ウォーキングの食事【まとめ】食事のタイミング!効果を上げるもの

ウォーキングをしている人 ウォーキング

ウォーキングの食事についてまとめてみました。

この記事を読んだら、明日からのウォーキングの食事の取り方が変わりますよ!

この記事でわかること
  • 食事のタイミング
  • ウォーキングの効果を上げる食べ物・飲み物
  • 紫外線に効果がある食材

食事のタイミングはウォーキング前?後?

食事のタイミングは、ウォーキング前と後どちらが良いのか?

ダイエット目的で脂肪燃焼効果をアップさせたいのであれば、食前にウォーキングしてください!

なぜなら、ウォーキングなどの有酸素運動をすると炭水化物(糖質)から消費し、その後脂肪を燃焼するからです。

ウォーキングの前に食事を取ってしまうと、炭水化物(糖質)が体に入ります。食後ウォーキングしても炭水化物(糖質)から消費していくので脂肪燃焼に辿り着かないんです。

ウォーキング前に食事を取らなかったら、炭水化物(糖質)が少ないので脂肪をしっかり燃やすことができるということですね。

ウォーキングの目的は多くの人がダイエットだと思いますが、せっかく時間を裂いて運動しているのに、食事の後のウォーキングでは痩せづらくなってしまいます。

脂肪燃焼を効率よく燃やすために、食事前にウォーキングをしましょう(^^♪

ウォーキングの効果を上げる食べ物・飲み物

どうせウォーキングをするなら、ウォーキングで得られる効果を最大限発揮したいですよね。

食べ物や飲み物でも効果を上げることができるので、ひとつひとつ紹介していきます!

体を温めて基礎代謝アップしよう!

体温が1℃上昇することに基礎代謝が上がります

ウォーキングだけでも体温は上昇しますが、飲み物を飲むことでさらに体温上昇が期待できます。

体温を上げると言えばやっぱり生姜ですよね。

ウォーキングの前に生姜湯を飲むことによって、体温を上げ基礎代謝のアップが狙えるのでダイエットに効果的です(^^♪

カルシウムを摂って骨を強くしよう!

実は、ウォーキングは骨の強化ができます。

ウォーキングで骨に負荷をかけることで、カルシウムの吸収が良くなり骨が強くなります

さらに太陽が昇っている時にウォーキングをすることで、太陽の光により体内でビタミンDが生成されます。ビタミンDは、骨のカルシウム吸収を促進させる効果があるため骨が強くなります

太陽が昇っているうちにウォーキングをすることで、骨の負荷と太陽光でのビタミンDによって骨の強化ができるんですね。

しかし、そもそもカルシウムの吸収が良くなってもカルシウムがなければ意味がありません。なのでウォーキング後にカルシウムがたっぷり含まれている牛乳を飲みましょう(^_-)-☆

タンパク質を摂って筋肉を強化しよう!

『せっかくウォーキングでカロリーを消費したから食事は少なめにしよ』と食事制限するのはダイエットに逆効果です。

なぜなら、たんぱく質を取らないと筋肉が作れないため基礎代謝を上げることができないからです。

筋肉の量と基礎代謝は比例していて、筋肉が増えれば増えるだけ基礎代謝も上がります基礎代謝が上がれば、太りにくい体質になれます。

いくらウォーキングをして筋肉を作る準備ができていても、たんぱく質がなければ筋肉ができません。

ウォーキングの後は、しっかり食事で筋肉の生成に必要なたんぱく質を摂ることがダイエットに効果てきというわけですね。

たんぱく質は、肉類、魚介類、大豆、乳製品などで多く摂ることができるので積極的に食べましょう。牛乳は、骨の強化と筋肉どちらにとっても良い飲み物ですね(^^)/

ちなみに、筋肉がついて足が太くなるんじゃないか心配な人も多いかと思いますが、ウォーキングなどの有酸素運動で付く筋肉は遅筋と言って太くならない筋肉なので安心してください(^^♪

マラソン選手は足が細いですよね。

紫外線対策に有効な食材

女性の敵、紫外線!

紫外線の活性酸素は、肌の老化を早めシミやシワの原因になります。

太陽が昇っているうちのウォーキングでは、残念ながら紫外線を避けることはできません。

日焼け止めなどの対策が重要になりますが、食べ物でも紫外線対策ができます

紫外線の活性酸素は、抗酸化作用のある食べ物を取ることで力を弱めることができるんです。

言わば体の中から効果を発揮する日焼け止めみたいな物ですね!

抗酸化作用のある成分は、ビタミンE、リコピン、グルタチオンがあります。

以下にこの成分が多く含まれる食品をまとめてみました。

抗酸化作用

ビタミンE:アーモンド、とうがらし、アボカドなど

リコピン:トマト、プチトマト

グルタチオン:レバー、肉類、アスパラガス、アボカドなど

特に、リコピンとグルタチオンは強力な抗酸化作用を持っています。

トマトなら食卓に並ぶ機会が多いと思うので、積極的に食べましょう(^_-)-☆

まとめ

<ウォーキングは食事前にする>

有酸素運動は、炭水化物から消費した後に脂肪燃焼をするが、食事を先にすると炭水化物が多く体にある状態になるため、脂肪燃焼まで辿り着かない。よって、しっかり脂肪燃焼するために、ウォーキングは食事前にする方が良い。

<ウォーキング効果を上げる食べ物・飲み物>

・代謝アップ

生姜は体を温める作用があるので、ウォーキング前に生姜湯を飲むと代謝を上げることができる

・骨の強化

ウォーキングは、骨に負荷をかけたり太陽の光によって骨のカルシウム吸収が良くなる。ウォーキング後に牛乳などのカルシウムを多く含む物を摂取することで骨の強化につながる。

・筋肉の強化

筋肉の量と基礎代謝は比例する。ウォーキングをして筋肉を作る準備ができていても、たんぱく質がないと上手く筋肉が作られない。ウォーキング後に肉や乳製品などのたんぱく質をしっかり摂って筋肉を作ることが、太りにくい体質の近道と言える。

<紫外線に効果的な食べ物>

日中のウォーキングに紫外線はつきもの。抗酸化作用のある、ビタミンE、リコピン、グルタチオンをしっかり摂ることで、体の内から紫外線の活性酸素の力を弱めてくれ、シミやシワの予防が期待できる。

以上ウォーキングの食事のタイミングと、効果を上げてくてる食べ物や飲み物でした。

せっかくウォーキングしているなら、その効果を最大限に上げてダイエットや健康に1歩でも2歩でも近づきましょう(^^♪