「ダイエット中は間食しない」は良くない!理由は3つあり

ダイエット間食しない ダイエット
ふぐちゃん
ダイエット中の間食ってどうなの?
食べない方がいいの?

こんな質問に答えます。

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

結論を言いますと、ダイエット中の間食はOKです。

むしろ間食をしないのはダイエットの効率を悪くしてしまいます。(ただし、間食でカロリーを取り過ぎるとアウトです。適度な間食をしましょう。)

更に、間食をしないことは肌荒れの原因に!

今回は、ダイエット中の間食について解説していきますね。

ダイエット時の空腹対策

ダイエット時の空腹対策は食事で解決!お腹が空いたときの対処法は?

「ダイエット中に間食をしない」というのは良くない理由3つ

ヨーグルトパフェ

ダイエット中に間食をしないのが良くない理由は3つあります。

  1. 食欲旺盛になる
  2. 夕食のドカ食いにつながる
  3. 肌荒れを起こす

それぞれ解説しますね。

間食をしないのが良くない理由①ストレスによるドカ食い

間食をしないということはストレスにつながり、ストレスが溜まると食欲が旺盛になるためダイエットに良くありません。

間食をするとストレス解消になりますよね。

僕もストレスが溜まったらお菓子を食べたりして、ストレスを発散しています。

反対に間食を我慢することでストレスが溜まります。

ダイエット中は特にストレスが溜まりやすくなるので、間食をしないとなるとストレスは相当なものです。

ストレスが溜まると、『レプチン』という食欲を抑えてくれるホルモンの分泌が抑えられてしまうんですね。
そのため、間食をしないでストレスが溜まると食欲が旺盛になってしまい、ドカ食いにつながってしまいます。
ふぐちゃん
確かにストレスが溜まったらドカ食いしてしまうわ~。

間食を断っても、その後にドカ食いをしてしまうと本末転倒ですよね。

ダイエット中は適度な間食をし、ストレスを溜めないことが大切になります。

間食をしないのが良くない理由②血糖値低下によるドカ食い

昼食から夕食までは時間が空きます。

そのため、何も食べない状態だと血糖値が低くなってしまします。

血糖値が低くなると、脳が血糖値を上げようと「たくさん食べろ!」と命令を出すので、夕食のドカ食いにつながります。

この夕食のドカ食いを予防するためには、昼食と夕食の間の午後3時に間食することが有効です。
午後3時くらいに間食することで、血糖値が低くなりすぎることを防ぐことができるためですね。
そのため、脳の「たくさん食べろ!」という命令を出すことを防ぐことができ、夕食のドカ食いを防止できます。

とはいえ、間食を食べ過ぎると血糖値が高くなりすぎ、血糖値が下がりきらないまま夕食を食べると、インスリンが多く分泌するため太ります。

適度な間食をすることが大切ということです。

程度な間食については後述します。

ダイエット時の間食の時間

ダイエット時の間食の時間は午後3時がベスト!理由を解説!

間食をしないのが良くない理由③ストレスが溜まる【肌荒れ】

間食をしないでストレスが溜まると、肌荒れを起こします。

女性はできるだけ避けたい問題ですよね。

肌の健康は肌のターンオーバーで保たれているのですが、ストレスが溜まるり自律神経やホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが乱れバリア機能が低下するため肌荒れを起こしてしまいます。

ストレスは食欲が旺盛になるだけでなく、肌荒れにもつながってくるので、肌の健康のためにも間食をしないでストレスを溜めることは良くないということですね。

間食はOK!ただし、200kcal程度にしよう

チョコレートを食べようとする女性

間食はOKです!

ですが、適度な間食を心がけましょう。

食べ過ぎると当然太りますよ(^^;

まずは、厚生労働省が開設している『e-ヘルスネット』下記をご覧ください。

一般的には1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量だと言われていますが、ダイエットを考えている場合は、1日に摂取するエネルギーが消費するエネルギーを超えないように、食事だけではなく間食も含めて調節しましょう。お菓子などの食品の袋には栄養成分が表示されているものも多いので参考にしてみて下さい。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-013.html

これを見ても分かるように、厚生労働省も間食を否定していません。

間食は、200kcal程度が適量としています。

そして、ダイエットをする場合は1日の総摂取カロリーが多くならないように食事や間食で調整するようにと記述してあります。

ダイエット中の間食は、200kcalを基準にし、食事でカロリー摂取量が多くなってしまった場合はその分間食のカロリーを抑えることが大切ということですね。

1日の摂取カロリーについては人それぞれ違います。『JOY FIT』で計算できるので計算してみて下さい。

間食におすすめする食べ物については『ダイエット中の間食におすすめする食べ物11選!カロリー・GI値を表記』で紹介しているので参考になれば幸いです。

腹持ちが良いもの、血糖値が上がりにくい食べ物を選びましょう。

下記の表は主に食べられている間食のカロリー一覧表です。

食べ物カロリー
飴1個(2.5g)29kcal
ポテトチップス1袋(85g)471kcal
チョコレート1枚(18g)92kcal
アイス1個(200ml)448kcal
ショートケーキ1個(100g)327kcal
ドーナツ1個(50g)194kcal
プリン1個(170g)214kcal
カップラーメン1個(80g)358kcal
バナナ1本(150g)129kcal
ヨーグルト1個(170g)114kcal
参考サイト: https://www.ugoku-taberu.com/ntrprg/snack.html

でも間食やめたら痩せたという人もいるけどどっちがいいの?

体重計

「間食やめたら1ヶ月で5㎏痩せた」などといった声も多くあります。

間食やめて食事のドカ食いもしなかったら、摂取カロリーを抑えることができるので当然痩せます。

でも食事を制限するストイックなダイエットはストレスが相当なもので、長続きするとは思えません。

もちろん、「あと1ヶ月後に結婚式があるからそれまでに痩せたい」など短期間で痩せたい場合は有効だと思います。

でも切迫した状況ではないのであれば、間食を適度に食べ、ストレスを溜めないダイエットの方が長続きすると思います。

ストレスは肌荒れの原因にもなるので、切迫していないのであれば間食を程度にするダイエットの方がいいかなと僕は思います。

ダイエット中の間食について【まとめ】

ウォーキング負荷

ダイエット中は間食をしてはいけないと思われがちですが、実は全く逆で適度な間食はダイエットに良い方向に働いてくれます。

適度な間食(200kcal以内)が重要です。

食べ過ぎると血糖値の上昇が大きくなるので太ってしまうからですね。

ダイエット中は適度な間食を心掛け、ストレスや血糖値をコントロールしてストレスなく痩せましょう。

「ダイエット中に間食しない」は良くない理由まとめ
  • ストレスによるドカ食い
  • 血糖値が低くなることによるドカ食い
  • 肌荒れを起こす