短期間で急激に痩せるダイエットはダメ!リバウンド・老け見えの可能性大

短期間で急激に痩せる ダイエットはダメ! リバウンドの可能性大 ダイエット

急激に痩せるダイエットって健康に悪そうだけどどうなの?

こんな疑問に答えます。

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

1ヶ月で10㎏痩せると謳ったダイエット法というのを耳にすることがあります。

10㎏体重が違えば、まるで別人のように外見が変わるので憧れてそのダイエットをしたくなりますが、短期間で急激に痩せるダイエットは健康的に大丈夫なのか気になりますよね。

答えは、リバウンドや老けて見えてしまう可能性があるのでおすすめしません。

本記事では、短期間で急激に痩せるダイエットでリバウンドや老け見えの可能性が高くなる理由を解説します。

また、1ヶ月で落とすべき体重の目安につきても紹介します。

この記事を読んで、リバウンドなく健康的に綺麗に痩せるダイエットをしましょう。

短期間で急激に痩せるダイエットでリバウンドの可能性が高くなる3つの理由

短期間で急激に痩せるダイエットでリバウンドの可能性が高くなる3つの理由

1ヶ月で10㎏など急激に痩せるダイエットはリバウンドの可能性が高くなります。

理由は以下の3つです。

  1. 長期間維持された体重が脳に記憶されているため
  2. 食欲を抑えるレプチンが減るため
  3. 継続が難しいため

それぞれ解説しますね。

1.長期間維持された体重が脳に記憶されているため

人は長期間維持された体重が脳に記憶されます。

もし短期間で体重が減った場合、自動的に長期間維持されていた体重に戻る仕組みになっています。

なぜこのような仕組みが働くのかと言いますと、短期間で体重が減ると脳が「飢餓状態で危険な状態である」と判断するからです。

脳が飢餓状態と判断すると、少ないエネルギーで効率的に体を動かそうとし(カロリーが消費されにくい状態になる)、さらに脂肪を蓄積しやすい体質に変えてしまいます

そのため、リバウンドの可能性が高くなるという訳です。

ユキフル
ダイエット後にリバウンドなく長期間体重を維持するには長い期間をかけて徐々に体重を減らすことが大切になります。

2.食欲を抑えるレプチンが減るため

レプチンというホルモンもリバウンドに関わります。

レプチンは、2つの働きがあるためです。

  1. 食欲を抑える
  2. 脂肪を燃やし、肥満を予防する

ダイエットに重要な働きをするレプチンですが、ストレス食事で栄養が不足することで分泌量が減ってしまいます。

短期間で急激に痩せるダイエットをすると、ストレスも溜まりますし、極端な食事制限をすることで栄養も不足しやすい状態になります。

そのため、レプチンが減る条件を見事に2つも満たしてしまい、食欲が増加し、脂肪も燃えにくい体質になってしまうためリバウンドの可能性が高くなるのです。

ユキフル
ストレスが続くと食欲が無性に湧くのは、レプチンが減っているためなんですよ。

参考サイト:厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-059.html

3.継続が難しいため

短期間で急激に痩せるダイエットは、極端な食事制限や消費カロリーが高い運動することが求められます。

極端な食事制限は誰もが嫌だと思いますし、運動も普段しない人にとっては相当なストレスだと思います。

よって継続が非常に難しい。

諦めてしまうと、その反動からドカ食いをしてしまい以前よりも体重が増えたなんてことも珍しくありません。

そのため、継続が難しいダイエットはリバウンドのリスクが高くなります。

ユキフル
例え短期間で急激に痩せるダイエットに成功しても、1か月後2ヶ月後とダイエットを継続して体重を維持できる人は少ないのです。せっかくの苦労が水の泡になるのは虚しいですよね。

急激に痩せるダイエットは老けて見える原因に!

急激に痩せるダイエットは 老けて見える原因に!

急激に痩せるのはリバウンド以外にも大きなデメリットがあります。

それは老けて見えることです。

急激に痩せた人を見て、「あの人痩せたけど、老けたなあ」と思ったことはありませんか?

僕はテレビ番組のダイエット企画でそう思ったことが何度かあります。

なぜ老けて見えてしまうのか。

それは、急激に痩せるダイエットの多くは極端な食事制限をしなくてはいけないからです。

食事を制限すると、体に必須な栄養素が不足します。

例えばタンパク質が不足すると、タンパク質はコラーゲンの原料なのでコラーゲン生成も低下します。

コラーゲンが不足すると、肌に潤いやハリがなくなるので「シワ」や「たるみ」が出やすくなり、さらに髪もパサパサになり老けて見えます。

そのため、短期間で急激に痩せるダイエットをすると老けて見えるのです。

10代20代と比べて30代を過ぎてくるとコラーゲンの生成が低下してしまうので、特に30代以上の人がこのようなダイエットをすると老けやすくなります。

短期間で体重が減ると嬉しいですが、それと引き換えに老けて見られてしまうと残念ですよね。

老けずに痩せるには、バランスの取れた食事をしっかり取り、運動(有酸素運動や筋トレ)をすることです。

健康的なダイエットを心掛けましょう。

1ヶ月で落とすべき体重の目安は現体重の5%以内

1ヶ月で落とすべき体重の目安は 現体重の5%以内

極端な食事制限などで体重を急激に落とすことは『リバウンドの可能性が高くなること』『老けて見える』という理由で良くないことが分りましたね。

それでは、次に1ヶ月にどのくらい体重を落としてしけばいいのかについて解説します。

ズバリ『1ヶ月で落とすべき体重の目安は現体重の5%以内』です。

現体重の5%以内でしたら、リバウンドが少なく健康的なダイエットができると言われています。

例えば、

体重が80㎏の場合、1ヶ月で4㎏以内落とすことが理想

体重が70㎏の場合、1ヶ月で3.5㎏以内落とすことが理想

体重が60㎏の場合、1ヶ月で3㎏以内落とすことが理想

になります。

自分の体重×0.05で1ヶ月で落とす目安体重を求めることができます。

体重の5%以内になるように少しずつ落としていきましょう。

ダイエットのコツはコツコツ痩せていく事ですよ(^-^)

短期間で急激に痩せるダイエットはダメ【まとめ】

短期間で急激に痩せるダイエットはダメ【まとめ】

短期間で急激に痩せるダイエットは、以下の3つのリバウンドの可能性が高くなります。

  • 長期間維持された体重が脳に記憶されているため
  • 食欲を抑えるレプチンが減るため
  • 継続が難しいため

さらに、急激に痩せるダイエットに成功しても老けて見えてしまう可能性もあります。

特にコラーゲン生成の低下が始まる30代以降の人は注意しましょう。

1ヶ月で痩せる理想体重は現体重の5%以内です。

ダイエットは短期間で急激に痩せることはデメリットしかありません。

少しずつコツコツと健康的に痩せることが大切です。