生姜風呂は癌やアトピーに効果ある!?効能、作り方、入浴剤を紹介!

生姜風呂の効果 お風呂・銭湯

体が芯から温められポカポカ気持ちいい生姜風呂!

私は生姜が大好きなので豚の生姜焼きや生姜を使った鍋なんかが出るとテンションが上がります(笑)

生姜が好きな人は多いと思いますが、生姜は食べるだけが使い道ではありません。

お風呂に入れることで体を芯から温めてくれるため、さまざまな効果を得られるんですよ。

今回の記事では、生姜風呂の効果効能について紹介していきます。

この記事でわかること
  • 生姜風呂の効果効能
  • 作り方(やり方)
  • 生姜風呂を簡単に作れる入浴剤

生姜風呂の効果効能

生姜

生姜風呂の最大の特徴である効能は、体を温める効果があることです。

生姜を食べたり生姜湯として飲んだら体が温まりますよね?

お風呂に入れることで同じ効果を得られるんです!

重要な成分は、生姜の辛みである『ジンゲロール』『ショウガオール』です。

体を温めてくれる成分は、『ショウガオール』です。

生姜を加熱することによりジンゲロールショウガオールに変わります。

加熱された生姜である乾燥生姜の方が、ショウガールが多いので、より体を芯から温めてくれますよ!

体が温まることによって、様々な効果を得られるので紹介していきますね(^-^)

ダイエット効果

体重を気にする女性

体の温度が上がると、基礎代謝を高めることができます。

基礎代謝とは、何もしてなくても生命維持のために消費されるエネルギーのことです。

体温が1℃上がると基礎代謝が13%上がると言われています。

基礎代謝が上がるということは、1日に消費されるカロリーが上がるということなので、結果太りにくく痩せやすい理想の体質になれるということです。

とは言っても、生姜風呂の体温上昇は一時的な物です(^^;

お風呂から上がってもしばらくは体温が上昇した状態が続きますが、当然温度が上徐々に下がってしまい基礎代謝も元通りになってしまいます。

余談ですが、基礎代謝を常に高い状態にもっていくには、運動をすることが効果的です。

運動をすることで筋肉が作られます。

筋肉は、基礎代謝の中でもトップクラスにエネルギーを消費します。

筋肉が多ければ多いほど基礎代謝が上がるということなんです。

運動はウォーキングがお勧めです。

簡単にできて苦痛にならないウォーキングでも、しっかり筋肉は付くからです。

ウォーキングは、苦痛に感じるほど負荷がかからないので続けやすいですよ。

免疫力アップ

免疫力アップ

風邪を引くとなぜ体温が上がるか知っていますか?

実は、体温を上げることで免疫力を上げウイルスや細菌に対抗するためなんです。

体温が1℃下がれば30%低下すると言われています。

生姜風呂に入ることで効率よく体温を上げて、ウイルスや細菌に強い体を作りましょう。

最近は、シャワーで済ませる人が多いと言われています。

シャワーでは体を温めることが難しいので、もしかしたら近年の感染症の流行が多くなったのはそのせいかもしれませんね(^^;

美肌効果

美容効果

体温が上がると新陳代謝が上がるため、美容にとっても効果的です。

新陳代謝とは、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わることで肌のターンオーバーとも言います。

体温が上がると内臓が元気いっぱいに働くため、肌のターンオーバーが活性化します。

更に、体温が上がると血管が拡張するため血流が良くなり、肌に必要な栄養素を効率よく届けることができるため、肌のターンオーバーを改善できます。

体温を上げるということは、ダブルの効果によって肌にとっても良いことだったんです。

肌のターンオーバーが改善されると、シミやシワの予防改善に繋がります。

体臭予防

いい香り

エアコンや運動不足で汗をかかない生活をしていると、汗腺の働きが落ちて臭い汗になってしまいます。

しかし、汗腺は鍛えることができます!

毎日入浴してしっかり汗をかくことで汗腺が鍛えられ、サラサラの臭いの少ない汗に変化できるのです。

生姜風呂は体が芯から温まるので、通常の入浴と比べて多くの汗をかきます

汗腺を効率よく鍛えることができるので、体臭対策にもってこいですね。

さらに、生姜には強い殺菌作用があります。

生姜の殺菌作用によって、臭いの原因菌を減らすことができるのでより効果的に体臭予防ができますよ。

心身の疲労によっても疲労臭というスッパイ臭いが出てしまいます。

この疲労臭は、通常の入浴だけでも疲労臭は防ぐことができますよ。

入浴することで、リラックス効果と疲労回復効果があるため、心も体も癒してくれるので疲労臭に効果があるためです。

冷え性・肩こり・腰痛・関節痛・むくみの予防改善

血液サラサラ(血行促進)

冷え性・肩こり・腰痛・関節痛・むくみの原因は色々ありますが、血行不良やストレスが関係していることが多いです。

上記の症状が血行不良やストレスが原因の場合は、生姜風呂に入ることによって血行改善・リラックス効果があるので有効です。

末端冷え性で夜なかなか寝付けない人も、体を芯から温められ血流も改善されるので、湯冷めしにくく体全体がポカポカ温まり冷えによる寝つきの悪さを改善してくれますよ。

癌にも有効?

アメリカのミネソタ大学の博士が最近の研究で、生姜の辛み成分(ジンゲロール、ショウガオール)が癌細胞に有効であることが明らかになりました。

生姜風呂にも同様の効果があるのかは定かではないですが、もしかしたら効果があるかもしれませんね。

期待したいとことですね。

アトピーには有効?

生姜には抗炎症作用があります。

そのため、アトピーの炎症を緩和してくれる効果がある言われています。

作り方(生姜チューブでも可能)

生姜を擦る

生姜風呂の作り方について紹介います。

作り方はめちゃくちゃ簡単ですが、注意点があります。

  • いきなり大量に入れずに初めは少なめからテストしていくこと(特に敏感肌の方)
  • 傷がある人は、辛み成分で痛みを感じてしまうので控えること

に気を付けてください。

生姜のジンゲロールとショウガオールは体を温める有効成分ですが、肌にとって刺激成分でもあるため大量に入れてしまうと痛みが出てしまいます。

生の生姜を使う場合と乾燥生姜を使う場合の2通りの作り方を紹介します。

体が温まり易いのは、ショウガオールの量が多い乾燥生姜の方です。

生の生姜の場合
  1. 生の生姜の場合”]生姜2片を擦る(200ℓの場合十分効果がある)
  2. 擦った生姜をお茶パックに入れる
  3. 入浴する20分前に浴槽へ入れておく
乾燥生姜の場合
  1. 30g~40g取り細かくすり潰す(200ℓの場合十分効果がある)
  2. すり潰した生姜をお茶パックに入れる
  3. 入浴する20分前に浴槽へ入れておく

初めて生姜風呂に入浴する場合は、生の生姜でしたら0.5片から
乾燥生姜でしたら10g程度からチャレンジしてみてください

スーパーや100円ショップで売っている生姜チューブでも代用できますよ。

作り方は生姜チューブをお茶パックに出し入浴の20分前に入れるだけです。

擦ったりする手間が省けますよ(^-^)

生姜風呂の入浴剤

1回分ずつ個包装になっているので、使い勝手が良いです。

擦ったりする作業が無くなるので楽ちんですね(^-^)

生姜とゆずが入った入浴剤です。

生姜の効能はもちろん、ゆずの効能まで得られちゃいます。

ゆずにはビタミンCがたっぷり含まれているので、女性に嬉しい美肌効果を期待できますよ。

乾燥生姜なので、ショウガオールの量が増えるので体のポカポカ度がアップします。

最大限に効果を発揮できるのでお勧めです。

最後に

生姜風呂は体が芯から温められるので、ダイエット効果・免疫力アップ・美肌効果・体臭予防など多くの効果があります。

体のコリや関節痛にも効果大、冬や夏の冷房による冷えにも効果があります。

私は生姜の匂いも好きなので、リラックス効果もあります(笑)

作り方も簡単なので、気軽に作ることができる点は嬉しいですよね。

生姜チューブや入浴剤を使うと更に簡単に作れちゃいます(^^♪

生姜を購入する機会があったら、是非生姜風呂を作ってみてください。