かき氷を食べると頭が『キーン』と痛くなるのはなぜ!?予防法について紹介

かき氷 健康

夏になると祭りで必ず売っているかき氷!

最近は、夜でも蒸し暑いので売れ行きも良いはず(笑)

でもかき氷を食べるとキーンって頭が痛くなりますよね。

それが嫌だから食べないという人も中にはいるんじゃないでしょうか?

いや、いないか(^^;

あのキーンも夏の風物詩ですが、できたら痛みなく食べたいですよね。

なぜあのキーンと痛くなるのか?そして、予防法について紹介します!

この記事でわかること
  • かき氷を食べると、なぜ頭が痛くなるのか
  • 予防法
  • かき氷のちょっと面白い話
  • 最新のかき氷機の素晴らしさ

キーンと頭が痛くなる理由

かき氷を食べると頭がキーンと痛くなる頭痛には、正式な医学名称があります。

その名は『アイスクリーム頭痛』!

医学的な名称があるので、この症状に国境などないんですね(笑)

その世界的にも有名なアイスクリーム頭痛はなぜ起きるのか?

実は、まだメカニズムは解明されていません。

しかし、研究により2つの有力な説が生まれました。

  • 冷たさを痛いと脳が勘違いしてしまうため
  • 脳の血管が拡張し、血流量が増すため(片頭痛も同じメカニズム)

という2つの説があります。

理由①冷たさを痛いと脳が勘違いしてしまうため

冷たい物が口の中に入り喉を通る時に、顔を覆ている神経である三叉神経が刺激されます。

この時に、三叉神経が冷たさを痛みと勘違いしてしまうので、頭が痛くなるという説です。

確かに手で氷を握ったら、冷たいというより痛いですよね。

それが頭で起きているという感じだと思います。

イボや魚の目の治療にマイナス196度の液体窒素を使いますが、やったことのある方は分かると思いますが、めちゃくちゃ痛いです(^^;

冷たいと感じる人はおそらくいないと思います(笑)

スケールが大きくなってしまいましたが、そんな感じではないでしょうか(笑)

理由②脳の血流量が増すため

片頭痛は、頭の血管が拡張して血流量が増すため起きます

その片頭痛と同じことが冷たい物を食べることによって起きます。

冷たい物が口や喉に入ったら、もちろん冷たくなりますよね。

その時に体が生体防御反応によって、冷めた体を温めようと血管が拡張し血流量が増します

当然、頭の血管も拡張し血流量も増すため、片頭痛と同じように痛くなるという説です。

もしかしたら、この2つの説どちらも正しくて2つ同時に起きているのかもしれません。まだ解明されてないので、今は神のみぞ知るということですね(^^;

頭が痛くならないための予防法

かき氷を食べると頭がキーンと痛くなるから避けている人や、苦手な人にために、簡単な痛くならない予防法を紹介します(^^♪

ゆっくり食べる

これが一番有効で、頭キーンを避けることが期待できます。

急激に口や喉が冷たくなると、それだけ温めようと血流量が増して頭痛が起きやすくなります。

しかし、ゆっくり食べることで三叉神経の刺激を少なくし、血流量も穏やかにすることができるので頭痛が起きにくくなるというわけです。

めちゃくちゃ暑い日に冷たいかき氷は、思わずかきこみたくなりますがグッと堪えて少しずつ食べてください(笑)

芸人さんみたいに早食いすると、かき氷の思うがままに頭を痛くさせられますよ(^^;

冷たい物を早く食べてしまうと、消化器官を冷やしてしまい、消化器官の働きが抑えられるので、消化不良や下痢の原因になるので、そういった意味でもゆっり食べたほうがいいですね。

天然氷で作られたかき氷を食べる

頭が痛くならないかき氷』と謳って売り出しているかき氷を見かけますよね。

そのかき氷は、自然が作った天然の氷である天然氷で作られています。
※天然水で作った氷ではありません。

自然の力によって作られた氷は、透明で溶けにくく、その氷で作ったかき氷はフワフワしています。

口の中に入れた瞬間サッと溶けます

サッと溶けるから冷たさが頭まで伝わらないので、頭痛がしないんですね。

是非、フワフワの天然氷で出来たかき氷を食べてみてください!美味しいですよ(^^)/

おでこに冷たい物を当てる(痛くなった時の対処法)

これは伊藤家の食卓で紹介された裏技です。

私は、小学校の時からいつも観ていました。放送がなくなったのが残念です(^^;

かき氷を食べている時にアイスクリーム頭痛が起きたら、冷たい物をおでこに当てると頭がキーンと痛くならないというものです。

実際、当時小学生の私もやってみたのですが、確かに痛くなりませんでした。

冷たい物には冷たい物をですね(笑)

しかし、予防法ではないですね(^^;

痛くなった時の対処法です。

かき氷のちょっと面白い話

ここでひとつ、かき氷の面白い話をします。

実は、かき氷って全部味が同じなんです(笑)

イチゴ、レモン、ブルーハワイ、メロン、全部同じ味です!

え?でも確かに、イチゴ味食べたらイチゴの味、レモン味を食べたらレモン味したぞ!

それは、脳がだまされているんですね~(笑)

脳は意外と単純で、臭いと色で味がその果物の味になっちゃうんです

例えばイチゴだったら、赤という色でイチゴと脳が思い込み、イチゴの香でイチゴ味を脳が作りだしてしまうんです。

舌で味を感じると誰もが思っているかもしれませんが、実はそれだけでなく鼻と目でも味を決めているんですね。

なので鼻を摘み目隠ししてかき氷を食べると、どの味かわからないはずです(笑)

余談ですが、脳が騙されるのはこれだけではありません。

作り笑顔でも脳は騙され、さまざまな良い効果をもたらしてくれます。

詳しくは『 笑顔でもたらされる6つの効果!笑顔で健康になれる!! 』をご覧ください(^^♪

いや~脳って単純です(笑)

最新のかき氷機は凄い!!

引用:amazon.co.jp
ドウシシャ電動ふわふわとろ雪

この『ドウシシャ電動ふわふわとろ雪』は、その名の通りふわふわのかき氷ができちゃいます。

ふわふわのかき氷を自宅で食べれるの憧れていいませんでしたか?

私は、憧れていました(笑)

店で出てくるふわふわのかき氷を見る度に思っていました。
家でも簡単にこんなふわふわのかき氷が作れればいいのにって(^-^)

その願いがこのかき氷機を持っていたら叶います!

天然氷の所でも書きましたが、ふわふわのかき氷だとサッと口の中で溶けるのでアイスクリーム頭痛を抑えることができますよ

このふわふわ感凄いです!

ポイントは、少し溶けだした氷を使うことなんだそうです。

さらに素晴らしいポイントがあります。

ふわふわのかき氷を作るだけじゃなく、台湾式かき氷が作れちゃいます!

日本のかき氷は氷を削りシロップをかけますが、台湾式はジュースなどを凍らしてそれを削ります。

氷自体に味がついているので、濃厚な味わいでトロっとした食感を味わえます。

台湾式かき氷の作り方は、付属のレシピを参考に作ってみてください(^^♪

まとめ

<なぜかき氷を食べると頭がキーンと痛くなるのか?>
・冷たさを痛さと脳が勘違いするため
・脳の血管が拡張し、血流量が増すため

<頭が痛くならない予防法>
・ゆっくり食べる
・天然氷で作られたかき氷を食べる
・ドウシシャ電動ふわふわとろ雪で作ったかき氷を食べる

<痛くなった時の対処法>
・アイスクリーム頭痛がしだしたら、冷たい物をおでこに当てる

かき氷の知識が深まったかと思います。

今年の夏は、是非これらの方法を実践してアイスクリーム頭痛を避けましょう!

でも夏の風物詩でもあるので、なくなるのは少し寂しい気もしますね(笑)