MENU
カテゴリー
''もぎたて生スムージ''で1ヶ月4.5㎏痩せました!!横腹がスッキリ。体重データと体型の変化はコチラ

「ダイエット中は間食しない!」は良くない【理由3つあり】

ダイエット中の間食って食べない方がいいの?

こんな質問に答えます。

ユキフル

こんにちは、ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの資格を持つユキフルです。

結論を言いますと、ダイエット中の間食はOKです。

むしろ間食を全くしないのはダイエットに良くありません。(ただし、間食でカロリーを取り過ぎるとアウトです。適度な間食をしましょう。)

今回は、ダイエット中の間食について解説していきますね。

この記事でわかること
  • ダイエット中に間食を全くしないという考えが良くない理由
  • 間食の摂取カロリーの目安
目次

ダイエット中に間食を全くしないのが良くない理由3つ

ヨーグルトパフェ

ダイエット中に間食を全くしないのが良くない理由は3つあります。

  1. 食欲旺盛になる
  2. ダイエットが続かない
  3. 肌荒れの原因になる

それぞれ解説しますね。

食欲旺盛になる

ダイエット中に間食を全くとらないと、食欲旺盛になります。

  1. ストレス
  2. 血糖値の低下

上記の2つが食欲旺盛になる理由です。

ストレスによって食欲旺盛になる

間食を全くしないとストレスになりますよね。

実はこれが食欲が旺盛になる理由です。

なぜなら、ストレスが溜まると『レプチン』という食欲を抑えてくれるホルモンの分泌が抑えられてしまうからです。

つまり、ストレスが溜まると食欲を抑えきれなくなってしまうため、食欲旺盛になるということですね。

逆に、適度な間食はストレスを解消させる効果があります。

ユキフル

僕はストレスが溜まったらお菓子を食べたりして、ストレスを発散しています。

ダイエット中は適度な間食をし、ストレスを溜めないようにしましょう。

血糖値の低下によって食欲旺盛になる

昼食から夕食までは時間が空きます。

そのため、何も食べない状態だと血糖値が低くなってしまします。

血糖値が低くなると、脳が血糖値を上げようと「たくさん食べろ!」と命令を出すので、夕食のドカ食いにつながるのです。

この夕食のドカ食いを予防するためには、昼食と夕食の間の午後3時に適度な間食することが有効です。

午後3時くらいに間食することで、血糖値が低くなりすぎることを防ぐことができるためですね。

そのため、脳の「たくさん食べろ!」という命令を出すことを防ぐことができ、夕食のドカ食いを防止につながります。

ユキフル

間食を断っても、その後にドカ食いをしてしまうと本末転倒です。
適度な間食を心掛けましょう。

ダイエットが続かない

「間食を完全にやめたら1ヶ月で5㎏痩せた」などといった声も多くあります。

摂取カロリーを抑えることができるので当然痩せます。

しかし、間食を全くしないダイエットは、ストレスが大きいので長続きするとは思えません。

痩せたとしても、その後リバウンドが待っている可能性が高いということです。

一時的に痩せるために辛い思いはしたくないですよね。

リバウンドが待っている辛いダイエットよりも、優しいリバウンドが少ないダイエットをおすすめします。

時間はかかりますが、人生最後のダイエットにすることが一番です。

ユキフル

僕が実際に成功したダイエットは『【実際に成功!】リバウンドしない痩せ方!優しいダイエットがカギ』の記事にまとめているので良かったらご覧ください。

ストレスが溜まる【肌荒れ】

間食を全くしないのが良くない理由は、もう一つあります。

前述したように、間食を全くしないのはストレスになります。

そして、そのストレスが肌荒れにつながるのです。

ストレスがあると肌荒れを起こすのはわりと有名ですよね。

これは、ストレスが溜まると自律神経が乱れ、ターンオーバーが不調をきたすためです。

また、ホルモンバランスが崩れることによって、ニキビもできやくなるみたいです。

ユキフル

僕の従妹はダイエットだからと間食を完全にやめていたのですが、見事に肌が荒れていました。やはり良くないですね。

ストレスは食欲が旺盛になるだけでなく、肌荒れにもつながってくるので、肌の健康のためにも間食をしないでストレスを溜めることは良くないということですね。

間食はOK!ただし、200kcal程度にしよう

チョコレートを食べようとする女性

ダイエット中でも間食は取ってください。

ですが、適度な間食を心がけることが大切です。

食べ過ぎると太りますよ。

必ず以下の図式が成り立つためです。

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

消費カロリー<摂取カロリー=太る

まずは、厚生労働省が開設している『e-ヘルスネット』下記をご覧ください。

一般的には1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量だと言われていますが、ダイエットを考えている場合は、1日に摂取するエネルギーが消費するエネルギーを超えないように、食事だけではなく間食も含めて調節しましょう。お菓子などの食品の袋には栄養成分が表示されているものも多いので参考にしてみて下さい。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-013.html

間食は、200kcal程度が適量としています。

そして、ダイエットをする場合は1日の総摂取カロリーが多くならないように食事や間食で調整するようにと記述してあります。

つまり、ダイエット中の間食は200kcalを基準にし、食事でカロリー摂取量が多くなってしまった場合は、その分だけ間食のカロリーを抑えることが大切ということですね。

1日の必要な摂取カロリーは人それぞれ違います。『JOY FIT』で計算できるので計算してみて下さい。

間食におすすめする食べ物については『ダイエット中の間食におすすめする食べ物11選!カロリー・GI値を表記』で紹介しているので参考になれば幸いです。

腹持ちが良いもの、血糖値が上がりにくい食べ物を選びましょう。

下記の表は主に食べられている間食のカロリー一覧表です。

食べ物カロリー
飴1個(2.5g)29kcal
ポテトチップス1袋(85g)471kcal
チョコレート1枚(18g)92kcal
アイス1個(200ml)448kcal
ショートケーキ1個(100g)327kcal
ドーナツ1個(50g)194kcal
プリン1個(170g)214kcal
カップラーメン1個(80g)358kcal
バナナ1本(150g)129kcal
ヨーグルト1個(170g)114kcal
ユキフル

注意しないと、すぐに200kcalを超えそうですね(^^;

ダイエット中の間食について【まとめ】

ウォーキング負荷

ダイエット中は間食をしてはいけないと思われがちですが、実は全く逆で適度な間食はダイエットに良い方向に働いてくれます。

適度な間食(200kcal以内)が重要です。

食べ過ぎると当然ですが、太ってしまいますよ。

ダイエット中に間食を全く取らないことが良くない理由
  • 食欲旺盛になる
  • ダイエットが続かない
  • 肌荒れの原因になる

今回は以上です。

おわり!

\今まで公式サイトで購入したことがない人限定/

大人のカロリミット
  • 食事の吸収を抑える
  • 食事の脂肪吸収を抑える
  • 脂肪代謝を助け消費しやすくする
  • BMIが高めの方の腹部脂肪を減らす
結果が出にくくなる20代以降のダイエットに!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる