ウォーキングの花粉対策!しっかり準備して花粉シーズンを乗り越えよう!!

ウォーキングをしている人 ウォーキング

こんにちは、花粉症のユキフルです(笑)

花粉症って辛いですよね。

目は痒くなるし、鼻水はダラダラ流れるように出てくるし・・・

今回に記事では、ウォーキングの花粉症対策についてまとめてみました。

この記事を読んで、辛い花粉症シーズンを快適に乗り越えましょう(^^)/

この記事でわかること
  • 花粉対策の服装
  • 花粉が最も多く飛ぶ時間
  • 薬での予防の大切さ
  • 様々な室内でのウォーキング
  • 花粉症を悪化させる生活の乱れ

ウォーキングの花粉対策

服装で花粉対策

服装で花粉をシャットアウトできます。

まず目に花粉が入るのを防ぐために、花粉専用ゴーグルやサングラスをします。

トップス、ボトムス共に花粉が付きにくいウインドブレーカーなどのナイロン素材の物にします。

頭は、つば付きの帽子にして花粉が顔に降ってくるのを防ぎます帽子は髪に花粉が付くのを防ぐ役割があり、家に持ち込むのを防げます

肝心の鼻から入る花粉はどうするの?

マスクをする人もいますが、私はお勧めしません。

なぜなら、息が苦しくなるし、呼吸でマスクが濡れ不快な思いをしなくてはならないからです。

私は、花粉対策で今や有名なイオンの力で花粉を追い払うスプレーか、ワセリンを鼻に塗ることをお勧めします(^^♪

特にイオンのスプレーは効果が感じられました。

玄関前で帽子と服を手ではらって花粉をしっかり落とし、花粉を家に持ち込まないようにしましょう。私は、よく忘れて家族に怒られます(笑)

時間に気を付ける

実は花粉は、1日中同じ量が飛んでいるわけではありません。

1日のうち、花粉のピーク時間が2回あります。

そのピーク時間を避けることによって、花粉症の症状を抑えることができ、快適にウォーキングができます。

花粉ピーク時間

1回目:10時~13時(ピーク12時)

2回目:16時~19時(ピーク18時)

私のおススメは、早朝6時までにウォーキングすることです。

なぜなら、スギが花粉を放出するのが早朝6時なので、6時までにウォーキングを済ませば花粉と関わることなく快適にできるからです。

また、風の少ない日や雨上がりは花粉が舞いにくくなるので快適にウォーキングできます(^^♪

薬で症状を抑える

これが一番重要です。

花粉の時期が来る前に、早めに抗ヒスタミン薬(アレグラなど)を飲んで予防することで、症状を遅らせたり、症状を緩和できます。

およそ花粉が舞う2週間前に飲むと予防できると言われています。

私も花粉が来る2週間前に毎年飲んでいますが、発症しない年もあったり、発症しても鼻水が少し出る程度まで緩和されています。

薬が何よりも花粉対策で重要だと思います。

しっかりここまでの対策をすると、快適にウォーキングできるし、日常生活も花粉で苦しむことなく過ごせますね(^_-)-☆

室内でウォーキング

室内でウォーキングをすると、花粉と関わることなく快適に運動できます。

スポーツジムは時間単位で利用できるところもあり、私の近くの市が経営するスポーツジムは4時間で200円という安さで利用できます。

花粉の季節だけ、花粉を避けるために長期契約してみても面白いかもしれませんよ。なぜ面白いかというと、ホットヨガやボクシングエクササイズなどウォーキング以外のこともできるからです。特にボクシングエクササイズは面白いので、ハマっちゃうかもしれませんよ(笑)

スポーツジムのウォーキングマシンは、傾斜が変えられるので普段のウォーキングでは鍛えられない筋肉が鍛えられます。

詳しくは『坂道ウォーキングの効果!生活の質を高めて、いつまでも若々しい体に!!』をご覧ください(^^)/

室内プールで水中ウォーキングもいいですよ。

浮力が働くので、膝の負担が減ります。

膝を痛めやすい方には持って来いのウォーキングです。

詳しくは『 水中ウォーキングのメリット!膝を痛めやすい人でも安心して運動でき、太りにくい体質に変化! 』をご覧ください(^^)/

規則正しい生活をする

規則正しい生活やストレスを溜め込まないことで花粉症の発症リスクを下げることができます

規則正しい生活とは

  • 夜更かしをしない
  • アルコールを飲み過ぎない
  • 喫煙をしない                     です。

逆にこの反対のことをしてしまうと、花粉症の発症リスクを上げたり、花粉症を悪化さしてしまったりするので気を付けたいところです。

早朝ウォーキングをすれば、夜更かしをすることもなくなると思いますし、花粉の量が少ないので取り入れてみてください!

まとめ

<ウォーキング花粉対策>

・服装で花粉対策
トップス、ボトムス:花粉が付きにくいナイロン素材にする(ウインドブレーカーなど)
頭:つば付き帽子でガード
目:花粉用の眼鏡、サングラスなどしてガード
鼻:花粉を寄せ付けないイオンのスプレー、ワセリンでガード

・花粉が飛ぶ時間を避ける
花粉のピーク時は1日の内2回ある
10時から13時
16時から19時
この時間を避けることで花粉との接触を減らす

・薬で抑える
抗ヒスタミンの薬を花粉時期が来る2週間前までに服用し続けると、発症を遅らせたり、症状を抑えることができる

・室内でウォーキング
室内でウォーキングすれば、ほぼ100%近く花粉を避けることができる
スポーツジムや室内プールで水中ウォーキングすると、普段では鍛えることが難しい筋肉を鍛えることができる

・規則正しい生活
夜更かし、タバコ、アルコールを避けることで、花粉症の症状を抑えたり悪化を防ぐことができる

以上簡単にまとめてみました。

花粉症の人は、花粉飛散時期は辛い時期ですがしっかり対策することで快適にウォーキングできますし、日常生活も快適に過ごすことができます。

特に薬を早めに飲んで予防することは大切で、快適さが180度変わります。

これらの対策を実践して、快適にウォーキングしましょう(^^♪