ウォーキングダイエット!めんどくさいと思った時にやる気を上げる方法5選

ダイエットウォーキング! めんどくさいと思った時に やる気を上げる方法 5選 ウォーキング
ふぐちゃん
ダイエットでウォーキングをしているけど、めんどくさくなった時はどうやってやる気を上げればいい?

こんな質問に答えます!

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

僕はウォーキングとランニング歴が10年になりますが、めんどくさいと思う時はたくさんありますね。

何事も人間ならめんどくさいと感じることはあると思います。
余程の強靭なメンタルなら別かもしれませんが・・・

なので、めんどくさくなってしまった時にやる気を上げる工夫が大切になります。

では、僕がなぜ10年と長く続けることができたのか?
それは、いろいろとやる気を上げる方法を実践しているからです。

本記事では、ダイエットウォーキングがめんどくさくなってしまった時にやる気を上げる方法を5つ紹介します!

ウォーキングを習慣化させ、ダイエットを成功させましょう!

ウォーキングダイエットがめんどくさいと感じた時にやる気を上げる方法5選

めんどくさい

続けることでダイエット効果があるウォーキングですが、めんどくさいと思う時は絶対にきます。

そんな特にやる気を上げる方法を紹介しますね。

やる気を上げる方法は、以下になります。

  1. 頑張ったらご褒美をあげる作戦
  2. ゴールを魅力のある場所に設定する
  3. 友達を誘う
  4. コースを変える
  5. 体重計に乗って現実を突きつける(目的を確認)

それぞれ解説します。

1.頑張ったらご褒美をあげる作戦

頑張ったら自分にご褒美を上げると、めんどくさくなった時にやる気を上げることができます。

ご褒美は、やる気が上がるものだったら何でもいいです。

例えば、僕はめんどくさくなってしまった時は、ケーキやアイスを買い、ウォーキングをやり遂げることができたらご褒美として食べるようにしています。

ケーキやアイスはカロリーが高くダイエットに向いていませんが、ダイエットで一番大切なことは運動を続けることです。
ウォーキングを続けるためだったら、カロリーが高くても取るべきリスクです。
ウォーキングすることでカロリーを消費できますしね。

ユキフル
ちなみに、僕は主にこの方法で10年以上ウォーキング(ランニングも)続けているのですが、太ったことはありません。

ウォーキングを習慣化させることが一番大切ですが、習慣化させるのは非常に難しいです。
ご褒美作戦で、やる気を引き出し習慣化させましょう!

2.ゴールを魅力のある場所に設定する

ゴールを魅力のある場所に設定することで、めんどくさくなった時にやる気を与えることができます。

例えば、僕は山口市で湯田温泉という有名な温泉地帯が自宅の少し離れた所にあるので、めんどくさくなった時はゴールを温泉に設定してやる気を引き出します。
湯田温泉は、丁度いい湯加減で最高に気持ちいいですよ。
他にも、景色の良い場所をゴールに設定することもありますね。

ウォーキングのゴールを魅力があるものにすることで楽しい目的が出来るので、「よし!行こう」とやる気が復活します。

自分の地域の楽しいゴール地点を探してみてください。

3.友達を誘う

めんどくさくなった時は友達を誘うのもありです。

近くにいる友達を巻き込みましょう(笑)

LINEや電話を入れ、友達が承認してくれたら行くしかないですよね。
指一本で行かなくてはいけない状況を作ってしまうわけです。

友達を誘うことで、いつもと違うウォーキングになるので刺激になりますし、何より友達と歩くのは楽しいですよ。

さらに良い方法は常に友達とウォーキングをすることです。
めんどくさいという感情が消えますよ。
言い出しっぺなら尚更です。

僕はテニスを友達としていますが、まだ1回も休んだことがありません。
言い出しっぺなので休めないです(笑)
めんどくさいという感情が消えてウォーキングが習慣化されますよ。

2人いると防犯対策としても良いですしね。

防犯対策は、『夜ウォーキングの防犯対策を解説!おすすめの防犯グッズ4選を紹介!』の記事で解説しているのでご覧ください。

夜ウォーキングの防犯対策

夜ウォーキングの防犯対策を解説!おすすめの防犯グッズ4選を紹介!

4.コースを変えてみる

めんどくさい時には、コースを変えてみるというのも手です。

同じコースばかりなら、飽きてやる気が下がります。
ですが、いつもと違うコースならウォーキングする意欲が湧いてくると思いますよ。

ユキフル
僕は、いつもと違うコースをウォーキングしたりランニングする楽しさを知っているので、めんどくさいなと思ったら気分転換にコースを変えてみます。

知らないコースには、新しい発見がありますし、景色も違うので楽しくなりますよ。

少し前にウォーキングコースを変えたらオシャレなカフェを見つけたのですが、
別の日に気になったので訪れると、落ち着いた感じの店で、ホットドッグが最高に美味しという発見がありました。
こんな感じでコースを変えるだけで発見が沢山見つかりますよ。

5.体重計に乗って自分に現実を突きつける(目的を確認)

めんどくさいなと思った時は、目的意識が薄れている時です。

「なぜ痩せたいのか?」を再確認し、「じゃあ今の体重はどうなのか?」を、体重計に乗って目で目視しましょう。

目的を再確認できるので、やる気が復活しますよ。

めんどくさくなったと思ったら、すぐに体重計に乗って現実を突きつける!これはかなり効力がありますよ。
と、これは知り合いのダイエッターの助言です。

ウォーキングダイエットがめんどくさい時にやる気を上げる方法【まとめ】

ウォーキング

人間だれしもめんどくさくなる時はあります。

ウォーキングは、特に単調なのでそう感じることは多いかもしれません。

そんな時は、以下をやってみてください。

  1. 頑張ったらご褒美をあげる作戦
  2. ゴールを魅力のある場所に設定する
  3. 友達を誘う
  4. コースを変える
  5. 体重計に乗って現実を突きつける(目的を確認)

やる気を上げることができますよ。

ウォーキングがめんどくさいと思った時は、休むのも手です。
ウォーキングのダイエット効果は、1週間に3回以上すれば効果があると言われているため毎日しなくても大丈夫だからです。

僕の平均は1週間に3回~4回です。
3日は休んでいます。

それでも体重をキープできているので、1週間に3回以上すれば効果があるというのは真実と言えます。
もちろん、食事などにもよりますが。

めんどくさいと思ったら休んで、やる気がある時にするという感じで良いと思います。

ウォーキングで一番大切なことは繰り返しますが、続けることです。

頑張ってウォーキングを習慣化させましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。