ダイエットウォーキング!初心者におすすめな頻度は?毎日するべき?

ウォーキング頻度 ウォーキング

ウォーキングは、ダイエットに最適な運動です。

負荷が少ないため、運動が苦手な方でもハードルが低く取り入れやすいからです。

しかし負荷が少ない分、ダイエット効果が現れるまでに少し時間がかかってしまいます。

そのため、効果が出ないからと途中でやめてしまう人も多くいます(^^;

ウォーキングは、続けることで必ず痩せることができる運動です。(正しいウォーキングをした場合)

ウォーキングは続けることが一番大事なんです(^-^)

そこで今回の記事では、初心者にお勧めな無理のないウォーキング頻度や長く続けるためのアドバイスなどを紹介していきます。

合わせて読みたい
  • ウォーキングの頻度
  • ウォーキング時間
  • お勧めの時間帯
  • ウォーキングと食事のタイミング
  • 長く続けるためのアドバイス

ダイエットウォーキングの頻度

カレンダー

毎日するべき?

ウォーキングでのダイエットの一番の近道は毎日することです。

ウォーキングを毎日続けるとそれだけ運動による消費カロリーも増え筋肉が付くので、ダイエットの効率は良くなるでしょう。

しかし、毎日ウォーキングをすることが本当に良いのでしょうか?

私はそうは思いません。

なぜなら、ウォーキングの一番重要なことは長く続けることだからです。

ウォーキングは、短時間でダイエットの成果は出ません。

最低でも3ヵ月はかかってしまいます。

例え毎日することがダイエットの近道でも、苦痛に感じてしまったり、体に負荷がかかり故障してしまうと、ウォーキングを続けることが困難になってしまう可能性があるので、特に初心者の方や運動不足の方は最低3ヵ月続けるためにも無理のないウォーキング頻度にすることが大切です。

無理のないウォーキング頻度とは?

ウォーキングは、週に3回すれば3ヵ月後にダイエット効果を得られます。

週に3回なら、2日に1回くらいのペースなので無理なく続けることができますよね。

苦痛を感じることもなく、体の故障の可能性も格段に減ります。

特に初心者方や運動不足の方は、心身に負荷がかかりやすいので、苦痛になったり体の故障を起こしやすいため、無理のない2日に1回くらいのペースにすると良いでしょう。

ウォーキングを続けていくと、体が少しずつ慣れてきます。

運動が物足りないなと思ったら、回数を少しずつ増やすかウォーキング時間を長くすると良いですね。

もちろん続けることが一番大事なので、無理のない範囲ですが(^^;

ダイエットウォーキングの運動時間は?

ストップウォッチ

ダイエットウォーキングで大切なのは、ウォーキングを続けることだけではありません。

ウォーキングの運動時間も重要です。

ウォーキングで脂肪燃焼が始まるのは、運動開始後20分からと言われています。

20分以内にウォーキングをやめてしまったら、脂肪燃焼効果を得られないということですね。

ウォーキング時間が長ければ長いほどダイエット効率は上がりますが、ウォーキング頻度の説明の時にも言いましたが、時間が長いと苦痛や故障の原因になります。

私が初心者や運動不足の方にお勧めするウォーキング時間は30分です。

30分なら、苦痛なく故障の確率も減り、10分間脂肪燃焼をします。

初めは30分からはじめ、慣れてきたら増やしていくと良いでしょう。

ウォーキングは、必ず痩せることができます。

しかし、それは正しいウォーキングを長く続けた人だけが貰えるご褒美です。

無理のないウォーキングをして、長く続けていきましょう(^^♪

時間帯は?

時計

朝か夜だったらどっちがいいか?

おすすめはです。

朝にウォーキングすることで、生活リズムの改善、ポジティブな思考になれる効果、リラックス効果、骨粗鬆症の予防など多くの効果を得られるからです。

夏は、夜になっても気温があまり下がりませんが、朝は一番気温が下がるので快適に運動できますよ。

よって、時間が取れる方は朝ウォーキングをお勧めします。

食後と食前どっちがいい?

ダイエット目的でウォーキングをするのであれば、食前が最適です。

ウォーキングをすることで、まず体内にある炭水化物(糖質)から消費し、その後脂肪燃焼に切り替わります。

体内の炭水化物(糖質)を消費→脂肪燃焼

食事をすると炭水化物を摂取してしまうので、その後ウォーキングをしてもなかなか脂肪燃焼に切り替わることができません。

逆に、食事の前にウォーキングをすると、体内に炭水化物が少ない状態のため、早く脂肪燃焼に切り替えることができます。

よって、食前にウォーキングがダイエットには最適なんです。

長く続けるためのアドバイス

長い道のり

ウォーキングの一番大事なことは、長く続けていくことです。

長く続けるためのアドバイスを紹介します。

これは実際私がやっているお勧めの方法なので、参考程度にご覧ください(^-^)

コースや時間を変えて気分転換

ウォーキングコース

毎日同じコースや同じ時間帯にウォーキングしていると飽きてきます。

たまにウォーキングコースを変えることで、気分転換になりますよ。

コースに森林、砂浜、坂道などを取り入れるとそれぞれ違った良さや効果があるのでお勧めです(^-^)

森林はリラックス効果、砂浜は腸腰筋が鍛えられ『ヒップアップ』『骨盤矯正』『運動機能アップ』、坂道は若々しさを保つ筋肉を鍛えることができます。

プールで水中ウォーキングをしてみるのもお勧めです。

膝の負担が減るので、膝を痛めやすい方は取り入れてみてください。

時間帯を変えてみるのも気分転換になります。

朝ウォーキングをしている方は夜ウォーキングに、夜ウォーキングをしている人は朝ウォーキングにすることでも気持ちをリセットできますよ。

朝ウォーキングには朝ウォーキングの良い所が、夜ウォーキングには夜ウォーキングの良いところがあります。

もしかしたら、今までやっていなかった時間帯のウォーキングが気に入って、そっちが主になっちゃうかもしれませんよ(笑)

スケジュール帳にウォーキングスタンプを押す

スケジュール帳

子供の頃、夏休みのラジオ体操のスタンプ増えていくと嬉しくなかったですか?

ラジオ体操のモチベーションになりましたよね(^-^)

大人になってもその気持ちは同じだと思います。

スケジュール帳やカレンダーなどに、自分がウォーキングをしたという記録を残すことで、ラジオ体操と同じでモチベーションの維持に繋がると思います。

私は、実際スタンプが増えていくと嬉しくなり、モチベーションの維持に繋がりました(笑)

お勧めですのでやってみてください(^^♪

買い物、犬の散歩を利用する

犬の散歩

近くの買い物なら、車や自転車を使うのではなくウォーキングでいく事をお勧めします。

買い物は機会が多いので習慣化しやすく続けやすいですよ。

欠点は、あまり多く物を買えないことですね(^^;

犬を飼っている方は、犬の散歩にウォーキングすることで効率よくできますね。

犬の散歩は、毎日するので習慣化しやすいと思います。

会社の通勤時や帰宅時に

通勤

会社の通勤時や帰宅時にウォーキングすることで習慣化しやすく続けやすくなります

私も会社が家から近いのでよくしますが、帰宅時着替えるのが少々めんどくさいのと、仕事で疲れた時ウォーキングで帰ることを思うと少し絶望感があります。これが少し欠点ですね(^^;

仕事が落ち着いている時にするのがお勧めです。

この方法は、電車通勤の方に最適です。

最寄りの駅から1つや2つ前の駅から下車してウォーキングで会社に通い、帰る時も同じようにします。

仕事で疲れた時は、ウォーキングせずにそのまま最寄りの駅まで帰ればいいので絶望感を感じることなく帰れるので電車通勤の方に最適なんです(^^♪

最後に

初心者のウォーキング頻度は、まずは1週間に3回を目安に無理のないペースで頑張ってみてください(^-^)

ウォーキングは負荷が少ないので効果がなかなか現れずらい運動です。

ダイエット効果は最低3ヵ月はかかるので、何度も言っていますが続けることが一番大事になります。

続けるためには色々工夫が必要になります。

良かったら、この記事で紹介した長く続けるアドバイスも参考にしてみてください。

ウォーキングは続けると必ず痩せることができます。

なかなかダイエット効果が出なくて苦しい時が長いですが、成功の2文字を掲げることができるように頑張りましょう(^-^)