コーヒーを飲むと口臭が気になる!でも大丈夫!!原因や対策を紹介します

コーヒー 食べ物・飲み物

香ばしくて美味しいコーヒー!

朝食や職場の休憩時間にコーヒーを飲んでいる人は多いんじゃないでしょうか。

でも飲んだ後の、あの独特な臭いは気になりますよね。

飲んだ後、話す時に口元を抑えたり気を使ったりしますよね。

でも大丈夫です!コーヒーの臭いの原因を知って対策を立てれば何の問題もありません。

コーヒーには肝がん予防などの素晴らしい効能があるので、できれば毎日飲んでください。

この記事では、コーヒーの臭いの原因、臭い対策、効能について紹介します。

口臭の原因

コーヒーは飲む前は香ばしく良い香りなのに、飲んだ後なぜあの嫌な独特の臭いがするのか原因をひとつひとつ紹介します。

唾液の分泌量が減るため

唾液には殺菌作用があり、口臭の原因となる口腔内の細菌の増殖を抑える働きがあります。

しかし、コーヒーに含まれるカフェインは、交感神経を刺激し唾液の分泌を抑えてしまいます。その結果、唾液が細菌増殖を抑えることができなくなるため口臭が発生してしまいます。

余談ですが、緊張すると口が臭くなるのも同じ原理なんですよ。発表する時や就職の面接時など緊張して口がカラカラになりますよね?それも交感神経が刺激されて唾液の分泌が低下し、口臭の原因菌が増殖するためなんです。

酸性に傾くため

リトマス試験紙

コーヒーを飲むと口腔内が酸性に傾きます

酸性は細菌の大好きな環境で、細菌が盛んに増殖するため口臭の原因菌も増え、口が臭くなります

胃がダメージを受けるため

コーヒーを飲み過ぎると、胃を強く刺激してしまいます

胃が荒れると、消化不良を起こします。胃の中に食べ物が長い間停滞し、口臭の原因となるガスが発生してしまいます。

コーヒー豆の微粒子が舌につくため

コーヒー豆の微粒子は舌の表面につきやすくコーヒーの臭いと元々の口臭が合わさり嫌な臭いになります

ミルクが原因

ミルクをコーヒーに入れた場合、口腔の細菌がミルクのたんぱく質を分解し、腐ったような臭いを発してしまいます

口臭対策

コーヒーの口臭の原因は沢山ありましたが、対策をしっかりしていれば恐るるにたりません。

どんな対策があるのか見ていきましょう。

水を飲もう

コーヒーを飲んだ後に水を飲むことで、コーヒー豆の微粒子を洗い流す効果があります

水で『うがい』はさらに効果的!水を口に含み、舌についたコーヒーを洗い流すことをイメージして『クチュクチュ』して吐き出すを2~3回するとかなり改善されますよ。

もうひとつ言うと、水の代わりに口腔洗浄液を使うとさらに効果的ですよ。

飲み過ぎに注意しよう

コーヒーを飲み過ぎると胃に負担がかかり口臭の原因になるので、1回200ml、1日4杯までにしましょう。

ブラックコーヒーを飲もう

ミルクも臭いの原因のひとつなので、ブラックコーヒーにすると口臭を抑えることができます。

唾液をたくさん出そう

唾液には、細菌を抑える力、口腔のphを正常に保つ力があるので口臭を抑えることにつながります。

唾液分泌を促す
  • ガムを噛む
  • 飴を舐める
  • すっぱい物を食べる
  • 耳の下の唾液腺をマッサージする

健康になるコーヒーの効能

コーヒーを飲むと口が臭くなるからとコーヒーを避けるのは勿体ないです。

対策をしっかりすれば、口臭を抑えることができますし、コーヒーには見逃せない効能が沢山あります。

ひとつひとつ紹介していきますね。

肝がん予防に期待できる

国立がん研究センターの研究によると、肝がんの予防に効果が期待できるとしています。

研究データによるとコーヒーをほとんど飲まない人と比べ、毎日コーヒーを飲む人は肝がんになる確率が半分近くまで減っています

なぜ予防効果があるのかはまだ明白ではないですが、コーヒーの炎症を抑える働きと、ポリフェノールにがん化を防ぐ効果があるんじゃないかと言われています。

できるだけ毎日取り入れて、肝がんの予防に努めたいですね。

参考
https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html

消化を助けてくれる

コーヒーは、飲み過ぎると消化不良になると紹介しましたが、食後に200mlを目安に飲むことで胃酸の分泌を促し、消化を助けてくれます。

食後にコーヒーという流れは、理にかなっていたんですね。
食べ過ぎたと感じたら、コーヒを飲んで胃を助けてあげましょう。

コレステロールを下げてくれる

コーヒーに含まれるポリフェノールの作用で、悪玉コレステロールを下げてくれることが分っています。

悪玉コレステロールが増えると動脈硬化になり、最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞につながるのでコーヒーを取って予防したいですね。

ダイエット効果

食べ物の欧米化、ファーストフードの増加などで日本人も肥満になる人が増えています。

コーヒーにはダイエット効果にも期待ができます。

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪燃焼を促す効果ポリフェノールに脂肪燃焼効果があります。さらに、カフェインには血行促進効果があるので基礎代謝を上げてくれます

ダイエットのトリプルアタックですね(笑)

注意することは、ポリフェノールの脂肪燃焼効果はミルクや砂糖を使うと働きが低下してしまうことです。

ダイエット目的でコーヒーを取り入れるならブラックということですね。

リラックス効果、集中力アップも

コーヒーの匂いを嗅ぐと、脳にα波が出ることが分っています。

α波は癒しの効果が得られている時に出る脳波なので、コーヒーを飲むとリラックス効果があるということですね。

またカフェインには、集中力を上げる作用があります。

受験勉強の休憩時間にカフェインを取ると暗記の効率アップにつながりますね。

最後に

いかがでしたか?

コーヒーを飲むと口が臭くなるものの、水を飲む、飲み過ぎない、唾液を出すなどの対策をしっかりすれば完全ではないものの抑えることができます。

コーヒーには、肝がん予防、胃の消化のサポート、動脈硬化予防、ダイエット、受験生を助ける集中力のアップなどの素晴らしい効果があるので、是非毎日飲みましょう!