炭酸水を沸騰させる・常温放置・振ると炭酸が抜ける理由を解説!

炭酸水を沸騰させると炭酸が抜ける理由 食べ物・飲み物

「炭酸水を沸騰させたら、炭酸が抜けるの?」

「炭酸水を常温で放置したり、炭酸飲料を振るとなぜ炭酸が抜けるの」

「炭酸が抜けた後の味はどうなの?」

こんな質問に答えます!

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

炭酸が好きな人は多いかと思います。

僕もその一人で、運動後に『グビグビ』と飲むことが多いです。

運動後の炭酸は最高ですよね。

そんな炭酸水ですが、沸騰させるとなぜ炭酸が抜けるのかを本記事で解説していきたいと思います。

また、なぜ炭酸水を常温に放置したり、炭酸水を振ることで炭酸が抜けるのかについても紹介しています。

それではまいります!

炭酸水を沸騰させると炭酸はなぜ抜ける!?

沸騰

では、なぜ沸騰したら炭酸が抜けるのかを紹介しますね。

炭酸の特徴が頭に入っていれば納得できますよ。

炭酸水は圧力を加えて炭酸ガスを強制的に溶け込ませている状態です。
本来であれば溶けきれないほどの炭酸ガスを強引に溶け込ませているわけですね。
そのため、キャップを開けた途端、圧力から解放された炭酸は空気中に逃げてしまいます。

炭酸水の泡は、炭酸が抜ける過程で生じるものです。

その証拠にキャップを開けていない炭酸水は密閉されているので泡は生じていませんよね。

そして、もうひとつの特徴は、炭酸は温度が高くなれば高くなるほど抜けやすくなるという性質を持っているということです。

炭酸の特徴をまとめると、

  • 空気中にドンドン逃げていく
  • 温度が高くなればなるほど抜けやすい

になります。

炭酸水のキャップを開けて空気中に炭酸が逃げること、沸騰させることで高温になり炭酸が抜けやすくなること、2つの条件を満たしてしまうので、炭酸はものの見事に抜けてしまいます。

実際に学生時代に好奇心旺盛の僕が実験を行ったのですが、炭酸が抜けただの水になりましたよ(笑)

炭酸水を常温放置したり、振ると炭酸が抜けるのはなぜ?

コーラ
ふぐちゃん
炭酸水を常温に放置したり、ペットボトルを振ると炭酸が抜けてしまうのはなんで?

炭酸飲料を常温に放置すると炭酸が抜けてしまう理由は、先ほどお伝えしましたが高温になればなるほど炭酸が抜けやすいという炭酸の性質があるためです。

常温に放置しても炭酸がすぐに抜けてしまうわけではありませんが、冷蔵庫に比べると抜けるスピードが速くなってしまいます。

次にペットボトルを振ると炭酸が抜ける理由を説明します。

炭酸水は、冷却しながら強い圧力を加えて、無理やり水に二酸化炭素を溶かして作ります。

そのため、安定していない非常にデリケートな状態です。

そこに振るという物理的な衝撃を加えることにより、二酸化炭素が水に留まり切れなくなるため、水に溶けていた二酸化炭素がドンドン気化し抜けていきます。

振った後にフタを開けると勢いよく飛び出しますよね?

それは、水に溶けていた二酸化炭素が気化し、狭いペットボトルの中で逃げ場がなくなり圧が高まっているからです。

その時にフタを開けることでドバッと二酸化炭素と共に水が出てしまいます。

炭酸が抜けないようにするには?

冷蔵庫へ

温度が上げるほど炭酸が抜けやすいので、逆に下げることで炭酸が抜けるスピードを緩めることができます。

買ったら直ぐに冷蔵庫へ!

できるだけ衝撃を加えない

先ほど紹介したように、衝撃を加えることで二酸化炭素が気化してしまうので炭酸が抜けます。

できるだけ落としたりしないようにしましょう(^^;

飲んだ後はフタを強く閉める・逆さまに保存

飲んだ後にフタが緩いと二酸化炭素が大気中に逃げてしまうので、フタは力いっぱい閉めましょう。

さらに、ペットボトルを逆さまにして冷蔵庫に保存することで密閉度が増すので炭酸がより抜けにくくなりますよ。

逆さまにすることで、どうしても生じてしまうフタの隙間を液体で密閉できます。

アイテムを利用

圧力を加えることで、ペットボトルの内部圧を上げることで炭酸が抜けるのを防げます。

完全に炭酸が抜けないというわけではなく、抜けるスピードを緩めるだけなのであまり期待しない方がいいかもしれません(^^;

とはいえ、炭酸が強い状態をある程度キープできるので持っていても損はないと思います。

ペットボトルをへこませて空気を限界まで抜きフタを閉めて冷蔵庫に保存する方法がありますが、フタには小さな隙間があり空気が入り込んでしまうのであまり意味がありません。

何度か僕もやったことがあるのですが、翌朝にはへこませたはずのペットボトルが元通りになっていました。
隙間から空気が入り込んだということですね。

逆に余計に炭酸が抜けるという意見もあるのでやらない方がいいかもしれません。

炭酸が抜けると味はどうなる?

炭酸飲料
ふぐちゃん
炭酸飲料の炭酸が抜けると味はどうなるの?
ユキフル
コーラやファンタなどの炭酸飲料はめっちゃ甘くなります(笑)

炭酸は苦味を感じるため、砂糖が少ないと苦味が勝ってしまい甘さを感じません。

そのため、美味しくするために砂糖が大量に入っています。

コーラ500mlには角砂糖が15個分入っている。

当然、炭酸が抜けることで苦味が消えるので、甘さが際立つことになり、激甘の飲み物と化してしまいます(^^;

水と炭酸のみで作る炭酸水は、炭酸が抜けることでただの水になりますよ。

余談

水と炭酸で作る炭酸水には以下のようなメリットがあります。

  • ダイエット
  • 食欲アップ
  • 便秘解消
  • 疲労回復
  • 美肌効果

実は、炭酸水は非常に魅力的な飲み物なんですよ。

ですが、デメリットもあります。

詳しくは『炭酸水のメリット・デメリット!ダイエット効果や便秘解消って本当?』をご覧ください!

【ソーダストリーム公式サイト】
ソーダストリームがあれば、毎日新鮮でおいしい炭酸水が簡単に自分で作れます【500mlあたり約18円】

炭酸水を沸騰させる・常温放置・振ると炭酸は減る理由【まとめ】

炭酸水を沸騰させる・常温放置・振ると炭酸が抜ける理由は、

沸騰させる:炭酸が大気中に逃げるため
      温度が上がれば上がるほど炭酸が抜けやすいため

常温放置:温度が上がれば上がるほど炭酸が抜けるため

ペットボトルを振る:物理的な衝撃により、二酸化炭素が水に留まりきれなくなり気化してしまうため

です。

炭酸水を沸騰させることはないと思いますが(笑)、常温放置やペットボトルに衝撃を加えるのはやってしまいがちです。

なるべく早く冷蔵庫に入れたり、衝撃を加えないように丁重に扱うことで炭酸の品質を保つことができるので気を付けたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございます(^-^)