ウォーキングには精神を安定させる効果がある!憂鬱を吹き飛ばせ!

ウォーキングの精神安定効果 ウォーキング
ふぐちゃん
今日は日曜日!明日から仕事と思うとなんか憂鬱だ。
憂鬱な気分を晴らすにはどうすればいい?

こんな疑問に答えます!

ユキフル
こんにちは、ウォーキング歴10年以上のユキフルです。

休みの最終日は、なんだか憂鬱ですよね。
連休数が多くなればなるほど休みの最終日は憂鬱な気分になりますよね。

そんな時にはウォーキングがおすすめです。

ウォーキングには、精神を安定させ心を晴らす効果があるので憂鬱な気分を吹っ飛ばせますよ!

この記事では以下のことがわかります。

  • ウォーキングが精神を安定させる効果について
  • ウォーキングの精神安定効果をパワーアップさせる方法

休みの最終日は、ウォーキングをして明るくポジティブになりましょう。

ウォーキングには精神を安定させる効果がある!

ウォーキング

ウォーキングには精神を安定させる効果があります。

理由は、以下の2点です。

  • セロトニンが増える
  • 嫌なことを忘れることができる

それぞれ解説しますね。

セロトニンが増える

ウォーキングは、テンポよく右足左足を踏み出すリズム運動です。

リズム運動には、以下のようなメリットがあります。

歩行のリズム運動とはウォーキング・ジョギング・自転車こぎ・スクワットなどが当てはまります。ウォーキングというエクササイズがセロトニン神経の分泌を促した結果、うつ症状を改善し、いい身体の状態を作ることが期待できます。

Medical note 東邦大学名誉教授・セロトニンDojo代表の有田秀穂先生 https://medicalnote.jp/contents/150918-000003-PIFCMO

セロトニンには、以下のような効果があります。

セロトニンは、精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。特に、ストレスに対して効能があり、自らの体内で自然に生成されるもので、精神安定剤とよく似た分子構造をしています。

医療法人社団 平成医会    https://heisei-ikai.or.jp/column/serotonin/

ウォーキングによって、セロトニンが分泌されることで精神を安定することができます。

憂鬱な時や、落ち込んだりしたときにウォーキングをしてみてください。

ユキフル
僕は1週間に3回以上のウォーキングを学生時代も含めて10年間続けていますが、連休の最終日で憂鬱な時、物事に失敗した時、受験に失敗した時、面接で落ちた時など何度も救われましたよ。
心が軽くなり、重い物がスッと抜けていきます。

セロトニンの効果で気分が晴れポジティブ思考になれるので、憂鬱な気分が解消されます。

なんか嫌な気分になってしまったら、ウォーキングをしてみてください。

ウォーキングする前に比べて、確実に心が楽になりますよ。

嫌なことを忘れることができる

精神が不安定になり憂鬱になるのは、嫌なことを思い出してしまうことが原因の1つにあります。

  • 『仕事の人間関係が嫌だな』
  • 『仕事でやることが山積みだから行きたくないな』
  • 『明日、発表会があるから行きたくないな』
  • 『明日嫌いな授業があるな』

などなど、ネガティブなことを考えていたらドンドン気分が沈んでいきますよね。
僕はポジティブというよりはネガティブに物事を考えてしまうので、何も考えてないと頭の中でネガティブな事をつい考えてしまいます。

ネガティブな思考になった時にもウォーキングをしています。

ウォーキングすることで運動に集中するので、嫌なことを忘れることができるためですね。

ユキフル
簡単に嫌なこと忘れることができると言いましたが、本当にこれは効果が絶大なので騙されたと思ってやっていてください。
ポイントは、ウォーキングに集中することです。
呼吸の仕方から、腕の振り、足の運びなど意識して集中することで嫌なことを忘れることができます。
経験上、ウォーキングの時間が長ければ長いほど嫌なこと忘れることができ、終わる頃には心がリフレッシュされます。

正しいフォームでのウォーキングは、ダイエット効果もアップできるので一石二鳥ですよ。

正しいウォーキングフォームについては、『正しいウォーキングフォームで効率よくダイエット!歩き方を徹底解説』が参考になれば幸いです。

正しいウォーキングフォーム

正しいウォーキングフォームで効率よくダイエット!歩き方を徹底解説

ウォーキングで精神を安定させる効果をパワーアップさせるには?

自然

ウォーキングの精神を安定させる効果を解説しましたが、実は精神を安定させる効果をアップさせる方法が2つあります。

  • 自然の多い場所をウォーキングする
  • 日が出ている時にウォーキングする

それぞれ解説しますね。

自然が多い場所をウォーキング

自然が多い場所をウォーキングすることで、より精神の安定に期待できます。

波の音、川の流れる音、鳥のさえずり、風で草木の葉が擦れ合う音などには『1/fゆらぎ』を感じることができます。
『1/fゆらぎ』とは、一定のようで一定ではない「予測ができないゆらぎ(変動)」のことですね。

物理学者の武者利光さんの研究により『1/fゆらぎ』に、脳内がα波の状態になり精神を落ち着かせることがわかりました。

波の音や川の流れる音を聴くと落ち着きますよね。
それは、『1/fゆらぎ』の効果で脳内からα波が出ている状態だからです。

そのため、ウォーキングコースに自然が多い場所を選ぶことによって、『1/fゆらぎ』精神を安定させる効果がパワーアップします。

ユキフル
僕は川に沿ってウォーキングしているので、『1/fゆらぎ』を感じながら運動しています。
例えば、3月なら川のせせらぎの音を聴きながらウグイスの鳴き声を聴けます。
ウォーキング中は勿論ですが、ウォーキング後もリラックスできますよ。

以下の動画で『1/fゆらぎ』を感じることができるので聞いてみてください。
心が落ち着きますよ。

日が出ている時にウォーキング

ウォーキングなどのリズム運動にはセロトニンの分泌を促す効果があると言いましたが、もう一つセロトニンの分泌を促す簡単な方法があります。

それは、太陽を浴びることです。

セロトニン神経は日光を浴びることと適度な運動を行うことで活性化されます。

総合南東北病院    http://www.minamitohoku.or.jp/information/minamitouhoku/201411/navi.html

太陽の優しい光を浴びると、心が落ち着いて晴れやかな気分になったことはありませんか?
それは、セロトニンによるものです。

個人的には、特に空気が澄んだ朝にウォーキングをすると気持ちが良く心が晴れるような感じがしますね。

朝ウォーキングの効果についてまとめた記事があるので良かったら『早朝ウォーキングの効果とは?時間帯は何時?食事のタイミングは?』をご覧ください。

朝ウォーキングはダイエットに良いなど5つの効果がある!ベストな時間帯も解説

朝ウォーキングはダイエットに良いなど5つの効果がある!ベストな時間帯も解説

ウォーキングには精神を安定させる効果がある【まとめ】

寝ている女性

気分が沈みやすい休みの最終日。

多くの人が憂鬱になります。

そんな時にはウォーキングをしてみてください。

ウォーキングを始める前よりも、心が晴れますよ。

ウォーキングの精神を安定させる効果【まとめ】
  • セロトニンが増える(精神が安定する効果)
  • 嫌なことを忘れることができる

<パワーアップさせる方法>

  • 自然が多い場所でウォーキングする
  • 日が出ている時にウォーキングする