくい体を作りたいですね。

>>>【ダイエットコーヒー】SLIM COFFEE-スリムコーヒ-

参考:全日本コーヒー協会

ヴァームウォーター:運動中の水分補給に

フォームが正しければ、ウォーキング中に汗をかきます。

ですので、水分補給が大切です。

私は、水分補給にヴァームウォーターを飲んでいます。

理由は、

  • 運動時に失いやすい水分やミネラルを効率よく摂取できる
  • スズメバチの驚異的なスタミナの秘密と言われる『17種類のアミノ酸』を摂取できる
  • カロリー0
  • 美味しい

からです。

ユキフル

特に、グループフルーツのさっぱりとした味が気に入ってます。
あとは、カロリー0なのも嬉しいですね。

喉が渇いたらすでに脱水と言われているので、水分補給はこまめにしてくださいね。

Happy Belly スポーツドリンク:コスパ最強のスポーツドリンク

Happy Bellyのスポーツドリンクも個人的に気に入ってます。

理由は、

  • 安い
  • 低カロリー

からです。

最大のメリットは、安いことです。

1本あたりおよそ60円。財布に優しいですよ。

ユキフル

夏にスポーツドリンクの消費量が多くなるので、夏はコスパのいいHappy Bellyのスポーツドリンクを飲んでいます。

Happy Belly (ハッピーベリー)
¥1,719 (2021/04/19 10:51:32時点 | Amazon調べ)

大豆プロテイン:基礎代謝アップにつながる

最後に大豆プロテインです。

ウォーキング後の45分以内にタンパク質を摂取すると基礎代謝につながると言いましたが、45分以内に食べるのは結構むずかしいですよね。

ユキフル

ですので、私はすぐに作れる大豆プロテインを飲んでいます。
1分あれば作れますよ。

大豆プロテインはイソフラボンが含まれているため

  • 脂肪の蓄積を防ぐ
  • 脂肪の燃焼

という効果に期待できます。

つまり、大豆プロテインはダイエットに物凄く良いということですね。

私がウォーキング後に飲んでいる大豆プロテインは、ザバスウェイトダウンです。

かなり美味しいですよ。

ウォーキングにおすすめな食べ物・飲み物【まとめ】

私が特におすすめするのは

  • ウォーキング前のバナナ
  • ウォーキング前のコーヒー
  • ウォーキング中のヴァームウォーター
  • ウォーキング後の大豆プロテイン

です。

特に、コーヒーと大豆プロテインはダイエットに効果的なので取り入れてみてください。

今回は以上です。

おわり!

ウォーキングにおすすめな食べ物・飲み物

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる