ウォーキングの日焼け対策グッズを紹介!服装や時間帯は?紫外線を防ごう

ウォーキングの日焼け対策 ウォーキング

「ウォーキング中の日焼けが不安!みんなどんな日焼け対策してるの?」

こんな質問に答えます!

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

ウォーキング時に日焼け対策していますか?

日焼け対策は、日焼けだけを防止するのではなく、紫外線によるシワやシミ対策にもなります。

紫外線によるシミやシワは、今すぐ出るわけではありませんが、10年後に現れるので、10年後の肌を守るためにもしっかり日焼け対策をして肌を守りましょう!

この記事では、日焼け対策の仕方について解説していきます。

この記事でわかること
  • 日焼け対策の服装
    →各部位の対策について
    →服の色について
  • ウォーキング時の日焼け止めの選び方
    →SPF・PAについて
  • 食べ物やサプリで紫外線対策
  • 日焼けを回避できる時間帯

日焼け対策の服装は?

日焼けは、時間帯によって避けることができますが、時間の都合で日中にウォーキングしなければならないこともあるかと思います。

そこで、ここでは日中の日焼け対策について紹介していきますね(^^♪

日焼けを回避できる時間については後述します。

ウォーキングの日焼け(紫外線)対策
  • キャップ(顔・頭皮・髪)
  • サングラス(目)
  • ネックカバー(首)
  • アームウォーマーor長袖スポーツインナー(腕)
  • タイツorスポーツインナー(足)

キャップ【顔、首、鼻、耳、目、頭皮】

「キャップをすると、邪魔だし、頭が蒸れるから嫌だな~」と思っていませんか?

でもキャップには重要な効果があるので、日中のウォーキング時には被ることを強くおすすめします。

キャップを被ることで、顔、首、鼻、耳、目、頭皮を紫外線から守ることができます。

頭に被るものなので、特に頭皮を守ることに優れています。

頭皮や髪に紫外線を受けてしまうと、髪のツヤがなくなくなるだけでなく、薄毛や抜け毛の原因になります。

せっかく髪のケアをしていても紫外線でボロボロになってしまうんです。

そのため、キャップを被ることをおすすめします。

キャップは、紫外線を防ぐUVカットの素材を使ったものがおススメですよ(^-^)

また、突然雨が降ってもキャップのツバが雨を遮断してくれるので、視界の確保にもなって便利ですよ!

<<<<<<アマゾンで大人気>>>>>>

サングラス【目】

実は、目も紫外線の影響を受けてしまい、最悪の場合、白内障になるリスクがあります。

目の日焼け(紫外線)対策も大切なのがわかりますね。

キャップでも目の紫外線を守ることができますが20%しかカットできません。

サングラスは90%も紫外線をカットできると言われているのでかけるべきですね。

長時間紫外線を浴び続けると慢性的な充血となり、瞼裂斑(けんれつはん)や翼状片(よくじょうへん)、白内障などの眼病リスクを高めると言われています。瞼裂斑は紫外線や加齢などが原因でできる目のシミ。白目の一部がシミのように黄色く濁り、盛り上がってくるという症状で、ドライアイの原因になることもあります。翼状片は白目の角膜から白い三角形の組織が黒目にかかってくる症状で、光の通り道を邪魔して見えにくくし、進行すると乱視を引き起こします。

jins https://www.jins.com/jp/uv-care/

<<<<<<アマゾンで大人気>>>>>>

ネックカバー【首】

首も日焼け(紫外線)対策は、ネックカバーがおススメです。

ネックカバーが無い場合は、タオルをかけるだけでもオッケー!

首に紫外線が当たってしまうと、首シワが増え、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

夏にも涼しい冷感タイプのものがおすすめです。

<<<<<<アマゾンで大人気>>>>>>

長袖スポーツインナーorアームウォーマー【腕】

腕の日焼け(紫外線)は、長袖スポーツインナーかアームウォーマーで防ぐことができます。

おすすめは、スポーツインナー!その中でもコンプレッションタイプの物です。

なぜならコンプレッションインナーには、運動のサポート、関節の負担軽減による怪我の予防、疲労回復という機能があるからです。

UVカット素材の物も発売されているので、日焼け対策といておススメですよ(^-^)

<<<<<<アマゾンで大人気>>>>>>

スポーツインナーorタイツ【足】

足もスポーツインナーやタイツを履いて、日焼け対策をしましょう!

おすすめは腕と同様にコンプレッションタイプのインナーです。

ウォーキングで負荷がかかりやすい膝の負担を和らげるため怪我の予防になりますし、運動をサポートしてくれるので動きやすいからです。

紫外線は服の色も重要!

服の色

紫外線の対策は、服の色も重要です!

以下は色別の紫外線のカット率になります。

  • 黒:86%
  • 青:81%
  • 黄:78%
  • ピンク:60%
  • 橙:55%
  • 白:42%

黒はカット率が高く、白は低いことがわかりますね。

白い服だと紫外線が半分以上透過するので、紫外線対策としては不向きです。

じゃあ、紫外線カット率が高い黒なら良いのかというと、黒は熱を吸収してしまうので熱がこもりやすく熱中症になるリスクが上がるので特に夏場はやめたほうがいいでしょう。

そこで、おすすめなのは黄色です。

黄色は紫外線カット率が高く、熱も吸収しにくいので快適に過ごせるからです。

とはいえ、白色でもUVカット加工されているものは紫外線カット率が70%を超えるので白色が着たい場合にはUVカット加工のものを選びましょう。

ウォーキング服装

ウォーキングの服装!【まとめ】春夏秋冬、早朝や夜の服装など

ウォーキング時の日焼け止めの選び方

日焼け止め

日焼け止めの選び方

SPF・PAは何がおススメ?

ウォーキング時間が30分から1時間くらいの場合は、SPF30・PA+++もあれば十分紫外線から身を守ることができます。

2時間以上ウォーキングする場合は、SPF50・PA++++の日焼け止めを選びましょう!

※1時間30分以上ウォーキングすると、筋肉が減り代謝が下がるのでおすすめしません。

・日常生活(通勤・近所への買い物や散歩など)
⇒SPF20/PA++

・屋外での軽いスポーツやレジャー活動、営業の外回り
⇒SPF30/PA+++

・長時間日光に当たるとき、炎天下でのスポーツ(ゴルフ、野球、海水浴など)
⇒SPF50+/PA++++

マイナビウーマン https://woman.mynavi.jp/article/170628-12/2/
ウォーキングダイエットの時間や距離の目安は?距離時間の測定はアプリを使おう!

ウォーキングダイエットの時間や距離の目安は?距離時間の測定はアプリを使おう!

ウォータープルーフを選ぼう!

ウォーキングは汗が出るため、一般的な日焼け止めでは汗で有効成分が流れてしまうので効力が弱まっていきます。

ウォーキングの日焼け止めは、汗に強いウォータープルーフという防水性や耐水性のある日焼け止めをおすすめします。

海でも焼けない NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

食べ物・飲み物・サプリで紫外線のケアをしよう!【シミやシワを予防】

なぜ食べ物で紫外線のケア?

食べ物で紫外線による肌のシミやシワ対策ができます!

「え?なんで食べ物で紫外線のケア?」と思いますよね。

紫外線が皮膚に当たることで活性酸素ができるのですが、この活性酸素がシミやシワの原因になります。

しかし、抗酸化作用のある食べ物を食べることで活性酸素を弱めることができるため、シミやシワの予防ができます。

食べ物には強力な抗酸化作用があるものがあるので紹介していきます。

抗酸化作用のある食べ物は?

それでは、抗酸化作用のあるおすすめの食べ物を紹介していきますね。

  • トマト
  • 赤ピーマン
  • アーモンド
  • ニンジン
  • コーヒー

それぞれ紹介します。

トマト【リコピン・ビタミンE・ビタミンC】

トマト

トマトには、今や有名な『リコピン』が含まれています。

リコピンは、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があると言われているので、紫外線ケアに大変有効です。

トマトのリコピンを効率よく摂取するには、生で食べるよりも加熱した方が吸収率が良く、また油と一緒に摂取することで吸収率が上がります。

更に、トマトには抗酸化作用のあるビタミンE』『ビタミンCも含んでいるので、紫外線による活性酸素対策に効果大です(^-^)

赤ピーマン【カプサイシン・ビタミンE・ビタミンC】

赤ピーマン

赤ピーマンには抗酸化作用があるので、紫外線のケアに適しています。

赤ピーマンの赤い色素は、『カプサイシン』で強力な抗酸化作用があります。

その力は、先ほど紹介したリコピンと同等の力があるんです!

更に、『ビタミンE』と『ビタミンC』も豊富に含まれているため、活性酸素を撃退できますよ(^^♪

カプサイシンは、血行を改善してくれる効果もあるので、冷え性の改善や脂肪燃焼効果もありますよ。

アーモンド【ビタミンE】

アーモンド

アーモンドは、『ビタミンE』を大量に含んでいます。

ビタミンEには抗酸化作用があるので紫外線ケアに有効です。

アーモンド20粒食べるとなんと1日分のビタミンEを摂ることができちゃいます。

ニンジン【βカロテン】

ニンジン

ニンジンに多く含まれる『βカロテン』も強力な抗酸化作用がある成分のひとつです。

実は、あのニンジンのオレンジ色素はβカロテンなのです。

ガンの予防効果があるのではないかと言われている今話題の成分なんですよ。

βカロテンは、油と一緒に摂ることで吸収率が高くなるので、油で炒めると良いですね。

コーヒー【ポリフェノール】

休憩コーヒー

コーヒーには、『ポリフェノール』が含まれています。

このコーヒーポリフェノールにも抗酸化作用があるのです。

コーヒーは、毎朝飲む人も多いのではないでしょうか?

ユキフル
僕は毎朝必ず飲んでいます。

朝ウォーキングに行く前に1杯飲むだけなので簡単に紫外線ケアができますよ。

サプリで紫外線ケア

サプリで紫外線ケアをしている方も多く、サプリで紫外線ケアをすることが常識になりつつあります。

ユキフル
全然知らないという方は要チェックですよ。

紫外線ケアサプリで重要な成分は『ニュートロックスサン』です。

話題の成分なので聞いたことがあるかと思います。

ニュートロックスサンの作用については以下をご覧ください。

ニュートロックスサンには、紫外線に対する皮膚抵抗を高める作用があります。ニュートロックスサンを毎日250ミリグラムを飲んだ場合に、8週間後には34%、12週間後には56%紫外線への皮膚抵抗性が増加したという研究報告があります。また、ニュートロックスサンには、日焼けによる肌の赤みや炎症、シミなどの肌トラブルを防ぐ作用も持ち合わせています。臨床試験によると、ニュートロックスサンを摂取した後、26時間で日焼けによる肌の赤みが減少したという報告があります。さらに、ニュートロックスサンには、メラニン生成を手伝う活性酸素の働きを正常にコントロールする作用もあります。これにより、紫外線によるメラニン生成を抑制し、結果的にシミの発生を抑えることができるのです。「飲む日焼け止め」は、肌に塗る日焼け止めほどの効果は得られませんが、敏感肌や肌荒れのために日焼け止めクリームを塗ることができない方には最適な成分であると考えられています。

森田草楽堂 https://www.sourakudou.com/material/nutroxsun/#:~:text=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

簡単に言うと、

  • 皮膚が紫外線に強くなる
  • 日焼けの赤みや炎症、シミの予防などに効果が期待できる
  • 日焼け止めクリームを塗れない方に最適
  • ただし、日焼け止めクリームほどの効果は得られない

ということです。

体の内側から紫外線をケアできる凄い成分なのがわかりますね。

注意したいのが、この成分が含まれているサプリを飲んだからと言って、日焼けしないということではないということです。

あくまでもサプリは日焼け止めクリームのサポートなので、サプリと日焼け止めクリームの併用が望ましいということですね。

この成分を多く配合した一番人気のサプリは『インナーパラソル16200』です。

このサプリは、ニュートロックスサンだけでなく、パインセラ、コプリーノ、ビタミンC、ビタミンPが含まれています。

  • パインセラ:潤い成分(パイナップルから作られたフルーツセラミド)
  • コプリーノ:抗酸化作用が非常に高い成分(ササクレヒトヨタケというイタリアでは高級食材のキノコ)
  • ビタミンC:抗酸化作用、コラーゲン生成
  • ビタミンP:ビタミンCの働きを助ける

紫外線ケアだけでなく、美容面にも良いということですね。

夏の美容サプリ部門においても、口コミ評価、お客様満足度、支持率の3冠を達成しており、継続率が95%という驚異の数値を叩きだしています。

ユキフル
人気なのがわかりますね。

飲む紫外線ケアは常識になりつつあるので、今年から始めてみてはいかかですか?

初回は990円で購入でき、その後も続ければ続けるほど安く購入できるステップ割というコースもあります。

以下のリンクからインナーパラソル16200の公式サイトへ行けますよ。

>>インナーパラソル16200
雨の日ウォーキングのやり方!服装は?注意点は?代わりになる運動を紹介!

雨の日ウォーキングのやり方!服装は?注意点は?代わりになる運動を紹介!

紫外線対策は時間帯が重要

時計

紫外線対策は、ウォーキングをする時間帯も重要です。

早朝や夜間では紫外線の量が著しく減るので、シミやシワ対策にも効果的です。

下の気象庁が作成した1月から12月のデータをご覧ください。

このデータからわかるように、紫外線の最も多い7月8月でも、午前7時、午後5時にはほとんど紫外線がありません。

そのため、紫外線を防ぐベストな時間は、午前7時まで、そして午後4時以降なら年間通して紫外線を気にすることなく運動できます。

もちろん月によって紫外線の量が変わるので、このデータを参考にウォーキングの時間を考えてみてください。

UVインデックスが2.0以下であれば、安心してウォーキングをすることができます。

数値の見方

8以上:日中の外出はできるだけ控える
    必ず長袖シャツ・日焼け止め・帽子を利用する
3~7:日中はできるだけ日陰で過ごす
    できるだけ長袖シャツ・日焼け止め・帽子を利用する
1~2:安心して戸外で過ごせる

1月紫外線
3月紫外線
5月紫外線
2月紫外線
4月紫外線
6月紫外線
7月紫外線
9月紫外線
11月紫外線
8月紫外線
10月紫外線
12月紫外線

自分の地域の現在時刻の紫外線量を知りたい場合は、気象庁のホームページ『 http://www.jma.go.jp/jp/uv/ 』でピンポイントで調べることができますよ(^-^)

ウォーキングの日焼け対策(紫外線ケア)について【まとめ】

ウォーキングを野外でする場合は、日焼け対策が重要です。

特に7月や8月は、日差しが強いので時間帯や服装に気を付けてください。

室内でウォーキングマシンを使ったり、踏み台昇降をするのもいお勧めです。

しっかり日焼け対策をして10年後の肌を守ってくださいね(^^♪

最後までご覧いただきありがとうございました。