水中ウォーキングのメリット!膝を痛めやすい人でも安心して運動できる

水中ウォーキングをする女性 ウォーキング

最近、私の周りでも始める人が増えている水中ウォーキング。

テレビでも度々取り上げられて、人気がうかがえます。

水中ウォーキングのいい所は、膝に負担がかからず、体全体を効率良く鍛えることができるなどのメリットが大変魅力的ですね。

筋肉量が増えれば基礎代謝が上がり、太りにくい体質になれます。

しっかり続ければ、必ず痩せることができるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事では、水中ウォーキングのメリット、必要な物、あったら便利な物を紹介します。

水中ウォーキングのメリット

膝に負担がかからない

水中ウォーキングでは膝に負担がかからないので、膝を痛める心配がありません

私は健康のためにジョギングをしていた時期があるんですが、調子に乗って毎日ジョギングをしていたら膝を痛めてしまいました。

ジョギングは膝に2倍の体重がかかるため、膝に負荷がかかり痛めやすいのです。

私のようにジョギングやランニングで、膝を痛めた人は多いのではないでしょうか。

しかし水中ウォーキングは、膝に体重がほとんどかからないため痛める心配がありません。水中では浮力が働いて、陸上の1/9程度の重さになるからです。

水中ウォーキングは、膝が弱い人膝に水が溜まりやすい人体重の重い人に適した運動なんです。

体全体をバランスよく鍛えられる

水中ウォーキングは、普段使っていない筋肉など体全体をバランス良く鍛えられます

水中は水の抵抗が強いため、思うように体を動かすことができません。歩くだけでも腕、お腹、腰、足の筋肉をフルパワーで使わないといけないため、全身の筋肉に負荷がかかります。結果、水中ウォーキングを続けるとバランス良く筋肉がついてくるという訳です。

学校の水泳の時間が終わった後、陸に上がると体が3倍くらいに重く感じたのを覚えていませんか?そのダルさは体全体の筋肉を使った証拠なんです。

筋肉が増えると基礎代謝が上がり、太りにくい体質になれる

筋肉の量と基礎代謝量は比例するため、筋肉が増えると基礎代謝が上がります

基礎代謝が増えると、痩せやすく太りにくい体質になります。

太りにくい体質は、憧れている人多いのではないでしょうか。

ウォーキングで得られる6つの効果!ダイエット効果は長く続けた人だけが貰えるご褒美!!』でも紹介しましたが、3か月以上続けないとダイエット効果が出ないのでしっかり続けることが大切です。また、水中ウォーキングのような有酸素運動は20分から脂肪燃焼効果が出ると言われているので、30分を一つの目安に運動をしましょう。

筋肉アップで腰痛改善

筋肉の効果は基礎代謝を上げることだけではありません。

腰痛にも効果があります。運動不足や加齢の影響で、腰の筋肉が衰えると、腰が曲がり負担がかかるので腰痛を招きます。

水中ウォーキングは腰も鍛えてくれるので、腰に筋肉がつき姿勢を真っすぐに整えてくれます。

消費カロリーがウォーキングの1.5倍

体重50kgの人が30分運動を続けた場合

ウォーキングのカロリー消費量:79kcal
水中ウォーキングのカロリー消費量:118kcal

水中の場合、丁度1.5倍の消費カロリーですね。

消費カロリーが高いと、それだけ食べたものが脂肪として体内に蓄積されないということなので、ダイエットの効率が良くなります。

参考:keisan生活や実務に役立つ計算サイト
https://keisan.casio.jp/

血行促進

水中では、水圧浮力の影響を受けます。

水圧は、マッサージ効果をもたらしてくれます。足を適度な力で圧迫するので、足に溜まった血液を心臓に戻し血液の流れを良くしてくれます。

浮力は、いつも重力の影響を受けている体を重量から解き放ってくれるので、体の緊張が緩みリラックス効果があると言われています。リラックスすると副交感神経が優位になるので、血管が拡張し血行促進につながります。

水圧も浮力も血行促進の効果があります。冷え性、腰痛、肩こり、むくみは血行が悪いと起きる症状なので、水中ウォーキングで改善が期待できます。

費用が安い

私の近くの市が経営している温水プールは

費用:1回利用券:300円

   6回利用券:1500円

です。

スポーツジムの平均が1万円なので、ぜんぜん安いですね。

必要なもの

必要な物とあったら便利な物を紹介します。

場所によってはレンタルできる物があるので確認してみてください。

必要なもの

水泳着

アリーナ 水泳 水球 トレーニングパンツ ハーフパンツ チームラインショートパンツ arena AMULJD84

水泳着がないと始まりませんね。

体系を隠せる物も沢山あるので自分好みのを選んでください。

デザインが豊富なので選ぶのも楽しいですよ。

水泳キャップ

水泳キャップも着用が義務付けられている所がほとんどです。

髪の毛がプールの中に落ちないようにするための物なので、マナーだと思ってしっかりかぶりましょう。

タオル

体の水分をしっかり吸収できるように大きめの物がいいですね。

あったら便利な物

ゴーグル

水中ウォーキングだけなら必要はないですが、泳ぎたくなるかもしれないので持っておくといいかもしれません。

耳栓

耳に水が入るのを防止してくれるので、着けておくと便利です。

アクアシューズ

アクアシューズを履くと滑りにくくなるため、スムーズに歩けるようになり運動効率が上がります。

最後に

いかがでしたか?

ジョギングやランニングで膝を痛めて運動を避けていた人や、肥満体質で膝に負担が大きい人には水中ウォーキングは打って付けの運動です。

ポイントは、1週間や1か月で体重が落ちないので3か月以上続けることです。

必ず続けると筋肉が増え、基礎代謝量が上がり、太りにくい体質になれるので続けてください。

さあ、必要なものを買って近くの温水プールに行きましょう!