煎茶の多大なる効果

茶畑 健康

この記事では煎茶の効果について紹介します

煎茶って体にいいっていうのは何となく聞いたことありますよね?

煎茶の効果って沢山あるんですよ

私は子供の頃に風邪を引いたらよく飲まされていました

苦くて苦手でした(笑)

具体的な効果は

ダイエット効果、虫歯予防、リラックス効果、癌の予防効果、そしてビタミンCを豊富に含んでいるのでビタミンCに関わる効果もあります

ビタミンCは『ビタミンCの驚くべき効果と多く含む食品』で詳しく紹介したのでよかったら見てください

また煎茶の美味しい入れ方についても紹介します

煎茶とは

緑茶の一つで新芽が出て摘み取るまでの間、日光を遮る栽培した緑茶です
(広義ではお湯で茶葉を煮出しして成分を抽出したお茶)

煎茶には1番茶(新茶)と2番茶などがあり、味や成分が違ってきます

1番茶は4月の下旬から5月上旬に摘まれた茶葉で、

2番茶は 1番茶からおよそ45日後に摘まれたものです

煎茶の効果

煎茶の効果

カテキン

テアニン

ビタミンC

カフェイン

フラボノール

が主に含まれています

カテキン(苦味、渋み成分)

カテキンは体脂肪を軽減するのでダイエット効果があるということで話題になりましね

その他にも、抗菌殺菌作用で食中毒の予防に大きな効果を発揮し、水虫の原因菌である白癬菌にも効果もあるそうです
ある県でお茶の足湯があるんですが、水虫対策に良いですね
そして、殺菌作用で菌の増殖を抑え虫歯予防の効力も認められています

コレステロール低下作用もあり、動脈硬化予防も認められています

動脈硬化は簡単に言うと血管の老化ですが、最悪の場合心筋梗塞や脳梗塞に繋がる恐ろしいも状態です
煎茶の力がどの程度あるのか分かりませんが、嬉しい効果ですね

その他にも抗アレルギー効果、抗ウイルス効果が知られています

さらに細胞の癌細胞の突然変異抑制作用、癌細胞の増殖を抑える作用がありますお茶の生産量が多く、お茶の消費量も多い静岡県は癌で亡くなられる方が少ないのはカテキンの効果かもしれないですね

カテキン効果
  • 体脂肪軽減効果
  • 抗菌殺菌作用(食中毒、水虫、虫歯予防)
  • コレステロール低下作用
  • 抗アレルギー効果
  • 抗ウイルス効果

参考文献   
日本カテキン学会 http://www.catechin-society.com/index.html
健康長寿ネット  https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/catechin.html

カフェイン(苦味成分)

カフェインには眠気抑制作用、知的作業能力があります

受験生にはもってこいの作用ですね

あとはアルコール代謝能力をアップさせる効果があります

2日酔いに効果抜群ですね

カフェイン
  • 眠気抑制作用
  • 知的作業能力
  • アルコール代謝能力向上

テアニン(甘味、旨味成分)

1番茶は2番茶の3倍テアニンが含まれています 
                文献 お茶の科学1922年 研究者山西 貞

テアニンはリラックスの効果があります

また煎茶に入っているカフェインによる興奮作用を抑制する効果があります

プレゼンや学校の発表で緊張しそうなときは1番茶を飲んだら落ち着けるかもしれませんね

テアニン
  • リラックス効果
  • 興奮抑制効果

ビタミンC

緑茶の中でも煎茶が日光に遮らずに育てる製法なのでビタミンCが多いです

効果は『ビタミンCの驚くべき効果と多く含む食品』を見ていただきたい

ビタミンCが摂りたくなりますよ(笑)

フラボノール

フラボノールは口臭予防の効果が知られています

大事な人と会う時に飲んでおくといいかもしれませんね

フラボノール
  • 口臭予防

煎茶の入れ方

2人分

お湯の量  200ml

お湯の温度 80°

浸出時間  30秒

茶葉の量  4g

<手順>

①お湯(200ml)を湯呑みに注ぎます
 (お湯を冷ます、茶器を温める)

②湯を冷ましている間に急須に茶葉(4g)を入れる
 ※茶葉の缶はしっかり密閉してしまう
 

③湯呑みで冷ましていたお湯(200ml)を急須に注ぎます

④蓋をして30秒待ちます

⑤少しずつ均等に注ぎ分けます
 最後の一滴まで絞り切ってください

終わりに

いかがでしかか?

煎茶のパワーは驚くべきものがありますね

毎日の習慣に取り入れたら、静岡県みたいに健康で長く生きれるかもしれません

また煎茶は比較的高くないので、毎日の習慣に取り入れやすいですね

煎茶には色々な味があり、入れ方ひとつで味が変わるので自分に合った煎茶や、入れ方を探してみてください

茶器選びや、急須選びも楽しくなりますね

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村