きのこダイエットで痩せた人続出!痩せ効果が凄い!やり方や口コミは?

きのこダイエットの効果 ダイエット

この記事を見に来てくれた人は、おそらくきのこダイエットに興味がある人だと思います。

おそらく・・・・(笑)

そうである人もそうでない人にも、きのこダイエットの素晴らしさを紹介します!

きこのには、ダイエットの有効成分が多く含まれているので、きのこを食べてダイエットできない訳がありません!

特に食事制限ダイエットをして失敗した人にきのこダイエットは向いていると思います。

なぜなら、食事を制限しなくても、きのこを毎日食べ続ければ痩せることが出来るからです!

無理な食事制限は、美容成分である『ビタミンB』『ビタミンC』などの栄養成分が取れないので、肌の老化を招くのでやめた方がいいですよ(^^;

この記事を最後まで読んだら、『あ~なるほど!』と納得して、今日からきのこダイエットを始めたくなってしまうと思います。

きのこを食べて、健康的に痩せましょう(^-^)

この記事でわかること
  • きのこダイエットの口コミからわかること
  • きのこのダイエット効果について
  • おすすめのきのこは?その特徴を紹介!
  • きのこダイエットのやり方

きのこダイエットの口コミからわかること

口コミ

それでは、きのこダイエットにどのような口コミがあるのか見ていきましょう!

マイタケを食べ始めてから40日近く(途中サボってる日もありましたが)
今朝久しぶりに体重を計ったら
身長150cm、体重46kg⇒44.9kgになっておりました。

炭水化物もお菓子も普通に食べ
特に運動もせず揚げ物は月1回のみなら食べてOK程度の辛い食事制限もなくマイタケを食べるだけで40代後半で体重が減ったのですから嬉しい限りです。

https://fitsearch.jp/dietmethod/0409010063/comment

1日30~50グラム、おおよそ半パック。 毎日食べ続けても効果は出てくると考えられている 結果 私の場合1ヶ月で 65.4kg→62kg

https://club.panasonic.jp/blogs/spn/diet-way/meal/mg204.html

私はとても便秘しやすい体質で、今までいろいろやりましたがほとんど効果がありませんでした
でもきのこダイエットはやり始めた次の日の朝にはびっくりするほど快調にこれからも続けていきたいと思います

https://fitsearch.jp/dietmethod/0409010063/comment

私はえのきが大好きです(^^)/朝と昼は普通の食事で夜は毎日えのきを一袋食べてます。満腹感が本当にあります(≧∇≦)私はえのきを茹でてポン酢で食べてます(*^^*)

https://fitsearch.jp/dietmethod/091019539199/comment

キノコは大好きなので結構食べてます
満腹感もカナリぁるしお通じもバッチリ

https://fitsearch.jp/dietmethod/091019539199/comment

劇的に痩せることはないものの、少しずつ確実に痩せていく感じですね。

体重減少以外にも、きのこダイエットの口コミを見ていると、便秘が治った、間食がなくなったなども多く見られました。

マイナスの口コミ、『太った』『痩せない』などがほとんどなく、成功率の高さが窺えることも嬉しいポイントです。

それでは、早速きのこダイエットの効果について徹底解説していきますね(^^)/

きのこのダイエット効果とは?

きのこダイエット

では、きのこのダイエット効果についてみていきましょう!

これを見れば早速今日からきのこダイエットを始めたくなりますよ(^-^)

カロリーが低くてヘルシー

きのこは、カロリーが低くてヘルシーなのでダイエットに優しい食べ物です。

きのこの種類別の100g中のカロリーは以下の通りです。

  • まいたけ:16kcal
  • えのき :22kcal
  • しいたけ:18kcal
  • エリンギ:24kcal
  • しめじ :15kcal

ちなみに、ポテトチップスのカロリーは100g(1袋)でおよそ500kcalです。

比べてみるときのこのカロリーの低さが分かるかと思います。

1日の摂取カロリー(食事・間食)が消費カロリー(基礎代謝や運動)よりも多くなってしまうと脂肪として蓄積されてしまいますが、きのこはカロリーが低いので脂肪として蓄積されにくいということですね(^-^)

基礎代謝(男性:1500kcal 女性:1200kcal)
ウォーキング30分(80kcal)

参考サイト:カロリーSlism

キノコキトサンのダイエットパワー

きのこに含まれる『キノコキトサン』は、きのこダイエットの主役と言っても過言ではないくらい優れた有効成分です。

キノコキトサンには、

  • 内臓に溜まった脂肪を燃焼される作用
  • 血液中の脂質を低下させる作用
  • 脂肪の吸収を妨げる作用

などが期待できるからです!

内臓脂肪を燃焼できるのでポッコリお腹の解消に期待できたり、脂っこい食事をしても脂肪を吸収しにくくなるので、ダイエットに大変優れています。

リコムさんが行った臨床試験では、以下のような結果が得られています。

51名の女子大生に、食生活および運動量を今まで通り維持した状態で、体脂肪のみを減少させる働きのあるキノコキトサンを1日300mg、8週間摂取させた。
その結果、摂取8週後では、体重の平均で1.11kg、BMIの平均で0.43kg/m2、体脂肪率の平均で1.04%、体脂肪量の平均で0.85kgと、それぞれ有意に減少した。
また、体重の減少量と体脂肪の減少量はほぼ同じくらいの値であった。
これらのことから、キノコキトサンを用いたダイエットは、普通に食事をとりながら、体脂肪減少による体重の減量を図ることのできる方法であることが示唆された。

RICOM 有効性・安全性データ http://www.j-ricom.com/chitoglucan/doc/07

このデータからもキノコキトサンのダイエットの有効性が分かりますね(^-^)

キノコキトサンは、きのこから100gで3gしか抽出できない貴重な成分ですが、DHCさんがキノコキトサンを凝縮したサプリメントを発売しています。

良かったら確認してみて下さいね。

注意点

サプリメントの説明に、過剰摂取を避けるようにという説明がされているので、サプリメントを必要以上に飲むことはせず、サプリメントを飲んだ場合はきのこを食べることも避けた方がいいと思われます。

食物繊維(便秘解消・腹持ちが良くなる・血糖値を抑える)

きのこは、豊富に『食物繊維』があります。

食物繊維は、『便秘解消』『腹持ち良くなる』『血糖値を抑える』効果があるのでダイエットに効果があります。

それぞれ、詳しく紹介していきますね。

便秘解消

便秘はダイエットの大敵で、脂肪を溜め込みやすくなってしまったり、ポッコリお腹の原因になってしまいます。

きのこは、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよく摂れるので便秘に効果的なんです。

水溶性食物繊維は、便を柔らかくする作用があるので、排便しやすくなります。

不溶性食物繊維は、消化しにくいので便にくっついて大きくする作用があります。

便が大きくなると、便が腸を刺激するので腸の伸び縮み運動が活発になり、便通がよくなります。

まとめると食物繊維は、便を柔らかくし腸の動きを活発化するので便秘に効果があるということですね。

きのこを食べて便秘が解消されれば、太りやすい体質を改善でき、ポッコリお腹ともサヨナラできるのでスリムな体型に近づくことができますよ(^-^)

満腹感を得られる・腹持ちがいい(間食を減らせる)

不溶性食物繊維が多い食べ物は、噛む回数が増えると言われています。

きのこは不溶性食物繊維が豊富にあるので噛む回数が増え、噛む回数が増えると脳の満腹中枢を刺激することができるので満腹感が得られます。

更に、不溶性食物繊維は水分を含んで膨らむ性質があるので少量で満腹感を得られます。

満腹感を得られるので、食べすぎ防止になりダイエットに効果があるということですね。

そして、不溶性食物繊維は消化に時間がかかるので、きのこを食べると腹持ちがよくなります。

ダイエットの大敵である間食を減らせるのでダイエットに有効ということですね。

血糖値を抑える

きのこの水溶性食物繊維は、食後の血糖値を抑えてくれます。

食後の血糖値はダイエットの重要なポイントで、食後の血糖を抑えることで太りにくくなるのです。

簡単にメカニズムを解説しますね。

血糖値が上昇すると、血糖値を下げようと膵臓からインスリンを分泌します。

インスリンは、脂肪の分解を抑制する働き脂肪を合成する働きがあるので、食後の血糖値を抑えてインスリンの分泌量を減らすことが太りにくくなることにつながります。

きのこの水溶性食物繊維は、食後の血糖値を抑えてくれるのでインスリンの分泌量減るのでダイエットに有効ということですね(^-^)

ビタミンDが豊富(脂肪の蓄積を抑制)

カルシウムが低下すると、摂取したカロリーを脂肪に変える酵素を5倍に増やしてしまうことが近年分かってきました。

ビタミンDは、カルシウムの吸収率を上げる働きがあるので、ビタミンDとカルシウムを摂ることで脂肪の増加を抑制できスリムな体型に近づくことができます。

きのこにはビタミンDが豊富にあるので、ダイエットに効果的ということですね。

ちなみに、ビタミンDは日光浴によっても体内で生成できます。

日光浴については『 日光浴4つの効果【正しいやり方とは?日焼け止めを塗ってしまうと意味がない!】 』をご覧ください。

きのこはタンパク質が豊富(腹持ちが良くなる・基礎代謝アップ)

腹持ちが良くなる

きのこの大部分は、タンパク質で出来ています。

タンパク質もダイエットに必須な栄養素です。

タンパク質は、腹持ちが良いので空腹になりにくくなります。

なんと、タンパク質は胃に6時間もとどまります

昼に食べたものが夕方まで胃にあるということですね。

その間、空腹を感じにくくなるので間食を減らすことができダイエットに効果があるというわけです。

基礎代謝アップ

タンパク質は、筋肉生成にもかかわってきます。

筋肉は基礎代謝の2割も占めているので、筋肉が増えるということは基礎代謝アップにつながるということです。

基礎代謝が上がれば何もしないで消費されるカロリーが増えるということなので、太りにくく痩せやすい理想のボディになれます。

無理な食事制限ダイエットは、タンパク質を摂取する量が減るため筋肉を作りにくくなるので太りやすい体質になってしまいます。

ダイエットと言えど、バランスのとれた食事をすることが大切ということですね。

きのこの種類のおすすめは?

まいたけ

まいたけ
  • MD-フラクション:食後血糖値の上昇が穏やかになる・免疫力アップ
  • ビタミンB1:糖質の代謝を上げる・皮膚や粘膜の健康を保つ
  • ビタミンB2:脂質の代謝を助ける・過酸化脂質の分解・皮膚や粘膜の健康を保つ
  • ビタミンD:脂肪の蓄積を抑制
  • ナイアシン:皮膚や粘膜の健康を保つ

一番ダイエットにおすすめするきのこは、まいたけです。

MD-フラクション』は、食後の血糖値を抑える働きがあるので、インスリンの分泌量を減らせ脂肪の蓄積を減らせること。

代謝を助ける働きがある『ビタミンB1』がきのこの中でも特に含まれていること。

脂肪の蓄積を抑制するビタミンD』がきのこの中でもトップクラスだからです。

迷ったら、まいたけです(笑)

エリンギ

エリンギ
  • 食物繊維が一番多い:便秘・腹持ち・満腹感・食後血糖値を抑える
  • ビタミンB2: 脂質の代謝を助ける・過酸化脂質の分解・皮膚や粘膜の健康を保つ
  • ナイアシン:皮膚や粘膜の健康を保つ
  • カリウム:むくみの予防・高血圧予防

2番目におすすめなのは、エリンギです。

食物繊維がきのこの中で一番多いという特徴があります。

便秘の人は、エリンギを食べてスッキリ解消しましょう(^^♪

えのき

えのき
  • ビタミンB1: 糖質の代謝を上げる・皮膚や粘膜の健康を保つ
  • ナイアシン: 皮膚や粘膜の健康を保つ
  • 安くて用途が多彩

えのきもおすすめですよ。

安くて色んな料理に使えるので、毎日のように食べることができます。

私の家の冷蔵庫には常に常備されています(笑)

ビタミンB1』や『ナイアシン』がきのこの中でトップクラスなので、美しく痩せることができますよ(^-^)

しいたけ

しいたけ
  • エリタデニン :しいたけの香り成分、免疫力を高める
  • レンチナン :コレステロール値を下げる・血圧を下げる
  • ビタミンD: 脂肪の蓄積を抑制
  • ナイアシン: 皮膚や粘膜の健康を保つ

しいたけの『ビタミンD』は、きのこの中でトップクラスなので脂肪の蓄積抑制に効果的ですよ。

しいたけの香り成分『エリタデニン』には、免疫力を高める作用があるので冬のインフルエンザシーズンに食べたい食べ物です(^-^)

また、『レンチナン』には、コレステロールを下げる作用血圧を下げる作用があるので、 コレステロールや血圧が気になる方にもおすすめです。

ぶなしめじ

ぶなしめじ
  • GABA(γ-アミノ酸):リラックス効果
  • ビタミンD: 脂肪の蓄積を抑制
  • オルニチン:新陳代謝を高める・肝臓機能を高める
  • βグルカン:免疫力を高める

ぶなしめじには、テレビCMで有名になったか『GABA』という成分が豊富にあり、リラックス効果があるのでストレスを緩和してくれます。

ストレスによるドカ食いが減るので、ダイエットにもつながります。

ぶなしめじには、シジミで有名な『オルニチン』も豊富にあるので、肌の新陳代謝を高めるため美肌効果肝臓機能を高めるため二日酔い防止効果と嬉しい効果が多くあります。

更に、ぶなしめじの『βグルカン』には、免疫力を高める作用があるので、風邪の予防にもなりますよ(^-^)

きのこダイエットのやり方

きのこダイエットのやり方

食べるタイミングは夕食がベスト!

きのこを食べるタイミングは、夕食がおすすめです。

夕食に食べると良い理由は、腸が活発になる腸のゴールデンタイムと言われる22時から2時の腸の動きをきのこの食物繊維で後押しでき、翌朝に排便を促すことができるからです。

もう1つは、単純に夕食は食べる量が多くなるので、低カロリーで満腹感を得られるきのこを食べることでお腹を満たすことができるからです。

摂取カロリーを抑えることができ、食べ過ぎ防止になるのでダイエットに効果的というわけですね(^^♪

食べる量は1日100g!

食べる量は、1日100gを目安に食べましょう。

毎日、夕食に100gきのこを加えるとダイエット効果を得られますよ。

100gなので、そんなに苦ではないはずです。

きのこは、料理のバリエーションが豊富なので、飽きにくいので続けやすいと思いますよ。

きのこだけを食べるのは、栄養のバランスが偏るのでNGです。

いろいろな食べ物と組み合わせて食べてくださいね。

食べる際は、よく噛んで食べ、満腹中枢を刺激することが大切ですよ。

最後に

きのこダイエット始めたくなりましたか?

思い立ったが吉日ですよ(^-^)

きのこは、安くてお腹が一杯になるので家計にも優しい食べ物です。

高級なダイエットサプリを買うより、激安のきのこから始めてみましょう。

きのこは、欠点のない最高のダイエット食品なのです。

今日から早速始めてみて下さいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!!