ホットヨーグルトのダイエット効果が凄い!ハチミツを入れると更に効果的で美味しい!!

ハチミツ入りホットヨーグルト ダイエット

ダイエット効果が高くなると言われている話題のホットヨーグルト!

更に、ハチミツを加えることで美味しさがアップして女性に多くの効果をもたらしてくれます。

美味しく痩せることができるハチミツ入りホットヨーグルトについて紹介します。

この記事でわかること
  • ハチミツ入りホットヨーグルトの効果
  • 作り方
  • 食べるタイミングはいつが効果的か

ハチミツ入りホットヨーグルトの効果

このハチミツ入りホットヨーグルトは、美味しいだけでなく効果がメチャクチャ凄いです!

しかも、誰でも簡単に作れるので是非作ってみて効果を体感してみてください。

美味しくて効果も嬉しい、ハチミツ入りホットヨーグルトの効能について紹介します。

ダイエット効果

ダイエット効果は凄まじく、軽い運動とホットヨーグルトを組み合わせただけで、3ヵ月で8kg痩せたという人もいるほど効果があります。

なぜダイエット効果があるのかについて見ていきましょう!

ポイントは

  • カロリー
  • 乳酸菌
  • カルシウム

です。

低カロリー

無糖ヨーグルトは、100gでカロリーが60kcalしかないのでとってもヘルシーです。

加糖タイプのヨーグルトは、メーカーによってバラツキがありカロリーが高いものだと100kcalを超えるので、ダイエット目的で食べる場合は無糖タイプを選ぶ方がいいですね。

無糖タイプは甘さがないので食べにくいのがデメリットですが、ハチミツを入れることで甘くなり食べやすくなります。

でもハチミツを入れたらカロリーが高くなんじゃないかと思いますよね?

実は、ハチミツは砂糖より40%もカロリーが低いんです(^^♪

しかも、同じ量でハチミツと砂糖の甘さを比べたら、ハチミツの方が約1.5倍も甘いんです。

ハチミツはカロリーが低くて甘さが強いので、ヨーグルトに限らず砂糖をハチミツに置き換えることでダイエット効果になります。

ダイエットの敵、カロリーについては問題ないことが分ったと思います。

温めることで乳酸菌が活性化

ヨーグルトの乳酸菌によって整腸作用があるのは有名ですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を活性化させる方法があるんです。

それは、簡単で温めるだけです。

乳酸菌は生きものなので、活動しやすい温度があります。

人間も寒いと外に出たくないですよね(笑)

乳酸菌も生き物なので、活動しやすい温度があるんですが、その温度が『30℃~40℃(人肌が理想)』と言われています。

レンジなどで温めてやると乳酸菌が最大限に力を発揮してくれるというわけです。

整腸作用によってお腹の調子を整えることで便秘の解消につながりため、ダイエット効果に期待できます。

更に、乳酸菌などの善玉菌は、脂肪の蓄積を抑える効果もあります。

ポッコリ出たお腹を凹ませるのに、乳酸菌は効果が期待できます(^-^)

乳酸菌は、便秘解消と脂肪蓄積を抑える効果でダイエットに効果的というわけです。特に温めた場合、活性化するので効果が高くなりますよ。

ここからは余談ですが、腸内環境が悪いと下痢便にもなってしまいます。

乳酸菌で腸内環境を整えることで下痢便を改善できることがあるので下痢便が続く人は試してみる価値は十分にあります。

更に、乳酸菌は悪玉菌を減らしてくれる効果もあります。

悪玉菌は発がん物質を作ります。悪玉菌を減らすことでがんのリスクを下げることに期待ができます。

カルシウムが脂肪蓄積ホルモンを抑える

カルシウムは脂肪の蓄積を促すホルモンを抑えるのではないかと言われています。

ヨーグルトには、カルシウムが多く含まれているため、その事実が本当ならダイエットに有効ということですね。

カルシウムは、冷たい物より温かい物を摂取すると吸収率が上がります

なぜなら、冷たい物は消化器官の働きを低下させてしまうかたです。

人肌に温めることで吸収率が上がるので、ヨーグルトを温めるとカルシウムの吸収率が良くなり、ダイエット効果に期待ができるというわけですね。

ヨーグルトに限らず、牛乳でも言えることなのでホットミルクも事実が本当ならダイエット効果に有効といえます。

ハチミツには女性に嬉しい成分が多い

ハチミツには『ビタミンC』『ビタミンB2』などのビタミン類や『』などのミネラルが含まれています。

美容成分である『ビタミンC』はコラーゲン生成に欠かせない成分で、ビタミンCが不足してしまうとコラーゲンも低下してしまいます。

コラーゲンは、肌のハリや潤いを保ってくれます。

過酸化脂質は肌の老化を進行させる要因の一つですが、『ビタミンB2』は過酸化脂質を分解してくれる役割があるので摂取したい成分です。

女性は鉄が不足しがちですが、ハチミツには鉄が含まれているので鉄が不足することで起きる鉄欠乏性貧血の予防に期待できます。

女性に嬉しい美容成分『ビタミンC』『ビタミンB2』不足しがちな『鉄』が含まれているのでハチミツは女性の味方です(^^♪

ハチミツ入りホットヨーグルトの作り方

それでは、美味しいハチミツ入りホットヨーグルトの作り方を紹介します。

簡単なので短いですが(笑)

作り方(1人分)
  1. 無糖のヨーグルト(100g)をお皿やカップに移す
  2. 電子レンジに入れ500wで1分間温める
  3. 最後にお好みでハチミツをかける

<ポイント>

・ハチミツはヨーグルトを温めた後に入れてください。一緒に加熱しないのがポ
 イントです。なぜなら、ハチミツをレンジで直接温めることによってハチミツ
 の風味や栄養素がなくなってしまう可能性がある
からです。

メチャクチャ簡単なので、 Let’s Challenge (^^♪

食べるタイミングは?

食べる時間帯は?

朝に食べるイメージが強いヨーグルトですが、夜に食べる方が効果的です。

なぜなら、夜は腸が最も活動的に動くのでヨーグルトの恩恵を最も得られるからです。

寝る2~3時間に食べることをお勧めします(^^)

ヨーグルトは乳糖が含まれるので、日本人に多い乳糖不耐症の人は朝食べるとお腹が緩くなるかもしれませんしね(^^;

食前、食後?

ダイエット目的なら食前に食べましょう!

単純にヨーグルトを食べることによってお腹が少し満たされるからです。

便秘改善や下痢改善目的で食べる場合は、食後に食べましょう!

乳酸菌は、胃酸に弱い性質があるので死滅してしまいます。しかし、食後に食べることで胃酸の酸性度が下がるので乳酸菌を生きたまま腸に届けることができるからです。

でも実は、死んでしまった乳酸菌も良い効果を期待できます。

乳酸菌は生きていなくても、発酵生産物や菌体内外の諸成分に抗腫瘍性、血圧降下作用、血清コレステロール低下作用などの健康効果のあることがわかっています。

Jミルク:https://www.j-milk.jp/knowledge/food-safety/uwasa10.html

生きていても死んでしまっても、人のために頑張ってくれる乳酸菌には頭が上がりません(^-^)

まとめ

<ハチミツ入りホットヨーグルトのダイエット効果>
・カロリーが低い
 無糖のプレーンヨーグルトは100gで60kcal
 砂糖をハチミツにすることで40%カロリーを抑えることができる
・乳酸菌の活性化
 ヨーグルトを人肌に温めることで、乳酸菌が活性化
 乳酸菌は、整腸作用があり便秘改善、脂肪の蓄積を抑える効果がある
・温めることでカルシウムの吸収率がアップする
 カルシウムは脂肪の蓄積を促すホルモンを抑える可能性があると言われている

<ハチミツの効果>
 ハチミツには『ビタミンC』『ビタミンB2』『鉄』が含まれている
 ビタミンC:コラーゲン生成に欠かせない
 ビタミンB2:過酸化脂質を分解
 鉄:鉄欠乏性貧血を予防

<食べるタイミング>
時間帯は夜がベスト:腸の動きが活性化するため
ダイエット目的:食前(少しお腹が満たされるため)
便秘改善目的:食後(生きた乳酸菌が腸まで届くため)

ホットヨーグルトと軽い運動を組み合わせて3ヵ月で8kgも体重を落とせた人がいるため効果は実証させています。

更にハチミツと組み合わせることで、美容効果や鉄の不足で起きる鉄欠乏性貧血の予防に期待が持てます。

ハチミツとヨーグルトさえあれば、簡単で短時間で作れるところも嬉しいてんですよね。

是非、ハチミツ入りホットヨーグルトを試してみてください!

軽い運動は、ウォーキングがお勧めです。

なぜなら、ウォーキングは負荷が少なくジョギングとほとんど同程度のダイエット効果があるからです。

詳しくは『 ウォーキングとジョギングのダイエット効果にはほとんど差がない! 』をご覧ください(^^♪