MENU
カテゴリー
現在''もぎたて生スムージ''で痩せるか検証中!!もぎたて生スムージを飲み始めてからの体重データと体型の変化はコチラ

【本当に痩せるの?】早寝早起きのダイエット効果がある理由!口コミも紹介

早寝早起きダイエット

早寝早起きをするだけで痩せるの?疑わしい~

こんな質問に答えます!

ユキフル

こんにちは、ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの資格を持つユキフルです。

結論からいいますと、早寝早起きにダイエット効果はあります!

早寝早起きをするだけで痩せられた人は沢山いますよ。

ただ早寝早起きを心掛けるだけなので、誰でも簡単にできます。

しかも、生活習慣も見直すことにもなるので、一石二鳥です。

今回は、なぜ早寝早起きをするだけで痩せることができるのか期待できる効果を口コミも合わせて紹介し、ベストな就寝時間と起床時間を紹介します。

この記事でわかること
  • 早寝早起きのダイエット効果
  • 口コミ
  • ベストな就寝時間と起床時間
目次

早寝早起きダイエットの口コミ

朝

本当に早寝早起きをするだけで痩せるのか?

口コミを調査しました。

調査した結果、早寝早起きをするだけで多くの人が痩せていました。

1週間くらいで効果が出た人もいるので即効性があるダイエットと言えます。

ではつぎに、なぜダイエット効果があるのかを解説していきますね。

早寝早起きダイエットの効果は5つあり!

3時

早寝早起きをするだけで痩せることができるのが分かりました。

では、なぜダイエット効果があるのか。

早寝早起きのダイエット効果は以下になります。

  1. 脂肪の燃焼を促す(300kcalを消費)
  2. 夜食が減る
  3. 食欲を減らせる
  4. 基礎代謝が上がる
  5. 朝食をしっかり食べることができる

それぞれ解説しますね。

脂肪の燃焼を促す

早く寝ることで、体内の脂肪を促すことができます。

早く寝ることで脂肪の燃焼を促す成長ホルモンの分泌が増えるからです。

じゃあ何時に寝ればいいの?

ユキフル


ダイエットのためには午後9時にベットに横になることをおすすめします。

理由は、午後10時から午前2時の間に成長ホルモンの分泌が盛んになるためです。

ちなみに、成長ホルモンが1日に消費するカロリーは300kcalとも言われているんですよ。

これは、300kcalはランニング40分に相当するカロリー消費量です。

逆に、しっかり睡眠が取れていないと、成長ホルモンの分泌が30%にとどまるので睡眠不足には気を付けたいところです。

夜食が減る

早く寝ることで、夜食をする機会を減らすことができます。

寝てしまえば、食べることができないためですね。

夜食はダイエットに良くありません。

ユキフル

夜10時以降に食事をすると太るということは有名ですよね。

これは、脂肪を体内に溜め込んでしまう『BMAL1』というタンパク質が関係します。

BMAL1は、午後10時から午前2に量が最も多くなります。

そのため、夜10時以降に食事をしていしまうと脂肪が蓄積しやすくなるのです。

ちなみに、このBMAL1が夜に多くなることを発見した教授は、夜7時以降は一切食べない生活を続けたらみるみる痩せたみたいですよ。

食欲を減らせる

早く寝て睡眠不足を解消することで、食欲を減らせるかもしれません。

睡眠不足になると、食欲を促進させるホルモンが増え、食欲を抑えるホルモンが減ってしまうことが調査でわかりました。(スタンフォード大学より)

つまり、睡眠不足を解消することで食欲を減らせるかもしれないということですね。

人より食欲がある場合は、もしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。

基礎代謝が上がる

早起きすることで、基礎代謝を上げることができます。

1日で1番体温が低いのは朝です。

体温と基礎代謝は比例しており、体温が低いと基礎代謝も低くなります。

つまり、朝は体温が低いので基礎代謝も低いということですね。

朝の体温を上げることがダイエットのポイントになります。

朝の体温を上げるには、早起きして活動することです。

活動とは、

  • 家事をする
  • 食事を食べる:体内が活動的になる
  • 運動をする

以上のようなことです。

十分体温を上げることができるので、基礎代謝を高めることができます。

ユキフル

基礎代謝を高めることで、太りにくく痩せやすい体質になれますよ。

体温が1℃上がれば13%基礎代謝が上がる

朝食をしっかり摂ることができる

早起きすることで、時間に余裕が生まれしっかり朝食を摂ることができます。

実は、ダイエットで朝食は重要です。

朝食を食べることで得られるダイエット効果は以下です。

  • 血糖値を抑える
  • 基礎代謝が上がる
  • 便秘の解消に期待できる

それぞれ解説します。

血糖値を抑える

血糖値が急上昇してしまうと、インスリンが過剰に分泌されてしまいます。

インスリンには脂肪を合成したり脂肪の分解を抑制する働きがあるので、血糖値の上昇を緩やかにしてインスリンの分泌を抑えることがダイエットのカギになります。

朝食で食物繊維を摂ることで、昼食時の血糖の上昇を緩やかにできます。

そのため、インスリンの分泌を抑えることができダイエットにつながります。

逆に朝食を抜いてしまうと、昼食と夕食の血糖が上がることがイスラエルのテルアビブ大学の実験でわかっています。

ユキフル

朝食を抜くことで、昼食と夕食の血糖値が上がり、インスリンの分泌量が上がってしまうということですね。

基礎代謝が上がる

前述したように、朝食を食べることで体温を上げることができるので、基礎代謝を上げることができます。

食事をしたら体が温かくなりますよね。

それは、食べ物を消化や吸収するために胃腸が活発に動くからです。

ダイエット中ではなくても体重維持にもなりますので、朝ご飯を食べることは重要です。

便秘解消

朝食を食べることで、便秘の解消に期待できます。

朝食を食べることで、腸の蠕動運動(伸び縮み)が活発になるため便通が改善されるためです。

便秘が解消されることで、

  • ポッコリお腹の改善
  • 代謝の向上

の効果があるのでダイエットになります。

以上が早寝早起きダイエットの効果です。

早寝早起きの時間は何時がベスト?

時計

では、何時に寝て何時に起きるのがベストなのか解説していきます。

寝る時間は前述しましたが、成長ホルモンの分泌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時までの間です。

そのため、入眠できるまでの時間を考えると午後9時にベットで横になることがベストです。

次に起きる時間ですが、厚生労働省の『健康づくりのための睡眠指針2014』には、

日本の成人の睡眠時間は 6 時間以上 8 時間未満の人がおよそ 6 割を占め、これが標準的な睡眠時間と考えられます。睡眠時間は、日の長い季節では短くなり、日の短い季節では長くなるといった変化を示します。(中略)個人差はあるものの、必要な睡眠時間は 6 時間以上 8 時間未満のあたりにあると考えるのが妥当でしょう。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf

とあります。

そのため、午後9時に寝ると考えると、午前5時までに起きることがベストと考えられます。

【早寝早起きの時間は何時がベスト】

寝る時間:午後9時

起きる時間:午前5時

おすすめ➡スタンフォード式【最高の睡眠】から生まれた枕『ブレインスリープピロー』

最高の睡眠枕「ブレインスリープピロー」

早寝早起きダイエットのまとめ

早起きは三文の徳ということわざがありますが、三文は現代の価値にすると数十円ほどです。

そのため、意味は『早起きすると少しだけいいことがあるよ』ということです。

ですが、口コミを見ても分かるように早寝早起きはダイエット効果が高かったですよね。

しかも、簡単にできますし、生活習慣も見直せます。

三文以上の価値は確実にあるでしょう。

高いダイエット商品を買う前に、まずは早寝早起きダイエットをすることをおすすめします。

今回は以上です。

早寝早起きダイエットの効果まとめ
  • 脂肪を燃焼し、300kcal消費できる
  • 夜食が減る
  • 食欲を減らせる
  • 基礎代謝が上がる
  • 朝食をしっかり食べることができる
    血糖値を抑える
    基礎代謝が上がる
    便秘解消
早寝早起きダイエット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる