あくび中にゲップみたいな『グァッ』って音が鳴るのを防ぐ方法!

あくび 役に立つ知識

あくびをしている時に『グァッ』みたいなゲップみたいな音が出て悩んでいる人必見です!

私も、高校生くらいからこの症状に悩まされました(^^;

授業中や仕事の勉強会など、シーンと静まり返っている時にあくび中に『グァッ』って鳴ったら恥ずかしくてその場からいなくらりたくなりますよね。

でも大丈夫!

私も悩まされていましたが、長年の試行錯誤の結果、防ぐ方法を発見しました。

その『グァッ』って音、鳴らなくする方法があります。

この記事を読んで恥ずかしい思いからさよならしましょう!

この記事でわかること
  • あくび中にゲップみたいな音の防ぐ方法
  • あくびの予防法

あくび中にゲップみたいな音が鳴ならいようにするための防ぐ方法

静かなところであくび中にゲップみたいな音がなったら恥ずかしですよね。

静かな時に限って出ちゃうんですよね(笑)

私も悩まされましたが私のやっている対処法をすれば、ゲップみたいな音は出なくなるはずです。

あくび中に咽頭蓋と言うところが閉じてしまうとゲップみたいな音が鳴ってしまいます。

方法は簡単!

あくび中は息を吸い込むことを意識して、あくびが終わると同時に息をしっかり吐くことで、空気の流れを作り咽頭蓋を閉じないようにすればゲップみたいな音はなりません

中途半端なあくびがいけないのです。

あくびに合わせて、思いっきり息を吸う吐くをすれば大丈夫です(^^♪

この方法をしてからというもの、全くあくび中にゲップ音が出たことはありません。

あくびの予防法

そもそも、あくびをしなければ心配しなくてもよい話!

ではなぜあくびが出るのか?

確かな原因はまだ分かっていませんが、脳を覚醒させるためだと言うことが一番有力みたいです。

頭の働きが弱くなった時に、頭を覚醒させるために頭に酸素を運ぶためにあくびが反射的に出るみたいです。

じゃあ、あくびはどんな時に出やすいのか?

  • 眠たい時
  • ストレスが溜まっている時

こんな時に、あくびが出やすくなります。

これらの事を解消すればおよそ予防できるでしょう。

眠たい時

眠くなった時、脳が「起きなきゃ」とあくびをすることで脳に酸素を運び覚醒させます。

夜更かしや寝つけが悪かったりして睡眠不足になると、当然日中眠たくなります(^^;

では、寝不足の時どうしたら眠気がなくなるのか?

ストレッチをしよう!

ストレッチをすることで交感神経を刺激して、頭が覚醒します。

  • 両手を上げて背伸び
  • 首を回す
  • 肩を上げたり下げたり
  • 腕を回す
  • 前屈、後屈など

息を出来るだけ止めよう!

これもお勧めです。

できるだけ息を止めると、危機を感じた脳が酸素を取り込もうと一気に活動的になるのだそうです。

眠気が吹っ飛びますよ(^-^)

昼寝をしよう!

昼寝を10分するだけで、夜の30分睡眠と同じくらいの睡眠効果があるんだとか!

15分寝るだけで睡眠不足の解消仕事や勉強の集中力アップストレス軽減と多くの効果があります。

昼寝は、睡眠不足解消以外にも魅力的な効果があるので昼休みに寝ることをお勧めします。

ストレスが溜まっている時

ストレスが溜まっている時も、脳の働きが弱くなっているため覚醒させようとあくびをさせます。

ストレスは、現代社会どこにでもあり、回避することは不可能です。

なので、ストレスと上手く付き合い、ストレスを上手に発散させることが大切です。

私がやっているストレス発散法については『 私がやっているストレス7つの解消法!深呼吸でのリラックス効果が凄いからやってみて! 』の記事でまとめているので良かったらご覧ください(^-^)

まとめ

<あくび中にゲップみたいな『グァッ』ってなるのを防ぐ方法>
あくび中は息を吸い込むことを意識して、あくびが終わると同時にしっかり息を吐きだす

<あくびの予防法>
・眠たい時:ストレッチ、息を止める、昼寝
・ストレスが溜まっている時: 私がやっているストレス7つの解消

長年悩まされましたが、この方法を実践してから今まで一度も出ていません。

騙されたと思って是非やってみてください(^^♪