トマトの美肌効果!トマトとミニトマトでリコピン量が多いのは?

トマト 健康

赤々としたトマトは食欲をそそりますよね。

その赤色の色素はリコピンといって、肌の老化防止に絶大な効果を発揮します。

生でトマトを食べてリコピンを摂取するのもいですが、じつは効果的に体に吸収させるリコピンの取り方があるのです。

この記事では、トマトの効能、トマトとミニトマトのリコピン量などの比較、
リコピンの上手な取り方 、トマトレシピについて紹介します。

リコピンを効率よく吸収して紫外線に打ち勝ちましょう!

栄養価

栄養成分(100gあたり)トマトミニトマト1日の目安摂取量
リコピン3mg8.1mg15mg
βカロテン540㎍960㎍700㎍
ビタミンB20.02mg0.05mg1.2mg
ビタミンC15mg32mg100mg
ビタミンE0.9mg0.9mg6.0mg
カリウム210mg290mg2000mg
カルシウム7mg12mg650mg
マグネシウム9mg13mg290mg
食物繊維1.0g1.4g18g

トマトには大きく分けて、トマトとミニトマトがあると思いますが、上の表を見て分かる通りミニトマトの方が栄養価が高いです。

この記事で主役になるリコピンは、ミニトマトの方が2倍以上含んでいますし、βカロテンは100g食べたら1日の目安摂取量をとれてしまいます。

この表を見たら、食卓にミニトマトが並ぶことが多くなるんじゃないでしょうか。

リコピンとは?

リコピンはトマトの赤い色素のことで、トマトが赤いのはリコピンがあるからなんです。

リコピンには抗酸化作用があり、ビタミンEの100倍以上の力があるとされています。

リコピンは、抗酸化作用の王様といってもいいかもしれません。

紫外線には活性酸素があり、肌の老化を早めシミやシワの原因となります。

しかし、リコピンの持つ抗酸化作用により、活性酸素の力を弱めることができるため、シミやシワを防ぐことができます。

リコピンは女性の救世主だったんです。

リコピンを効率よく取るには

どうせだったらリコピンを効率よく取りたいですよね。

リコピンは調理の仕方や、時間帯で効率よく体に吸収させることができるので紹介します。

リコピンが吸収されやすい調理方法

リコピンは脂溶性なので、油と一緒に食べると油にリコピンが溶け出て体に吸収されやすく、また加熱によっても体へ吸収されやすくなります

油はサラダ油よりオリーブオイルをお勧めします。

なぜなら、オリーブオイルはオレイン酸という成分が含まれ、コレステロール除去と脂肪燃焼効果があり、さらに空腹を抑える効果があるのでダイエット効果をプラスできるからです。

美容とダイエット効果を得られるので嬉しさ2倍ですよね。

リコピンが吸収されやすい時間帯

引用:カゴメ株式会社

カゴメ株式会社では、健常者23人に朝、昼、夜でトマトジュースを飲んでもらい、その後血中リコピン濃度を測った結果、朝が一番効率的に吸収されたことが判明しました。

このグラフを見ると、朝にリコピンを摂取した方が昼の10倍近く吸収しているんじゃないでしょうか。

朝ごはんにトマトを食べて、肌の老化予防をしましょう。

その他の効能

トマトはリコピンだけではありません。

その他の効能について紹介します。

高血圧予防

トマトにはカリウムが多く含まれています。

カリウムは余分な塩分を除去する役割があるため、高血圧の予防になります。

ウインナーやハムは塩分が多く含まれているので、知らず知らずのうちに余分に塩分摂取してしまっているので、トマトなどのカリウムを多く含む食材をしっかり取りましょう。

ストレス抑制効果

トマトにはビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは、ストレスから体を守るホルモンを作り出す材料に使われています。

ビタミンCが減るとストレスに弱くなってしまうので、トマトをしっかり取りストレスから身を守るホルモンを作りましょう。

ビタミンCは他にも、免疫力アップ、肌のたるみの改善、アレルギー軽減、抗がん作用などの効果があります。

肌の老化予防

リコピンが抗酸化作用があるのは述べましたが、トマトに含まれるβカロテンビタミンE、ビタミンC抗酸化作用があります。

トマトは抗酸化作用を持つ成分が4つもあるので、肌の老化防止にうってつけですね。

美味しい食べ方

フライパン焼きトマト

引用:cookpad.com

朝のトマト料理に焼きトマトはどうですか。

朝はリコピンの吸収が良く、オリーブオイルを使って焼いているのでさらに吸収量がましますね。

Cpicon ボンジョールノのフライパン焼きトマト by トキタ種苗

鶏もも肉のトマト煮込み

引用:cookpad.com

こちらもオリーブオイルを使ってしっかり煮込んでいるので、リコピンを効率よく吸収できます。

ニンニクも使っているので、疲労回復、冷え性にも効果がありますよ。

Cpicon 鶏もも肉のトマト煮込み by LIAR→K

ふわふわオムライス

引用:cookpad.com

ケチャップでもリコピンは取れます

トマトの季節ではない時は、値段が上がってしまうのでケチャップでリコピンを摂取しましょう。

Cpicon ふわふわオムライス(巻かないバージョン) by Rihi※

最後に

トマトは女性の大敵紫外線から肌を守ってくれる野菜です。

夏の紫外線対策は、日焼け止めとトマトで乗り切りたいですね。

トマトは冬になってくると値段が上がるので、その時はケチャップなどで代用し、経済的に効率よくリコピンを取りましょう。