足の臭いの原因を解説!もう足が臭いなんて言わせない対処法

臭いよ 役に立つ知識

靴を脱いだら「 ムワっ 」と漂う足の悪臭、他の人は匂わないのに何で私だけ!?と思ったことはないでしょうか?

でも安心してください、あなただけでなく日本人の50%の人が足の臭いが気になるというアンケートが出ています。

私も気になっていた一人でした。しかし、足の臭いの原因を理解してピンポイントに対処した結果、劇的に足の臭いがなくなり、今では靴を脱ぐ場面になっても何も気にせず堂々と靴を脱ぐことができています。

この記事のケア方法を実践すれば、ほぼ間違いなく足の臭いがなくなります。

是非、時間も取られないし簡単なのでやってみて下さい。

足の臭いの原因とは

根本的な臭いの原因は、細菌の排泄物(イソ吉草酸)です。

その細菌に最適な環境、エサがあるから細菌が増殖して臭いが発生しているのです。

細菌の最適な環境とは、高温多湿です。靴の中は、汗や人間の体温で細菌にとって最高の増殖する環境になってしまいます。

細菌のエサとは、人間の古い角質です。靴の中は、歩くことによって古い角質が剥がれ落ち、細菌のエサの宝庫になります。

靴の中は細菌の絶好の増殖環境だったんですね。

特にブーツは通気性が悪いので蒸れやすく、細菌にとっては絶好の細菌増殖環境になってしまいます。

足を綺麗に洗えても、靴下を取り換えても細菌は常に靴の中に巣くっているので悪臭は消えません。

足の臭いを改善する方法

戦うべき相手が分かりましたね。
敵は細菌で汗、古い角質を食べて生きているので、兵糧攻めをしましょう。

それぞれ、私が実践している対処の仕方を紹介します。

絶対に臭わなくなりますよ。

靴の臭いを1週間で消す最強のアイテム(グランズレメディ)

足の臭いを改善する方法を1つだけ選ぶとすると、このグランズレメディになります。そのくらい私はこの商品を信頼しています。

このグランズレメディは足の臭いの原因である細菌の増殖を抑えることによって、臭いを断ってくれます。

1週間正しい使用法をすると臭いが嘘のように消えるので是非使ってみて下さい。

使用法
  1. グランズレメディはパウダー状です。付属のスプーンがついているので、スプーンでパウダーを軽く一杯すくい、靴の中に均等に振りかけます。
  2. 靴のつま先部分にも、しっかりいきわたるように靴をトントンしたり、ゆすったりして、均等にします。

たったこれだけです。

靴を履く前や、脱いだ後に振りかけ1週間続けると見事に足の臭いが消えます。しかも効果は6か月も続くという優れものです。

※履くときは粉の白さが残りますが、履いているうちにどんどん消えていきます。

靴の湿度を下げよう

湿度を下げることで、細菌の増殖しにくい環境を作ます。

ミョウバンで汗を抑える

湿度の原因は汗なので、ミョウバンの汗を抑える効果を利用し、汗を抑制します。

<ミョウバンスプレー作り方>

必要なもの
焼きミョウバン10g 水300ml ペットボトル500ml用  スプレー
作り方
  1. ペットボトル(500ml)に水を300ml入れます。
  2. 水を入れたペットボトルに焼きミョウバンを10g入れます。
  3. キャップをしてよく振ります。
  4. 透明になるまで待ちます。(約1日)待つ間は時々振りましょう。
  5. 透明になったらミョウバン原液の完成です。
  6. 使用時は原液を10倍に薄めてから使います。
    スプレー容器にミョウバン原液を摂り、水で10倍に薄めましょう。

お風呂上りに足にスプレーすると汗を抑制できます。また、脇にスプレーすると脇汗対策にもなりますよ。

靴の湿度を下げるアイテムを使う

汗や雨で濡れたままでは細菌が増殖してしまうので、新聞紙や、吸湿剤を使って溜まった湿度をリセットしましょう。

新聞紙は、湿度を吸収してくれる役割があります。家に帰ったら靴の中に丸めた新聞紙を入れると湿度を下げてくれますよ。

また、靴の中に入れておくと湿度を下げてくれて、繰り返し使える便利なアイテムもあるので使ってみて下さい。

古い角質をケアしよう

足は体で一番角質が溜まる場所です。

古い角質は細菌のエサになり増殖する原因なのでしっかりケアしましょう。

角質除去方法

①毎日のお風呂のケアは、石鹸で良く泡だて、泡で包み込むように足を洗っていきます。指の間や、爪と皮膚の間は、古い角質が溜まりやすいので、指の間も丁寧に洗います。

②よく洗い流し、水気をふき取ります。
 ※石鹸が残ると細菌のエサになるので、しっかり落としましょう

➂一週間に1度、踵などの固い角質は、やすりなどで削りましょう。
※削りすぎると逆に厚くなる可能性があるので、頻度は1週間に1度くらにして下さい。

角質を極力出さないための工夫


上記の角質除去方法で、しっかり日々のケアで古い角質を除去しましょう。


靴の大きさが足のサイズと違っていると、足と靴がこすれて角質が出やすくなるので、自分に合ったサイズの靴を履きましょう。


普通の靴下だと歩くときに足の指と指がこすれて、角質が出てしまいますが、5本指靴下を履くと1本1本を覆ってくれるので角質が出にくくなります。
さらに、5本指靴下は指と指の汗を吸収するので蒸れにくくなり、水虫対策にもなりますよ。

靴を紫外線で殺菌しよう

紫外線は女性にとって敵ですが、靴に巣くった細菌を殺菌してくれる効果があるんです。

実際私の病院でも細菌の検査をした後は、紫外線で機器を殺菌しています。

1週間に1度晴れている時に、靴を干すと靴の細菌を99.9%殺菌できるので日光浴させましょう。

しかし、日光を靴のつま先まで当てるのは中々難しいですよね。

PEDICという紫外線を発生させるスティックがあるので使ってみるとより効果を発揮できると思います。これなら靴の奥まで届きますね。しかも、10分間で99.9%除菌ができる優れものです。

まとめ

どうでしたか?細菌の最適な環境を壊してやることで、細菌が増殖しにくくなり、足の臭いがなくなります。

そのためには毎日のケアが大切になるのですが、決して難しいこともなく、時間もあまり取られないので、是非やってみて下さい。

足の臭いを気にせず、堂々と人前に足を出せるのは気持ちがいいですよ。

最後にもうひとこと言わせてください、グランズレメディの効果は半端ないです。

是非使ってみて下さい♪

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村