魚を食べ過ぎると太るって本当?食べ過ぎに注意すべき4つの理由を解説

魚を食べ過ぎると太るって本当?食べ過ぎに注意すべき4つの理由を解説 ダイエット

「魚にはダイエット効果があるって聞いたけど、たくさん食べても大丈夫?」

こんな質問に答えます。

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

魚は健康に良く、適切な量を食べるとダイエット効果まであります。

とはいえ、食べ過ぎたら太りますよ。

カロリーが高い魚がいるためですね。

逆にカロリーが低くダイエット成分が多く含まれている魚もいます。

他にも、魚を食べ過ぎたらよくない理由があります。

食べ過ぎに注意するべき理由は以下です。

  • 太る
  • 痛風・高尿酸血症
  • 腹痛、吐き気、脱毛などの症状
  • 水銀を含む魚介類は胎児に影響するリスクがある

本記事では、魚を食べ過ぎると良くない理由について紹介していきます。

魚を上手に食べて、健康的な生活を送りましょう。

魚の食べ過ぎに注意する理由1:太る

ウエスト

魚にはダイエット効果があることが研究によって分かっています。

詳しくは『魚ダイエットの効果を解説!方法、おすすめの食べ方、口コミも紹介』をどうぞ!

しかし、魚を食べ過ぎると逆に太ってしまいます。

単純に、摂取カロリーが多くなるためですね。

太る理由は主に、摂取カロリーが消費カロリーを上回っているためです。

当然の話ですが、「摂取カロリー<消費カロリー」でしたら太りません。

「摂取カロリー>消費カロリー」になってしまうから太るのです。

魚の種類によってカロリーが違います。

中には高カロリーな魚もいるので、高カロリーな魚を摂取しすぎないように注意しましょう。

魚の種類ごとのカロリーを一覧で紹介しますね。

主に食べる魚のカロリー一覧表(ランキング)

魚の種類によってカロリーが違います。

魚の中には高カロリーな魚もいるので一覧で紹介します。

100g中 カロリー
マグロ(トロ) 344kcal
サンマ 310kcal
ハマチ 256kcal
イワシ 217kcal
サバ 202kcal
タイ 194kcal
サバ缶 190kcal
ししゃも 166kcal
カツオ(秋) 165kcal
サーモン 139kcal
カンパチ 129kcal
マグロ(赤身) 125kcal
ヒラメ 124kcal
アジ 121kcal
カツオ(春) 114kcal
カレイ 95kcal
ふぐちゃん
カロリーが高い魚は油がのっている魚が多いね。

一番カロリーが低いカレイと一番カロリーが多いマグロ(トロ)では、3倍もの差があります。

魚の種類によってカロリーが違ってくるので、このカロリー表を参考に食べる量に気を付けましょう。

1日にどれくらいカロリーを摂取してもいいのかを把握しておくことはダイエットで非常に重要です。

適切な摂取カロリーは、基礎代謝や運動量によって変わります。

joy fit』というサイトでカロリー必要摂取量を簡単に計算できるので活用してみてくださいね。

魚の油で太る?

魚を焼くと油がたくさん出てきますよね。

一見、健康に悪そうに見えますが、実はその油はダイエット効果や健康に良い油なんです。

魚の油は、不飽和脂肪酸で常温でも液体の油です。

ふぐちゃん
確かに魚の油って、肉の油みたいに固まらないね。

そのサラサラの魚の油には、『DHA』『EPA』といった血液サラサラ成分があり多くの健康効果をもたらしてくれます。

魚のサラサラの油には以下の効果があります。

DHA、EPAの健康効果
  • 中性脂肪の減少
  • コレステロールを下げる(動脈硬化予防)
  • 花粉アレルギー症状の緩和
  • ドライアイの改善
ユキフル
魚の油は、健康にも良く、ダイエット効果もあるということですね。
ふぐちゃん
凄い!!

厚生労働省によると、DHAとEPA合わせて1000mg以上を1日に摂取することが望ましいとしています。

魚の『DHA、EPA』の含有量は『青魚の種類一覧!ししゃもは?アレルギーや効果効能についても紹介』で紹介しているので参考にしてください。

魚を毎日食べるのは大変なので、サプリで足りないDHA・EPAを補うのも手です。

大正製薬のDHA・EPAは初回88%オフなので、お試しにどうぞ!

\\ お試しにどうぞ!! //
<<<<<大正製薬の「大正DHA・EPA」はコチラ>>>>>

魚ダイエットの効果を解説!方法、おすすめの食べ方、口コミも紹介

魚ダイエットの効果を解説!方法、おすすめの食べ方、口コミも紹介

魚の食べ過ぎに注意する理由2:痛風になる可能性(種類別プリン体量を紹介)

関節痛

魚はカロリーだけでなくプリン体にも注意が必要です。

魚はプリン体を多く含むためです。

プリン体の過剰摂取が続くと下記の病気になります。

  • 痛風
  • 高尿酸血症

プリン体の1日の摂取量は、400mgまでがベストとされています。
参考サイト:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン

では、魚にどれくらいのプリン体含有量があるのか一覧でみてみましょう。

100g中 プリン体
カツオ 211mg
イワシ 210mg
ニジマス 180mg
アジ 165mg
マグロ 157mg
サンマ 154mg
トビウオ 154mg
キス 143mg
サワラ 139mg
タイ 128mg
ブリ 120mg
ニボシ 746mg
かつお節 493mg
イワシ(干物) 305mg
アジ(干物) 245mg

参考:帝京大学薬学部物理化学講座 薬品分析学教室 金子希代子教授提供

カツオを始め多くの魚がプリン体の含有量が100mgを超えています。

また、干物になると数値が跳ね上がるのが分かります。

ユキフル
干物が好きな人は特に摂取量に気を付けましょう。

プリン体は魚だけでなく、明太子にも多く含まれているので、これらを踏まえた上で1日の摂取量がオーバーしないように注意しましょう。

明太子(100g中):159mg

余談

実は、ビールに含まれるプリン体は魚と比べると少ないです。
ビールに含まれるプリン体は、100g中5.7mgです。
先ほど紹介した魚に比べると非常に少ないことが分かります。
ただし、アルコールは血中の尿酸値を上げてしまうと言われているので飲み過ぎには注意しましょう。

青魚の栄養素

青魚(鯵・鯖・鰯・秋刀魚)の栄養素ランキングを紹介!DHAも

魚の食べ過ぎに注意する理由3:腹痛、下痢など(魚の種類別セレン量を紹介)

腹痛

魚にはセレンという成分が多く含まれています。

セレンは体に重要な成分ですが、過剰摂取には注意が必要です。

以下はセレンを過剰摂取した場合の症状です。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 脱毛など

セレンの1日の上限摂取量は、30代女性の場合350μgです。

では、魚の種類別セレン含有量をみていきましょう。

100g中 セレン
カレイ 110μg
クロマグロ 110μg
カツオ 100μg
アジ 78μg
アマダイ 75μg
キハダマグロ 74μg
ビンチョウマグロ 71μg
サバ 70μg
ブリ 57μg

参考: 日本食品標準成分表

カレイ、クロマグロ、カツオはセレンの量が100μgを超えています。

そのため、食べ過ぎると簡単に上限摂取量を超えるので注意が必要です。

セレンの上限摂取量は、性別、年齢で変わってくるので以下の表を参考に!

引用: 厚生労働省 :日本人の食事摂取基準2015年版

魚の食べ過ぎに注意する理由4:水銀を含む魚介類は胎児に影響するリスクがある

妊婦さんは、水銀を多く含む魚介類を食べる時は量に気をつけましょう。

胎児に影響を与えるリスクがあるためです。

水銀に関する近年の研究報告において、低濃度の水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告がなされていることを踏まえ、妊娠中の魚介類の摂食について以下の注意事項を公表しているところです。

厚生労働省が実施している調査によれば、平均的な日本人の水銀摂取量は健康への影響が懸念されるようなレベルではありません。特に水銀含有量の高い魚介類を偏って多量に食べることを避けて水銀摂取量を減らしつつ、魚食のメリットを活かしていくことが望まれます。

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/

以下は、妊婦さんが注意するべき魚介類の種類とその摂取量の目安になります。

摂食量(筋肉)の目安魚介類
1回約80gとして妊婦は2ヶ月に1回まで
(1週間当たり10g程度)
バンドウイルカ
1回約80gとして妊婦は2週間に1回まで
(1週間当たり40g程度)
コビレゴンドウ
1回約80gとして妊婦は週に1回まで
(1週間当たり80g程度)
キンメダイ
メカジキ
クロマグロ
メバチ(メバチマグロ)
エッチュウバイガイ
ツチクジラ
マッコウクジラ
1回約80gとして妊婦は週に2回まで
 (1週間当たり160g程度)
キダイ
マカジキ
ユメカサゴ
ミナミマグロ
ヨシキリザメ
イシイルカ
クロムツ
厚生労働省

特に、キンメダイ、クロマグロ、は食べる機会が多いので注意が必要です。

参考サイト:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/

魚を食べ過ぎると太る?食べ過ぎに注意するべき理由【まとめ】

魚は、健康効果やダイエット効果と素晴らしい効果を持っています。

しかし食べ過ぎると、逆に太ってしまったり、健康を害してしまいます。

どんな食べ物も偏った食事は良くありません。

適切な量を食べ、バランスの良い食事を心掛けましょう。

魚の食べ過ぎに注意するべき理由
  • 太る
  • 痛風・高尿酸血症
  • 腹痛・下痢など
  • 水銀を含む魚介類は胎児に影響するリスクがある
ユキフル
最後までご覧いただきありがとうございました。