ハサミの切れ味を簡単に復活させる5つの方法!

ハサミ 役に立つ知識

日常で使うことの多いハサミ。

ハサミをいざ使う時、切れ味が悪かったらストレスがたまりますよね。

そんな時に身の回りの物で切れ味を良くすることができたらこんな嬉しいことはないですよね。

この記事では、ハサミの切れ味を復活させる方法、ハサミの捨て方、最強のお勧めハサミを紹介します。

切れ味復活方法

家にある物で簡単に切れ味復活!

※ハサミは危ないので気をつけて作業をしてください。

ハサミのキズで切れ味が悪い場合

ハサミの切れ味が悪くなる要因にハサミの刃のキズがあります。

2つの方法を紹介します。

『アルミホイル』で切れ味復活

料理をする家庭なら確実にあるアルミホイル、これで簡単にハサミの切れ味が復活できちゃいます。

手順
  1. アルミホイルを手のひらサイズ取ります
  2. 取り出したアルミホイルをクシャクシャにします
  3. ハサミでクシャクシャにしたアルミホイルを数回切ります
  4. 紙を試し切りしてみて切れ味が悪かったら、また数回クシャクシャアルミホイルを切ります

これで驚くほど簡単に切れ味が復活しちゃいます。

これは構成刃先という現象を利用した方法なんです。


 延性材料であるアルミニウムあるいは軟鋼などを比較的低速度で切削すると、切削部分での被削材の物理・化学的変化により被削材の一部が刃先に付着し、あたかも新しい刃先が出来たように振る舞う。これを構成刃先と呼ぶ。

加工技術データベース

アルミホイルは融点が低い性質があり、ハサミの刃と刃が擦れる摩擦熱で溶けてしまいます。
その溶けたアルミホイルがハサミの傷に入り、新品の時と同様のハサミの刃みたいになるということです。

ここで注意点!!

ハサミで切ると当然摩擦熱が生じるので、何回か切っているうちにハサミの傷を埋めていたアルミホイルが溶けて取れちゃいます。

元の傷があるハサミになってしまうので、切れ味が悪くなってしまいます。

なのでこの効果は、一時的ということになります。

ハサミの刃を研ぐ

アルミホイルは一時的ですが、刃を研ぐと新品同様に長く切れ味を保つことができます。

長年使って愛着のある物は、なかなか手放せない時がありますよね。

最近は色んなタイプがあります。

100円ショップにもハサミ研ぎがあるのでうれしいですね。

汚れで切れ味が悪くなっている場合

ハサミの切れ味が悪くなる要因に汚れがあります。

3つの方法を紹介します。

『消しゴム』で切れ味復活

消しゴムには汚れを絡めて取る特性があります。

ハサミの刃を消しゴムでゴシゴシすることにより、汚れを絡め取り切れ味が復活します。

『アルコール』で切れ味復活

汚れの原因に油汚れがあります。

アルコールには油分を溶かす効果があります。

手順
  1. 消毒アルコールをコットンに染みこませる
  2. アルコールを染みこませたコットンで、ハサミの刃をゴシゴシ拭く
  3. 乾いた布できれいにアルコールを拭き取る

アルコール除菌シートがあれば楽です。
シートはアルコールをすでに含んでいるので、刃をゴシゴシ拭いて乾燥した布で拭けば簡単に汚れを落とせます。

『ハンドクリーム』で切れ味復活

ガムテープやセロハンテープを切った時に、ベタベタした粘着剤がついてしまいます。

このベタベタした粘着剤も切れ味を悪くする要因です。

ハンドクリームには肌に馴染むように油分が含まれています。

このハンドクリームの油分が粘着剤に働きかけることで、粘着剤を浮かせごっそり落としてくれます。

手順
  1. ハンドクリームをハサミの刃に塗る
  2. 何回かチョキチョキする
  3. ラップをかぶせ30分放置。(なじませる)
  4. しっかりティッシュなどでハンドクリームを拭き取る

ハンドクリームがない場合は、日焼け止めクリーム、食用油でも代用できます。

ハサミの捨て方

何をやっても復活しない時はあります。

その時は捨てないといけませんが、ハサミは刃があるので大変危険です。

刃が出ているとゴミ袋を突き抜け、自分の手を切ってしまいますし、ゴミ回収業者の人にも危険が及びます。

ハサミの廃棄方法についてまとめましたので、しっかり確認しましょう。

ハサミ捨て方
  1. 刃を閉じる
  2. ハサミのキャップがあればキャップをする
  3. ハサミの刃をガムテープでグルグル巻きにする
  4. 新聞紙などでしっかり包んでガムテープでとめる
  5. 自治体の指示に従って出す

自治体によって出し方が異なるので、自分の自治体の指示に従いましょう。

お勧めハサミ【これがあれば大丈夫!】

このハサミは最強で、刃先がカーブ形状のため、切れ味がずば抜けています。
布、ビニールなどのハサミをいれると逃げやすい素材も簡単に切ることができ、段ボールなどの厚い素材も楽に手を痛めることなく切れます。

さらに、3D設計刃なのでガムテープ、セロハンテープを切ってもベタベタしません。

さらにさらに、チタンコートを採用しているので長持ちです。
なんと切れ味が50万回以上続くという優れものです。

まさに最強のハサミです。

家に一本あると心強いですね。

最後に

ハサミの切れ味が悪いからとすぐに捨てずに、一度これらの方法を実践してみてください。

驚くほど切れ味が良くなる場合もあります。

しかし、どんな手段を使っても切れ味を戻せない状態も当然あります。

そんな時は、ハサミの捨て方を確認し、各自治体の方法で正しく捨てましょう。