MENU
カテゴリー

【恐怖】サバ缶の食べ過ぎによるデメリット!1日の摂取量は?

サバ缶の食べ過ぎによるデメリット (1)

「サバ缶がダイエットに良いって聞いたけど、食べ過ぎたら健康に悪い?」

「1日で食べる最適な量は?」

こんな質問に答えます。

ユキフル

こんにちは、ダイエットプロフェッショナルアドバイザーのユキフルです。

サバ缶が健康やダイエットに良いとブームになりましたよね。

その影響でスーパーからサバ缶が消えたことも。

いや~メディアの影響って凄い!

ちなみにサバ缶を食べることで

  • 生活習慣病の予防
  • 脳の活性化
  • 骨の強化
  • ダイエット効果など

に期待できると言われています。

とはいえ、健康やダイエットに良いからと言って食べ過ぎは要注意。

逆に、健康を害してしまう可能性がありますし、太ってしまう可能性があるからです。

本記事では、サバ缶の食べ過ぎによるデメリットを紹介しますね。

この記事でわかること
  • サバ缶の食べ過ぎによるデメリット
  • サバ缶の1日の最適な摂取量
この記事を書いた人
  • ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの資格取得
  • 70㎏から65㎏のダイエットに成功。その後体重をずっと維持
  • 臨床検査技師
ユキフルです。
目次

サバ缶の食べ過ぎによるデメリット

サバ缶の食べ過ぎ

健康やダイエットに良いと言われているサバ缶ですが、食べ過ぎると話は変わります。

食べ過ぎると良くない具体的な理由は以下のような可能性があるからです。

  • 太る
  • 高血圧になる
  • セレンの過剰摂取
  • 痛風になる

それぞれ解説しますね。

太る可能性

サバ缶がダイエットに良い理由は、サバにはDHAやEPAという成分が豊富にあり、体脂肪の燃焼を促進させる効果があることがわかっているためです。

ですが、食べ過ぎると逆に太る可能性があります。

サバ缶はカロリーが高いためですね。

  • サバの水煮1缶(200g):380kcal
  • サバの味付け1缶(200g):430kcal

参考:日本食品標準成分表2015

え!こんなにも?

ユキフル

結構高いですよね。

摂取カロリーが多くなると体脂肪として蓄積されてしまうので、カロリーの高いサバ缶を食べ過ぎると太ってしまう可能性があります。

ダイエットに良いからと食べ過ぎないようにしましょう。

ちなみに、厚生労働省によると1日でDHA・EPA合わせて1000mg摂ることが望ましいとされています。

DHA・EPAの摂取量
引用:厚生労働省

サバ缶1缶(200g)あたり

  • DHA:1940mg
  • EPA:1380mg

含まれるので余裕でクリアです。

以下のリンクでは、ダイエット時の摂取カロリーについてまとめているので良かったらご覧ください。

高血圧になる可能性

サバ缶は長期保存する目的で塩分が多く含まれています。

サバの水煮1缶(200g):1.8g

サバの味付け1缶(200g):2.6g

1日の食塩相当量の目標は以下をご覧ください。

  • 男性は8g未満
  • 女性は7g未満
日本高血圧学会

男女共に6g未満を推奨

サバの水煮1缶で日本高血圧学会の推奨する1/3、味付けなら1/2も塩分を摂ってしまいます。

こう見るとサバ缶の塩分の多さがよくわかりますね。

サバ缶は、塩分が多いので高血圧予防のためにも食べ過ぎないようにしましょう。

塩分の悪影響
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 心不全、心筋梗塞、心肥大、腎不全など

参考:国立循環器病研究センター

セレンの量に注意

魚介類は、セレンというミネラルが豊富に含まれています。

セレンは、体に必要な微量ミネラル。

つまり、重要な成分ということですね。

セレンの役割
  • 抗酸化作用があるため細胞の酸化を防ぐ
  • 血栓症の予防に役経つ

参考:大塚製薬

しかし、過剰摂取となると話は別です。

過剰摂取になると、以下の副作用が現れるためです。

セレンの過剰摂取による副作用
  • 疲労感
  • 焦燥感
  • 脱毛
  • 爪の変形
  • 嘔吐・下痢
  • 頭痛
  • しびれ
  • 末梢神経障害など

参考:日本成人病予防協会

【セレンの1日の推奨量】

成人男性:30~35㎍

成人女性:25㎍

セレンの上限値:350~450㎍

マサバ100gあたりのセレンの量は70㎍。

結構な量があるので、食べ過ぎないように注意しましょう。

痛風になる可能性

サバ缶には、プリン体が多く含まれています。

その量、1缶のサバ缶(200g)では240mg。

プリン体を取り過ぎると、皆さんもご存じのように痛風になるので注意が必要です。

『高尿酸血症・痛風の治療のガイドライン』では、 プリン体の摂取制限を1日400mgを目安に設定しています。

サバ缶を2缶食べるだけでプリン体の摂取制限を超えてしまうので、やはりサバ缶の食べ過ぎには注意が必要です。

ユキフル

サバ缶の汁にプリン体が溶け出ているため、痛風の
予防のためには汁をきると良いですよ。

サバは水銀が多いって聞いたけど本当?

サバなどの魚介類は水銀の量が多いから食べ過ぎない方がいいって聞いたけど本当?

ユキフル

たしかに、魚介類の中には水銀に気をつけないといけないものもいますが、サバは水銀の量が低いのでそこまで気にする必要はありません。
1日1缶程度なら毎日食べても大丈夫です。

こちらのサイトで魚介類と水銀について分かりやすく解説されています。⇩

サバ缶の1日の摂取量

サバ缶の1日摂取量

ここまでデメリットばかり紹介しましたが、適切に食べれば何の問題もなく、健康に優れた食べ物です。

冒頭でも言ったようにサバ缶は、

  • 生活習慣病の予防
  • 脳の活性化
  • 骨の強化
  • ダイエット効果など

に期待できます。

サバ缶がダイエットに効果的な理由は『【2週間で3㎏痩せた】サバ缶がダイエットに効果的な理由と正しいやり方』の記事をどうぞ!

では、今回紹介した食べ過ぎによるデメリットを避け、安心して食べることができるサバ缶の摂取量はどのくらいなのか。

それは、1日1缶です。

その理由は、2缶食べてしまうと塩分が日本高血圧学会の推奨量を超え、プリン体が高尿酸血症・痛風の治療のガイドラインが示した上限値を超えてしまうからです。

サバ缶に限らず、どんな食べ物もただそれだけを食べ続けると栄養が偏ってしまうため健康を害してしまいます。

いろんな物を少しずつ食べ、バランスの整った食事を心掛けることが大切ということですね。

さいごに

サバ缶の食べ過ぎによるデメリットについて紹介しましたがいかがでしたか?

主にマイナスの面について触れましたが、適量食べれば栄養価が高く健康に良い食べ物です。

食べる量は1日1缶まで。

サバ缶を味方につけましょう。

今回は以上です。

おわり!

サバ缶の食べ過ぎによるデメリット (1)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる