図書館を活用することで人生が変わる!活用法(小さいお子さんがいるお母さんも見てね)

図書館 役に立つ知識

あと1年後に迫った国家試験、模擬テストはD判定、家にいると誘惑に負けて集中力が続かない青年がとった行動は、誘惑を遮断するため、図書館に行くことだった。

どうもユキフルです。

私は図書館に行くことで人生が変わりました。その実体験を交えて、図書館の活用法を紹介します。小さいお子さんの思いやる力を身につけるのも図書館は有効ですよ。

図書館の活用法

勉強の集中力が家にいる時より段違いに上がる

私が初めて図書館に行こうと思ったのは、国家試験の1年前のことです。

それまで家で勉強しようと思っても、周りの誘惑に負けて直ぐに勉強を止めてしまっていました。

成績も下降傾向にあり模擬試験の合格判定がD判定になり、いよいよ『どうにかせんといけん』と思い考え付いたのが、誘惑を強制的に断ち切るため図書館へ行くことでした。

誘惑を断つため、図書館へは勉強できる最低限の物だけを持っていくことにしました。

教科書、ノート、筆記用具、携帯(ガラケー)です。
スマホだったら誘惑に負けていたかも(笑)

周りに誘惑する物がなく、目の前にあるのは勉強道具だけなので、3時間くらい勉強に集中することが出来ました。

ちなみに家で勉強していた時は、おそらく15分くらいしか集中が続いていなかったです(笑)直ぐに、テレビやゲームや漫画を読んでしまうんですよね。

図書館で勉強するメリットはこれだけではありません。

周りにも勉強する人たちがいるので、『自分も頑張らないと』と、掻き立てられます。モチベーションの維持にも繋がるんですね。

受験生なら周りはライバルなので、更にこの気持ちが強くなるのではないでしょうか。

更に私の場合は、専門的な分野を勉強していたので、図書館の資料も活用して勉強をすることが出来ました。図書館は専門的な資料を数多く取り揃えているので、資格試験の勉強をするにも持って来いの場所だったんです。

図書館での勉強でグングン成績は伸びていき、見事現役で国家試験に合格することが出来ました。『図書館で勉強をしていなかったら』と思うとゾッとします。

まさに、図書館は私の人生を変えました。

勉強に役立つアイテムをいくつか紹介します。

【送料別:小型宅急便】KING JIM (キングジム) 電子メモパッド ブギーボード 10.5インチ ブラック(黒) BB-2-BK 書きごこちなめらか。新感覚の「電子メモパッド」

これは専用のペンで書いて、ボタン一つで簡単に消せるパッドです。
語学学習や暗記のするのに持って来いの代物です。
紙が無駄にならないのがいいですよ。

これは緑のペンで覚えたい箇所を塗ると、付属の赤シートで隠せば文字を消すことが出来、暗記に役立ちます。また付属の消しペンで覚えたところから消すこともできます。
オレンジのペンもあり、ノートをとる際や、穴埋め問題を解く際、大事なポイントや回答をオレンジのペンで書けば暗記シートで隠せるので、暗記しやすくなります。

図書館と言えども多少の雑音はあるので、集中力を切らさないためにも耳栓があるといいでしょう。

無料で本を借りることが出来る

私の行っている市立図書館は、本を1度に10冊借りることができ、2週間も借りることができます。

本の値段は平均およそ1000円なので、10冊借りたら10000円分を無料で読むことが出来るということです。太っ腹ですよね(笑)

本を買っても1度読んだら見返すことが少ない方は、図書館で借りたほうがいいと思います。費用も浮くし、本で場所をとることがなくなって部屋のスペースが有効利用できますよ。また読みたくなったら図書館に借りに行けばいいだけですからね。私は1度読んだらよっぽどのことがない限り見返さないのでそうしています。

人気の本は、なかなか借りることが出来ないので、インターネット予約を使いましょう。インターネット予約をしたら自分が借りることが出来る状態になった時メールで教えてくれるので便利です。

この記事のタイトルが、『人生を変える』なので、人生に影響を与えてくれる本を紹介します。

この本は、関西弁をしゃべる象の神様ガネーシャが、何をやっても三日坊主で終わるサラリーマンの主人公に、課題を出しながら成長させていきます。成功するためのノウハウを分かりやすくまとめていて、笑いも交えているので読みやすくおススメです。ガネーシャの最後の言葉は衝撃をうけました。必見ですよ!!

この本は、2匹の性格の違うネズミが、迷路でチーズをめぐって様々な状況にどう対処していくかというお話です。この本を読んだら、一歩を踏み出す勇気を身につけると思いますよ。

おはなし会がある

私の行っている図書館では、おはなし会という小さな子供を対象にした本の読み聞かせイベントがあります。

本を読み聞かせることによって、本の言葉や表現を理解することによって、語彙力がつきます。語彙力が身につくと、物事を伝える時に相手に正確にわかりやすく情報を伝えることができます。

また話の内容を頭で想像することによって、想像力が身に付きます。想像力は相手の気持ちを理解する上で重要で、コミュニケーション力に繋がっていきます。

本を読むことで、これらの効果があるので小さいうちに読み聞かせてあげると、その子のこれからの長い人生に良い影響を及ぼすと思いますよ。

是非、図書館に足を運んでおはなし会に参加し、子供に本を読み聞かせてあげてください。

まとめ

図書館は無料で利用でき、多くの物をもたらしてくれます。

私にとっては、勉強に集中できる最高の環境を提供してくれて、人生を変えてくれました。

家にいたら誘惑に負けてしまうという方は、是非是非図書館を利用してみて下さい。もしかしたら、人生を大きく左右する選択になるかもしれないですよ。

図書館は、多くの人の知恵や、ファンタジーがある場所です。それを無料で貸してくれるので利用してみて下さい。人生に影響を与える一冊に出会うかもしれません。

小さい子供に本を読み聞かせることで、語学力や想像力が身に付き、伝える力や、相手を思いやる力が身につきます。その子のこれから長い人生に必ずプラスになると思うので、是非図書館の職員さんから読み聞かせてもらってください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村