うがいでインフルエンザは防げないは本当?正しいやり方

健康

後で述べますが、うがいはインフルエンザに効果的ではありません

しかし風邪の予防には効果的です

短時間で出来るのでこの機会に正しいうがい方法を身につけて下さい

なぜ、うがいをするのか?

うがいの効果は

  • 風邪予防(免疫力アップ)
  • 虫歯予防
  • 口臭を抑える            です

喉には埃や、細菌、ウイルスを体内に入れないように押し出してくれる線毛という毛があるのですが、乾燥すると働きが低下してしまいます
よって、うがいで喉を潤すことで機能を復活させ風邪の原因菌から守ります

他にも虫歯予防、口臭にも効果的などで積極的にうがいをしましょう

うがいの正しいやり方

①手で水を溜めて口まで運ぶ場合はまず手を洗います
 ※1

②口に水を含めてブクブク強くゆすいで吐き出します(2セット)
 ※2

③水を含んで今度は上を向き喉を綺麗にするつもりでガラガラを15秒します 
 (2セット)
 ※3

※1:よく手を洗いましょう。手に病原菌がついていたら逆効果です

※2:歯の隙間を水が通るように

※3:ガラガラと言いながらすると効果的

風邪予防には水が推奨されています
うがい薬は常在菌(良い菌)も殺菌してしまうため予防には適していません
風邪を引いてしまった場合はうがい薬のほうが殺菌力があるので効果てきです

鼻うがい

風邪予防には鼻うがいも効果的です

手順

①生理食塩水を作りましょう
 水100mlに対して食塩は0.9gです
 水50mlに対いて食塩は0.45gです

②人肌に温めます

③片方の鼻の穴から吸い反対側の鼻の穴から出します

※毎回鼻うがいを行う度に作り直します
※冷たい水だと鼻がツンとします

花粉症にも効果的です

うがいはいつするのか?

起床時

帰宅時

喉がイガイガしている時(乾燥)

人が多くいる所へ行ったとき

なぜインフルエンザは防げないのか?

インフルエンザのウイルスは喉についたら数分で体内に侵入するので数分ごとにうがいは非現実的なので防げません

インフルエンザの流行時期は早めの予防注射、マスク、手洗いを徹底して感染対策に努めましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

うがいにもマスク、手洗いと同じで正しいやり方があります

正しいやり方でしないと効果を十分発揮しません

これを機会に覚えて感染予防に努めて健康な生活を送って下さい

そんなうがいも、インフルエンザには勝てません

インフルエンザ流行時期前には予防注射をしてマスク、手洗いを徹底しましょう

Take care of yourself

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村