夜寝る前の簡単ダイエット方法!毎日1分続けると痩せる!NG行動も

寝る前のダイエット方法 ダイエット

ダイエットって辛いイメージがあるけど楽な方法ないかな?

時間があまり取れないから短時間で終わるダイエットないかな?

と思ったことはありませんか?

私はあります(笑)

ダイエットは続けないと意味がありません。

短時間で終わって楽なダイエットは、続けやすいのでダイエット成功確率がグンと上がります!

この記事では、夜寝る前にする楽で時間がかからないダイエット方法を紹介しますね(^-^)

この記事を読めば今日から早速始めたくなりますよ(^-^)

この記事でわかること
  • 寝る前の簡単ダイエット方法
  • しっかり寝ることがダイエットになる
  • 寝る前にやってはいけない太るNG行動

寝る前の楽で時間のかからない簡単なダイエット方法

ゴキブリ体操をしよう!

ゴキブリ体操

今や有名なゴキブリ体操ですが、この体操の良いところは短時間でできるところ、そして1ヵ月で3㎏痩せたという人がいるほどダイエットの効果が高いところです。

この体操は続けることが重要ですが、夜寝る前のちょっとした時間で出来るので習慣化しやすいため続けやすいです。

それでは、ゴキブリ体操のやり方を紹介します(^^)/

手順

ゴキブリ体操手順
  1. 仰向けになる
  2. 手足を真上に挙げる(できる限り垂直にする)
  3. 30秒手足をブラブラ小刻みに揺らす(仰向けになった瀕死ゴキブリのように)
  4. 30秒休む
  5. 再び30秒手足をブラブラ小刻みに揺らす

ブラブラする幅やスピードは、無理のない範囲で大丈夫です。

勿論、幅が大きかったりスピードが速ければその分だけダイエット効果が増しますが、一番大切なのは続けることなので無理のない範囲で行いましょう!

この体操、めちゃくちゃ簡単ですよね(笑)

しかも時間も1分30秒あればできるので、アッという間に終わります。

毎日続けていけば、痩せて人生が変わるかもしれませんよ(^-^)

ダイエット以外の効果も!

ゴキブリ体操は、ダイエット以外にも嬉しい効果があります。

  • むくみに改善
  • 冷え性の緩和
  • 肩こりの緩和

これらの症状の一つの原因に、筋肉が凝り固まって血行が悪くなっていることが考えられます。

ゴキブリ体操は、凝り固まった筋肉の緊張をほぐす効果があるので、血行が改善されむくみ・冷え性・肩こりの緩和効果あるのです。

腰痛にも効果がありそうでしたが、腰痛持ちの人に実際ゴキブリ体操を続けてもらいましたが効果が無かったため残念ですが省きました(^-^;

それ以外のむくみ・冷え性・肩こりの効果については、効果実証済みです。

白湯を飲もう!

白湯

ゴキブリ体操に続いて白湯を飲むことも寝る前に簡単にできるダイエット方法です。

白湯とは、水を沸騰させたものを50℃まで冷まして飲むお湯のことです。

なぜ白湯を寝る前に飲んだらダイエット効果があるのかというと

  • 基礎代謝を一時的に上げることができる
  • 便秘の改善

という効果を得られるからです。

寝る30分前に飲むことが効果的です!

作り方

作り方
  1. やかんor鍋に水を入れ沸騰させる
  2. 沸騰しても火を止めずに15分沸かし続ける(塩素を抜くため)
    ミネラルウォーターの場合や塩素が気にならない方の場合は沸騰したら温めるのを止める
  3. 火を止めてコップに移し50度になるまで冷ます

※水道水は沸騰して5分程度でトリハロメタンという発がん性物質が出ます。
15分沸騰し続けることでトリハロメタンが消失するので、沸騰しても火を止めず沸騰し続けて下さい。

基礎代謝を一時的に上げることができる

体温より温度が高い白湯を飲むことで、体がポカポカ温まります。

体温が1℃上がるごとに基礎代謝が13%上がると言われているので、白湯を飲み体温が上がっている間だけ消費するカロリーが増えるためダイエット効果があります。

寝る前に飲み、布団で寝れば布団の保温効果によって体温上昇の持続時間が伸びるので、それだけ基礎代謝による消費カロリーが増えます。

更に、白湯を飲むことで寝付けやすくなる効果もあるので、不眠症で悩んでいる人にとっても白湯は最高の飲み物なのです(^-^)

便秘を改善!

便秘が続くと太りやすい体質になってしまうため、ダイエット効果を得ることが難しくなります。

しかし、白湯を飲むことで便秘の解消につなげることができますよ。

白湯を飲むことで体が温まると言いましたが、体を芯から温めるため腸も温められます。

腸が温められると、腸の運動機能が改善し、腸が伸びたり縮んだり活発に動きます

そのため、便通が良くなり便秘解消に期待できます。

寝る前に白湯を飲むと、朝は快便ですよ(^-^)

便秘が改善されると、太りにくい体質になり、ポッコリお腹までも改善されちゃいます(^^♪

白湯について気になった方は『 白湯のダイエット効果!飲むタイミングは?【作り方を紹介!】 』で詳しく紹介しているので良かったらご覧ください!

ハチミツ入りホットヨーグルトを食べよう!

ハチミツ入りホットヨーグルト

上記と比べると、やや手間はかかってしまいますがハチミツ入りホットヨーグルトを寝る前の3時間前に食べることでダイエット効果を得られます。

中には3ヶ月で8㎏痩せたという人も!

それでは、ハチミツ入りホットヨーグルトを紹介していきますね(^-^)

なぜダイエット効果?

ハチミツ入りホットヨーグルトのダイエット効果は

  • カロリー
  • 乳酸菌
  • カルシウム

がポイントです。

<低カロリー>

加糖入りヨーグルトはカロリーが100gで100kcalを超えますが、無糖ヨーグルトは60kcalしかありません。

無糖ヨーグルトは甘さが全く無いので食べにくいですが、ハチミツを加えてやることで食べやすくなります。

ハチミツは砂糖に比べ、カロリーの40%しかないのでダイエットに向いているのです。

しかも、砂糖に比べて1.5倍も甘さがあるので美味しく食べられますよ(^-^)

<乳酸菌が便秘解消・脂肪蓄積を抑える>

乳酸菌がヨーグルトにあることは周知の事実ですよね。

乳酸菌のダイエット効果についてみていきましょう!

乳酸菌は整腸作用があるので、便秘解消効果があります。

更に、乳酸菌は脂肪の蓄積を抑える効果があります。

乳酸菌は、便秘解消脂肪蓄積を抑える効果でダイエット効果があるのです。

しかも、乳酸菌は温めることで活性化します。

ホットヨーグルトにすることでよりダイエット効果が得られるというわけですね(^-^)

<カルシウムが脂肪蓄積ホルモンを抑える>

人の体には、脂肪の蓄積を促すホルモンが分泌されているのですが、カルシウムには脂肪蓄積ホルモンの分泌を抑える効果があるのではないかと言われています。

カルシウムは温めることで吸収率が良くなるので、乳酸菌と同様温めることがダイエット効率を良くします。

作り方

一人分の作り方
  1. 無糖のヨーグルト(100g)をお皿やカップに移す
  2. 電子レンジに入れ500wで1分間温める
  3. 最後にお好みでハチミツをかける

ハチミツは、温めた後に入れること!
風味や栄養素が減ってしまうため

良く寝ることはダイエットに大事なこと!

寝ている女の子

良く寝ることは、それだけでダイエットになります。

寝ることで、成長ホルモンが分泌されるためです。

成長ホルモンは、脂肪分解作用があるため寝るだけで、なんと300kcal消費できると言われています。

300kcalは、およそウォーキング100分ほどに相当します。

寝るだけでこれだけ消費できるので、夜更かしはやめて早く寝るようにしましょう(^-^)

成長ホルモンは分泌するゴールデンタイムが存在します!

成長ホルモンのゴールデンタイムは、午後10時から午前2時です。

ダイエットのために夜9時には寝ることがよさそうですね(^^♪

やってはいけない太るNGは?

午後8時以降に食事する

夕食

午後8時以降に食事をすると、脂肪が蓄積しやすくなると言われています。

これは、BMAL1というタンパク質が関係しているのですが、このタンパク質は脂肪を体内に溜め込んでしまう働きがあります。

BMAL1は1日に量が変動し、午後8時から午前2時に最も量が多いのです。

よって、午後8時以降に食事をすると太りやすくなってしまうということですね。

眠りを妨げること

寝付けない

寝ることは前述したように脂肪を燃焼する効果があります。

そのため、当然眠りを妨げる要因はダイエットによくありません。

寝付けにくくなる行動を紹介します。

カフェイン

カフェインは、飲むと寝れなくなるというのは有名ですよね。

これは、カフェインは覚醒作用があるためです。

カフェインは、寝る8時間前までなら眠りを妨げることがないので、寝る時間を気にして飲みましょう。

成長ホルモンのためなら、午後9時までには寝たいので、午後1時以降は飲まないようにしたいですね(^-^)

pcやスマホ

寝つきやすさに関係するメラトニンというホルモンは、夕方から徐々に分泌し始め午前2時にピークに達します。

メラトニンが正常に分泌されれば、寝つきが良くなり、睡眠の質も良くなります

しかし、寝る2時間前にブルーライトという光を見るとメラトニンの分泌が低下寝つきが悪くなってしまいます

ブルーライトは、PCやスマホの画面から発せられるため、寝る2時間前には見いないようにするか、ブルーライトカットフィルムというものがあるので張るなどの対策をしましょう。

熱い湯に浸かる

お風呂に入ることも、睡眠に深く関わってきます。

38℃から40℃のお湯に浸かることで寝つきが良くなりますが、42℃以上のお湯は交感神経を刺激してしまうので寝つきが悪くなってしまいます

熱いお湯が好きな人は多いかと思いますが、良質な睡眠を得るために少しぬるめのお湯に入ってみてください。

ぬるめのお湯は、長く浸かることで体を芯まで温めてくれるため気持ちがいいですよ(^^♪

過度な運動

寝る直前の過度な運動は避けましょう

ウォーキングや筋トレなどの過度な運動は、交感神経を刺激してしまうので興奮状態になります。

そのような状態では寝ることが難しいので、寝る2時間前までに運動を終わらせておきましょう

この記事で紹介したゴキブリ体操は、負荷が少ないので交感神経を刺激することはないため大丈夫ですよ(^-^)

最後に

簡単にまとめるつもりが少し長くなってしまいました(^^;

寝る前のダイエット方法は、ゴキブリ体操、白湯、ハチミツ入りホットヨーグルトです。

どれも簡単でサッと出来きますよ。

そして、寝ることもダイエットなので、しっかり寝て脂肪を燃やしましょう!

良く寝ることは、頭をスッキリさせて仕事や勉強にも良い影響を与えますしね(^^♪

ダイエットに悪影響なNG行動には気を付けてくださいね!

以上寝る前の簡単ダイエット方法でした。