魚ダイエットの効果とは?方法は?おすすめの食べ方は?口コミも調査

魚ダイエットの効果 ダイエット
ふぐちゃん
魚って健康や頭にいいだけじゃなく、ダイエット効果もあるって聞いたけど本当?

こんな質問に答えます。

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

魚は健康や頭が良くなるということで注目されてきましたよね。

でも、実はダイエットにも良いと注目されてきています。

ただし、食べ過ぎたり、間違った食べ方をすると逆に太ってしまいますので注意が必要です。(後述します。)

最近では、食の欧米化が進んできていますが、和食に立ち返り健康的な魚ダイエットをして痩せましょう。

この記事では、魚ダイエットの口コミやダイエット方法などについて紹介します。

青魚の栄養素

青魚(鯵・鯖・鰯・秋刀魚)の栄養素ランキングを紹介!DHAも

2019年12月4日

魚ダイエットで痩せる?口コミを紹介!

サバの塩焼き
ふぐちゃん
本当に魚にダイエット効果があるの?

本当にダイエット効果があるのか、口コミを調査しました。

魚ダイエットを実際にしている人の声を聞いてみましょう。

魚を食べるだけで確実に痩せているのが分かりますね。

  1. 魚ダイエットの効果について
  2. 主に食べる魚のカロリー一覧
  3. 魚ダイエットの方法
  4. 簡単レシピ

の順に解説していきます。

魚ダイエットは簡単にできるので、ダイエットで一番難しい『続ける』ということが簡単になります。

魚ダイエットを極めてスリムな体を手に入れましょう。

魚のダイエット効果とは?

ふぐちゃん
なんで魚にダイエット効果があるの?

魚には、

  • 中性脂肪を減らす
  • 腹持ちが良いので間食を抑えることができる
  • 筋肉を作る

という効果があります。

それぞれ解説しますね。

ダイエット効果1:中性脂肪を減らす

ウエスト

魚に含まれる『DHA』『EPA』は、中性脂肪を燃焼させる働きがあります。

食事でエネルギーが余った場合、肝臓で中性脂肪として合成され、皮下脂肪や内臓脂肪という形で蓄えられます。

中性脂肪を燃焼させるということは、皮下脂肪や内臓脂肪を減らすことにつながります。
ユキフル
中性脂肪を減らすには、食事も大事ですが、ウォーキングなどの適度な運動も大事です。

ダイエット効果2:腹持ちが良いので間食を抑えることができる

食事

魚には、タンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は、消化に時間がかかるため腹持ちが良く、間食を抑えることができます。

間食を抑えれば、余分なカロリーを制限できるためダイエットに効果があります。

余談ですが、間食のカロリーは200kcalが適切とされています。

200kcalを超えないように、お菓子などのカロリー表示を確認し超えないようにすることが大切です。

おやつカロリー
  • ポテトチップス(1袋60g)332kcal
  • アイスクリーム(200ml):315kcal
  • 飴玉(1粒4g):16kcal
  • ミルクチョコレート(1枚50g):279kcal

ダイエット効果3:筋肉を作って基礎代謝アップ

筋肉

魚を食べて運動することで、基礎代謝を効率よくアップすることができます。

筋肉は、タンパク質を材料にして作られているので、タンパク質が少ない状態だと筋肉が上手に作られません。
魚はタンパク質が豊富なので、筋肉を作る材料になります。

勿論、筋肉を作るためには運動が欠かせません。

ユキフル
ウォーキング、家の中で出来る踏み台昇降が楽にできるのでおすすめですよ。

筋肉が増えれば、基礎代謝を上げることが出来るので、太りやすく痩せやすい体質になれます。
ダイエットに適した体を作ることができるということですね。

魚ダイエットの方法は?

ふぐちゃん
魚ダイエットの方法は?

魚ダイエットの方法について解説します。

1日1食を魚料理にするのがおすすめ(食べ過ぎ注意)

サンマの塩焼き

1日1食を魚料理にするのがおすすめです。

魚を食べる量は、100g~200gを目安に食べましょう。

理由は、

  • カロリーを抑える
  • DHA・EPAの量

です。

それぞれ解説します。

カロリーを抑える(食べ過ぎ注意)

ダイエットで食事のカロリーをコントロールすることは非常に大事です。

摂取カロリー>消費カロリー

となると、消費しきれなかったカロリーは脂肪として蓄えられるので太ってしまいます。

摂取カロリーを抑えることがダイエット成功に繋がるということですね。

魚のカロリーは意外と高いため、食べ過ぎないことが大切です。

魚がダイエットに良いからと1日3食も食べたら、カロリーをオーバーしやすいので、逆に太ってしまう原因になります。

以下は、魚の100g当たりのカロリーです。

100g当たりのカロリー
  • サンマ:310kcal
  • イワシ:217kcal
  • サバ:202kcal
  • サバ缶(さば水煮):190kcal
  • アジ:121kcal
  • マグロ:125kcal
  • ツナ缶:267kcal
  • サケ:138kcal
  • 春鰹:114kcal
  • 秋鰹:165kcal
  • ハマチ:256kcal

魚ダイエットの鍵を握るDHA・EPAの摂取量(健康にも良い)

魚ダイエットで鍵を握るDHA・EPAの摂取目安は、DHA・EPA両方合わせて1000mgです。

ほとんどの魚は、100g~200g食べればこの量を摂取することができます。

DHA・EPAの魚の種類別含有量は、『青魚の種類一覧!ししゃもは?アレルギーや効果効能についても紹介』で紹介しているので、参考にしてください。

ユキフル
DHA・EPAは、ダイエット効果だけでなく、

  • 動脈硬化予防
  • ドライアイ改善
  • ハリとツヤのある肌になる
  • 記憶力・集中力アップ

健康や美容、勉強と嬉しい効果がありますよ。

足りないDHA・EPAは、サプリメントで摂取するのも手です。

青魚の種類一覧

青魚の種類一覧!ししゃもは?アレルギーや効果効能についても紹介

2019年10月24日

おすすめの食べ方【刺身? 焼き魚?どっちがいい?フライはNG?】

魚の食べ方
ふぐちゃん
刺身、焼魚、フライと食べ方が色々あるけどダイエットにはどの食べ方がいいの?

結論から言うと、焼き魚がおすすめです。
フライは、ダイエットではNGです。

理由は、

  • 調理法によるカロリーの違い
  • DHA・EPAが熱に弱いこと

が関係してきます。

解説していきますね。

刺身、焼き魚、フライのカロリーを比べてみよう!

まずは、刺身、焼き魚、フライのカロリーを比べてみましょう。

アジのカロリー(100g当たり)

  • 刺身:121kcal
  • 塩焼き:115kcal
  • フライ:215kcal

サンマのカロリー(100g当たり)

  • 刺身:310kcal
  • 塩焼き:297kcal
  • フライ:410kcal

カロリーは

塩焼き<刺身<フライ

ということが分かります。

ユキフル
塩焼きのカロリーが低い理由は、グリルで焼くことによって脂が落ちるためです。

参考サイト:カロリーSlism

DHA・EPAは、熱に弱い

ダイエットの鍵を握るDHA・EPAは、熱に弱いことが分かっています。

刺身と焼魚を比べた場合、焼魚の方のDHA・EPAが約10%下がります
刺身とフライを比べた場合は、なんとDHA・EPAが50%も下がってしまいます。

DHA・EPAが低くなるのに焼魚をなぜおすすめするのかと言いますと、価格が刺身に比べて安いからです。
カロリーが若干落ちるということも理由です。

ユキフル
毎日食べるので価格を少しでも抑えたいですよね。

DHA・EPAが下がりますが、10%くらいなのでダイエットに影響はほとんどありません。

勿論、刺身にもDHA・EPAが多く摂れるという良い所がありますし、好きという人は刺身でも問題はありません。

フライは、カロリーが高いこと、DHA・EPAが大きく落ちるのでダイエットに向きません。

焼き魚や刺身を食べて魚ダイエットをしてみて下さい。

おわりに

魚は、健康面や頭、美容にいいだけでなく、ダイエット効果もあるスーパーフードです。

多くの嬉しい効果があるので、ついつい食べ過ぎてしまいそうになりますが、食べ過ぎは逆に太ってしまう原因になります。

1日100gから200gを目安に魚を食べるようにしましょう。

魚ダイエット効果まとめ
  • 中性脂肪を減らす
  • 腹持ちが良いので間食を減らすことができる
  • 筋肉を作って基礎代謝アップ