夜ウォーキングの防犯対策を解説!おすすめの防犯グッズ4選を紹介!

夜ウォーキングの防犯対策 ウォーキング
ふぐちゃん
夜のウォーキングは危険って聞いたけど、防犯対策はどうすればいい?

こんな質問に答えます!

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

ウォーキングは仕事が終わって落ち着いた夜にする人が多いです。
夜ウォーキングは紫外線を避けられるなどメリットもありますが、危険が沢山あります。

特に女性は事件に巻き込まれる可能性が男性よりも高いので、注意しなければいけません。

今回は、夜のウォーキングの防犯対策、おすすめの防犯グッズについて紹介しますね。

ダイエットウォーキングの完全マップ 【19記事で解説】

ウォーキングダイエットの完全マップ【19記事で解説】

夜のウォーキングの5つの防犯対策

夜のウォーキングの防犯対策は、以下の5つです。

  1. イヤホンの使用は避ける
  2. 人が多くて明るいコースを選ぶ
  3. コースや時間を少しずつ変える
  4. 交番やコンビニなどの駆け込める場所を確認しておく
  5. 防犯グッズ・スマホ(携帯電話)を装備する

それぞれ解説しますね。

1.イヤホンの使用は避ける

イヤホンを聴きながら運動

イヤホン(ヘッドホン)の使用は避けて、周囲の音を聞ける状態にしましょう。

音楽を聴きながらのウォーキングは楽しいですが、防犯上良くないです。

音楽を聴いていると周囲の音を聞くことができません。
不審者が近づいてきても気づくことができないので、犯罪に巻き込まれやすくなってしまうからです。

また、車や自転車の音も聞こえなくなるため、事故の可能性が高くなります。
安全面から見ても良くないのでイヤホンの使用は避けましょう。

周囲の音を聞いて、危険を察知することが防犯上大切です。

2.人が多くて明るいコースを選ぶ

人が多い道

人が多くて明るいコースを選び、できるだけ一人にならないようにしましょう。

一人でウォーキングすると心が落ちついたり、歩きやすいといったメリットもありますが、夜の一人ウォーキングは危険です。

一人だと犯罪に巻き込まれた時に助けることができないためです。
周りに人がいれば、犯罪者に襲われても救助できますし、事件が起きたことを周りに知らせることができますよね。
また、犯罪者は顔を見られることを恐れているので、暗くて顔を確認しにくいとことではなく、明るいところを歩きましょう。

最近は夜にウォーキングやランニングをする人が増えてきているので、公園などに照明設備が整ったコースがある場合があります。
人も多くいると思うので、そういったコースでウォーキングすることが防犯上安心ですね。

ユキフル
ウォーキング仲間を作ってみるのも良いです。
防犯上安全ですし、モチベーションがアップしてウォーキングが続きますよ。

3.コースや時間帯を少しずつ変える

夜の道

いつも同じコースや同じ時間帯をウォーキングするのではなく、少しずつ時間とコースを変えましょう。

犯罪者は計画的に犯罪を犯すことが多いです。
そのため、同じコースに同じ時間帯ウォーキングしていると行動パターンが読まれやすく、格好のターゲットになってしまいます。

犯罪者に行動パターンを読まれないようにするために、少しずつコースや時間帯を変えることが防犯上大切になります。

4.交番やコンビニなど駆け込める場所を確認しておく

交番

いつでも駆け込める交番やコンビニなどの場所を事前に確認しておきましょう。

どんなに防犯対策をしていても、万が一犯罪に巻き込まれるかもしれません。
そんな時に駆け込める(避難できる)場所が頭に入っていると、その場所まで一目散に逃げることができます。

交番やコンビニは必ず空いているので、駆け込む場所として頭に入れておきましょう。

5.防犯ブザーなどの防犯グッズ・スマホ(携帯電話)を装備する

防犯ブザー

気を付けていても何が起きるか分かりません。
防犯グッズやスマホ・携帯電話を装備して、万が一に備えることが大切です。

防犯ブザーは、

  • あえて見せるように持っておくことで犯罪抑止力になる
  • 犯罪に巻き込まれた時に慣らすことで犯罪者をひるませる
  • 周囲に自分に危険が迫っていることを知らせる

ことができます。

愛知県警察が行った調査によると、防犯ブザーを使用することで犯罪者の86%が逃走したみたいです。かなりの効力があることがわかりますね。

ユキフル
防犯ブザーの音を実際に聞いたことがありますが、耳が痛くなるほどけたたましい音でしたよ。

スマホや携帯電話も緊急時の連絡用に持っておきましょう。

参考サイト:愛知県警察https://www.pref.aichi.jp/police/anzen/shijo/buzapurojekuto.html

ウォーキング用ライト

夜間のウォーキング用ライトの種類とおすすめ9選を紹介!夜道を照らせ

おすすめの防犯対策グッズを紹介【厳選4種】

ふぐちゃん
夜道でも安心できるおすすめの防犯対策グッズを教えて。

それでは、夜ウォーキングの安全をサポートしてくれるおすすめの防犯対策グッズを紹介します。

防犯ブザー プチアラーム2 生活防水型 超音タイプ PAW-20

この防犯ブザーは、100dbの大音量で鳴り続けます。
100dbは電車が通る時のガード下と同じ音の大きさなので、けたたましく鳴り響きますよ。

更に、この防犯ブザーは夜のウォーキングと相性抜群です。
アラームが発動している時にライトが点滅するので、夜でも自分の場所を周りに知らせることができるためです。

防滴構造なので、雨で壊れて万が一の時使えないという事態を防ぐことができます。

紐を含めると34cmあり目立つため、犯罪抑止力にもなりますよ。

夜ウォーキングに自信を持っておすすめできる防犯ブザーです。

以前使っていた、とある教材の付録のものは、誤作動ばかりで困っていたためこちらを購入しましたが、誤作動はなくなり、自分の意思で引っ張らないとブザーはなりません。紐を拔き切る事でブザーがなるので緊急時しか使わないという使い方ができると思います。

Amazonレビュー

想像していたより大きく高い音と音量にびっくりしましたが、安心もしました
これが活躍する事のない様に祈って 娘に持たせました。

Amazonレビュー

AMAA 護身用グッズ

護身用のキーホルダーです。
女性やお年寄りでも小さい力で強力なダメージを与えることができますよ。
有事の際に頼りになる商品です。

護身グッズ
使用イメージ

試しに握って軽く自分の体を刺してみました。
うわ、、こんなんされたら一瞬で戦意喪失しそう、、、。
新幹線の通り魔とかニュースになったりしていますが、いざという時、ただ固まって殺されるだけよりかはこれで応戦した方が生きる可能性があると思います。
普通のペンよりも握りやすく、グリップがずれにくく、丈夫です。あと、以外に軽量なのも良いですね。

Amazonレビュー

motedo 防犯スプレー TG-2508

力が無くても防犯スプレーがあれば大丈夫です。
強力な刺激成分が吹き出し、犯罪者を行動不能にできます。

コンパクトなので携帯性にも優れています。(高さ8cm、横2.5cm)

噴射距離は1.5mから2mと距離が長いのも頼もしいですね。

購入から10ヶ月くらい経ち一度も使ったことがなかったので先程試しに指にワンプッシュしてみて臭いを嗅いだら咳き込み1時間くらい経ちそのまま食べ物を口にした時(指)舌がヒリヒリ、唇が熱くなり
更に1時間がくらい経ち自分の股間を掻いてたら激痛になり水で洗っても30分くらい続き
そのあと手を水洗いしたあと指で目を掻いたら
シャンプーが目に入った時の5倍くらいの痛みが走り目が熱くなりました。
その後目を水で洗い10分後ようやく痛みが消えました。
マジで、効果強いです。。
危険なので無闇に使わない事をお勧めします。
商品としては十分な威力です、、
すべて事実です

Amazonレビュー

パナソニック LEDネックライト

ライトを装備することでも犯罪の抑止力になります。
顔を見られたくないという犯罪者の心理があるためですね。

このPanasonic製のネックライトは40gと軽く携帯性に優れています。
LEDライトなので、しっかり前方を照らすことができますよ。
値段も安くて機能もしっかりしているので、人気が高い商品です。

セフティーライトとして、こちらのネックライトは小さいながら実力があります。
暗所で手元と足下が明るくなるだけでなく、他の交通から目立つ目的を果たします。

ライトを着けてウォーキングなんて「本格的」と思われ、少々恥ずかしいですが、ヘッドライトよりも恥ずかしさを感じずに相手にアピール可能です。
充電式でないのがネックに感じましたけれど、一度にCR2032を2個使いますがかなりの長寿命です。

Amazonレビュー

【夜ウォーキングまとめ】ダイエット効果を上げる5つのポイントなど

【夜ウォーキングまとめ】ダイエット効果を上げる5つのポイントなど

夜ウォーキングの防犯対策まとめ

夜のウォーキングはメリットもありますが、危険もたくさんあります。

防犯対策に心掛け、犯罪に巻き込まれないような行動をとることが大切です。

それでも100%犯罪に巻き込まれないとは言えないので、万が一に備えて護身グッズを携帯すると安心ですね。

防犯対策まとめ
  • イヤホンの使用は避ける
  • 人が多くて明るいコースを選ぶ
  • コースや時間を少しずつ変える
  • 交番やコンビニなどの駆け込める場所を確認しておく
  • 防犯グッズ・スマホ(携帯電話)を装備する

最後までご覧いただきありがとうございました!