MENU
カテゴリー
≫Amazon栄養補助食品 売れ筋ランキング

【白湯が美味しくない原因って何?】美味しい白湯の作り方を紹介!

白湯が美味しくない 原因とは?

白湯が美味しくない・・・
原因はなに?
美味しい白湯の作り方とかある?

こんな質問に答えます。

本記事の内容
  • 白湯が美味しくない原因
  • 美味しい白湯の作り方
  • 白湯に少し手を加えたレシピ
ユキフル

こんにちは、ユキフルです。

体も心も温まる白湯。

ダイエットや美容などにも期待できるので女性に人気です。

でも、飲んでみるとまずかった。

おそらく水道水のカルキが原因ではないかと思うのですが・・・。

そこで、気になったので原因を調べてみました。本記事で調査結果を紹介しますね。

あと、美味しい白湯の作り方と白湯に少し手を加えたレシピについても紹介します。

この記事を書いた人
  • ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの資格取得
  • 70㎏から65㎏のダイエットに成功。その後体重をずっと維持
  • 臨床検査技師
ユキフルです。
目次

白湯が美味しくない理由

美味しい白湯

調べた結果、『白湯が美味しくない』にはやはり原因がありました。

考えられる原因は以下の3つです。

  1. 水道水のカルキ(塩素)
  2. ステンレス製のやかんを使っている
  3. コップ、やかんが汚れている

それぞれ紹介しますね。

1.水道水のカルキが原因

白湯が美味しくないと感じるほとんどの原因は、やはり水道水に含まれるカルキでした。

カルキ(正式名称:次亜塩素酸カルシウム)には、独特なあまり良い香りとは言えない臭いがあるので、それが影響して白湯の味が美味しくなくなるのです。

なぜなら、味覚の95%は鼻で感じているからです。

つまり、カルキ臭のあの嫌な臭いが白湯の味をまずくしているということですね。

カルキを抜く方法は後述します。

余談ですが、かき氷はイチゴもレモンもメロンも全部同じ味ということを知っていますか?

そう、匂いが違うだけなんです。

匂いが違うだけで、いちごのかき氷をいちご味と感じているということですね。

かき氷を食べる機会があったら、鼻をつまんで食べてみてください。

おそらく、何味か分からなくなると思いますよ(笑)

味覚の95%は鼻で感じているのです。

2.ステンレス製のやかんを使っている

他にも、買ったばかりのステンレス製のやかんやケトルで白湯を作ると美味しくなくなる可能性があります。

買ったばかりのステンレス製のやかんやケトルは独特な臭いがする可能性があるからです。

買ったばかりのステンレス製のお湯でコーヒーやお茶を作った場合でも臭いを感じることもあるので、白湯は特に臭いを感じるみたいですね。

ステンレスの独特な臭いは、使用していくうちに臭いが薄くなりますが、直ぐ臭いを消したい場合は『水100に対して10%程度の酢を入れ沸騰し、乾くまで放置』すると良いみたいですよ。

3.コップ、やかんが汚れている

コップ、やかんが汚れていると、白湯が美味しくなくなります。

ユキフル

洗ったコップを嗅いでみて下さい。
嫌な臭いがしていませんか?

食器を洗うスポンジを何日も交換していないと、スポンジに雑菌が沸き、食器を洗ったつもりでも、洗った食器に雑菌が繁殖し臭いが出てしまいます。

衛生的にも悪いですし、コップに臭いが付いてしまうと、もちろん白湯は美味しくなくなってしまいます。

スポンジを交換する頻度

最適な頻度:2週間から3週間に1回

この頻度で交換すれば雑菌の繁殖を防ぐことができ、食器の汚れを綺麗に落とすことができる。

ただし、使い方によっては早く劣化してしまう。

スポンジが劣化すると交感サインが出るので、以下のサインが出たら交感しよう。

  • 泡立ちが悪くなる
  • 水切れが悪くなる
  • 表面が変質している

参考:CHINTAI情報局

美味しい白湯を作ろう!

美味しい白湯

美味しい白湯を作るにはどうしたらいいの?

ユキフル

美味しい白湯、つまり臭いのしない白湯の作り方を紹介します。

まずは、やかんやコップから臭いがしないかチェックしましょう!

嫌な臭いがあれば綺麗なスポンジでしっかり洗って下さい。

水道水を使う場合とミネラルウォーターを使う場合で、白湯の作り方が違うのでそれぞれ紹介します。

水道水を使う場合
  1. やかんに水道水を入れ沸騰させる※カルキを蒸気と一緒に逃がすためフタはは開けておく
  2. 沸騰しても火を止めずに10分以上沸かし続ける(完全にカルキを抜く)
  3. 火を止めて、温度が50℃になるまで冷ます
  4. 美味しい白湯の出来上がり♪

沸騰した直後は、カルキと有機物が反応してできる発がん性のあるトリハロメタンという物質の濃度が上がってしまいます。

カルキ+有機化合物=トリハロメタン(発がん性)

トリハロメタンとカルキは、10分沸騰し続けることで消失させることができるので、沸騰しても火を止めずに10分以上沸かし続けてください。

参考サイト:おいしい水の贈り物 うるのん

ミネラルウォーターを使う場合
  1. やかんにミネラルウォーターを入れ沸騰させる
  2. 沸騰したら火を止めて、50℃になるまで冷ます
  3. 白湯の出来上がり♪

ミネラルウォーターを使う場合は、カルキが含まれていないので、沸騰し続ける必要はありません。

また、水道水を使う場合でも、日光に6時間放置することで塩素を消失させることができます。

水道水の塩素が無くなるので、ミネラルウォーターで白湯を作る要領で作ることができますよ。

白湯に少し手を加えたレシピ【美味しいよ!】

白湯アレンジレシピ

美味しい白湯の作り方を紹介しましたが、それでも白湯は苦手という方もいるかと思います。

そこで、白湯に少し手を加えたレシピをいくつか紹介します。

レモンでスッキリ

レモン白湯
レモン白湯

料理名:レモン白湯
作者:ことり

■材料(1人分)
白湯 / 120ml
レモン果汁 / 大1

■レシピを考えた人のコメント
入浴前に飲むと、発汗がいいような気がします。

詳細を楽天レシピで見る

レモン白湯は体を温めるだけでなく、ビタミンCなどの栄養も摂れます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれるため美肌効果にも期待できますよ。

ユキフル

レモンが無い場合は、ポッカレモンでも代用できます。

レモンの酸味がスッキリして個人的に一番好きです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

ハチミツでほんのり甘く

鼻炎や花粉症に効くじゃばらhotはちみつレモン
鼻炎や花粉症に効くじゃばらhotはちみつレモン

料理名:鼻炎や花粉症に効くじゃばらhotはちみつレモン
作者:食いしん坊ともりん

■材料(1杯人分)
じゃばら果汁 / 小さじ1
白湯 / 150cc
はちみつ / 小さじ1
ハチミツレモンスライス / 2枚

■レシピを考えた人のコメント
じゃばらでhotドリンクいかがでしょう

詳細を楽天レシピで見る

ハチミツでほんのり甘い白湯です。

でもカロリーが高くなるんじゃない?

ユキフル

ハチミツのカロリーは砂糖のカロリーの40%なので、砂糖と比べるとカロリーを抑えることができますよ。

ハチミツには喉の痛みやイガイガ感を緩和する効果もあると言われているので、喉の調子が悪き時に飲むと良いですね。

生姜でポカポカ感アップ

代謝アップ☆生姜のお白湯
代謝アップ☆生姜のお白湯

料理名:生姜白湯
作者:はな7060

■材料(1人分)
生姜スライス / 4〜5枚
軟水、または水道水 / 1L

■レシピを考えた人のコメント
朝まとめて作ってポットに入れて飲んでます。代謝が上がって太りにくくなったみたい!

詳細を楽天レシピで見る

普通の白湯を飲むことでも体がポカポカ温まりますが、生姜を加えることで更に体が温まります。

特に冷え性の方におすすめです。

体が温まることにより

  • 基礎代謝アップ
  • 新陳代謝アップ
  • 免疫力アップ

と良いこと尽くめですよ(^^♪

梅ですっぱ美味しい

梅湯
梅湯

料理名:梅湯
作者:☆★☆★ANNA★☆★☆

■材料(1人分)
梅干(天然塩20%) 大粒 / 1個
白湯 / 300cc

■レシピを考えた人のコメント
気持ちの悪いときに飲むと胃腸が楽になります。
二日酔いや風邪の時もいいです。

詳細を楽天レシピで見る

梅には、疲労回復に期待できます。

梅に含まれるクエン酸が、エネルギーを生み出したり、疲労物質を分解してくれるためです。

更に、梅に含まれる梅リグナンというポリフェノールには強力な抗酸化作用があるので、シミやシワの予防に期待できますよ。

味は、梅の酸っぱさがアクセントになって癖になります。リピート間違いなしです。

あわせて読みたい

さいごに

白湯は、簡単にできる健康法です。

しかし、いざ白湯を飲むと私のように「美味しくない」と思う人もいるかもしれません。

白湯が美味しくない原因は、

  • 水道水のカルキ
  • ステンレス製のやかんを使っている
  • コップ、やかんが汚れている

ことが考えられます。

以上のことに注意して美味しい白湯を作りましょう。

今回は以上です

おわり!

白湯が美味しくない 原因とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次