入浴で得られる効果や入り方について解説!長時間の入浴に注意!

入浴の効果 お風呂・銭湯
ふぐちゃん
入浴って健康に良いって聞いたけどどんな効果が得られるの?

こんな質問に答えます!

ユキフル
こんにちは、ユキフルです。

入浴によって健康効果だけでなく、美肌効果や体臭予防、寝つきまで改善されます。

ただし、長風呂や熱いお湯には注意が必要です。(後述します。)

今回は、入浴で得られる効果について解説し、注意点も説明しますね。

入浴することで得られる8つの効果

入浴で得られる効果は、主に血行促進によるものです。

入浴でなぜ血行促進の効果が得られるのかと言いますと、

  • 体が温まることで血管が拡張する
  • 水圧と浮力によって体が押されるので、マッサージと同じ効果がある

という効果があるためです。

以下は、入浴することで得られる効果になります。

  1. 疲労回復
  2. リラックス効果
  3. 肩こり・腰痛・関節痛・冷え性・むくみの改善
  4. 便秘解消
  5. ダイエット効果・基礎代謝アップ
  6. 美肌効果・肌の新陳代謝アップ(肌のターンオーバー改善)
  7. 体臭予防
  8. 寝つきやすくなる

それぞれ解説しますね。

1.疲労回復

清々しい朝

疲れは、酸素や栄養が低下して老廃物(乳酸など)が溜っている状態です。

入浴することで血行が良くなると、血液が体全体に酸素や栄養を運び、老廃物を内臓に届けて排出してくれるので疲労回復効果があります。

疲れているからとシャワーだけで済まさず湯船にしっかり浸かった方が疲れが取れるということですね。

ユキフル
疲れた時こそ、入浴しましょう。

2.リラックス

ハートの孤島

入浴することでリラックス効果があります。

リラックス効果は以下になります。

  • ぬるめ(40℃前後)のお湯に浸かることで、リラックスモードの神経である副交感神経を優位にできます。
    42℃以上のお湯は、交感神経を優位にしてしまう。
  • 浮力によって重力から解き放たれて、体の負担が軽減し、体も心もリラックスできます。

また、精油、柚子、レモンを湯船に入れることで、香りによってもリラックス効果を得ることができます。

ユキフル
ストレスを溜めることは健康に良くないので、ゆっくり入浴してリセットしたいですね。
柚子風呂の効果効能を解説!作り方、入り方、ピリピリ痛くなる原因は?

【柚子風呂の効果効能を解説!】作り方、入り方、ピリピリ痛くなる原因は?

3.肩こり、腰痛、冷え性、むくみの改善

肩こり

肩こり、腰痛、冷え性、むくみの原因のひとつに血行不良があります。

入浴することで血行が促進されるので、筋肉の緊張を和らげ肩こりや関節の痛みを和らげることがあります。
また、血液の停滞が原因である冷え性やむくみの改善に期待できます。
ユキフル
入浴中に擦ったり揉んだりするとより効果的です。足のむくみは『ふくらはぎ』を揉んであげると良いですよ。

ただし、関節が腫れているときは長時間の入浴は避けましょう。

4.便秘解消

トイレの蓋

しっかり入浴することは便秘解消にも期待できます。

以下は、入浴による便秘解消効果です。

  • 腸の血流が良くなり、腸の活動が活発になるため排便が促されます。
  • ストレスなどで交感神経が優位になると腸の活動が低下してしまいましす。
    そのため、入浴することで副交感神経が優位になるので便秘の予防に期待できます。
ユキフル
入浴中にお腹を『の』の字にマッサージするとより効果的ですよ。(時計回り)

5.ダイエット効果・基礎代謝アップ

燃える

できるだけ毎日入浴し体を温めるとダイエットにつながります。

湯船にしっかり浸かることで、体温が上昇していき入浴後およそ2℃上がります。
体温が1℃上がるごとに、基礎代謝が13%上がると言われています。
そのため、1日の消費カロリーを上げることが出来るのでダイエットに効果があります。

余談ですが、白湯を飲むことでも体を温めることができるのでダイエット効果があります。
簡単にできるおすすめのダイエット法のひとつですよ。

白湯ダイエット

白湯のダイエット効果で痩せる!口コミは?飲むタイミング・量が重要

6.美肌効果・肌の新陳代謝アップ(肌のターンオーバー改善)

美肌

肌のターンオーバーが乱れる原因に、血行不良があります。

血行が悪いと細胞に栄養が行きわたらないため、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れてしまいます。

そのような状態が続くと、肌荒れになったり、シミシワが増えてしまいます。

湯船に浸かって血行を改善することで、皮膚に栄養が行き届き届くので肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)が改善されます。

肌のターンオーバーが改善されると、新しい肌が生まれるのでハリやツヤのあるスベスベの肌になれますよ。

7.体臭予防

体臭

毎日湯船に浸かって汗をかくことで体臭を予防できます。

現代は、汗をかかない人が増えています。

汗をかかなくなる原因は、クーラー、運動不足、お風呂をシャワーで済ませるなどですね。

汗をかかないと、汗腺の働きが落ちてベタベタの臭う汗に変わってしまいます。

汗腺は入浴することで鍛えることができます。
入浴すると大量に汗をかくためですね。

汗腺が鍛えられると、サラサラの臭わない汗に変わるため体臭予防ができます。

また、入浴することでストレス軽減効果があるので、ストレスよるツンとした臭いにも効果的です。

生姜風呂は癌やアトピーに効果ある!?効能、作り方、入浴剤を紹介!

生姜風呂はアトピーに効果ある!?効能、作り方、入浴剤を紹介!

8.寝つけやすくなる

寝ている女の子

人の体は、体温が下がる時に眠たくなるようにできています。

学校の水泳授業の次の授業に眠くなるの覚えていますか?

水泳で体が温かくなって次の授業で体温が下がっているからなんです。

その体の仕組みを利用して、寝る1時間から2時間前に入浴すると寝つけやすくなります。
さらに、ぬるま湯で入浴することで副交感神経が優位になるのでリラックスでき眠りやすくなります。

ユキフル
睡眠不足は、ストレスの増大、免疫力低下、心臓病などのリスク上昇、事故のリスク増加を招くのでしっかり寝て、健康を維持しましょう。

入り方(入浴の最適な温度と時間)

お風呂

入浴方法には全身浴と半身浴があります。

全身浴とは、肩までお湯に浸かることです。
半身浴とは、みぞおちから下だけお湯に浸かることです。

最適なお湯の温度と入浴時間は
全身浴は、40℃のお湯に10分程度
半身浴は、40℃のお湯に20分程度 です。

この入浴時間を守れば、血行促進などの効果を発揮しやすくなりますよ。

全身浴、半身浴のメリットとデメリットのついて紹介します。

全身浴

<メリット>

  • 肩まで浸かるため肩こりに効果的
  • 湯船に浸かる面積が多いので早く温まり、水圧、浮力を多く受け血行促進効果をより受けます

<デメリット>

  • 水圧が胸あたりまでくるため、心臓や肺に負荷がかかり息苦しくなる
半身浴

<メリット>

  • 徐々に温められるため副交感神経が優位になり、リラックスしやすい
  • 心臓や肺に負荷がかからない

<デメリット>

  • 肩までお湯がかからないため、冬はお湯をかけるなどの対策が必要

心臓や肺に疾患を持っている方は負担のかからない半身浴をおススメします。

入浴で気を付けること(長時間の入浴は注意!)

入浴中
ふぐちゃん
入浴で気を付けないといけないことはあるの?
ユキフル
入浴で気を付けることはたくさんありますよ。

以下のことに注意しましょう。

  • 脱衣所での急激な温度変化に気を付ける
  • 長時間の入浴は避ける(30分以上)
    ・脱水

    ・肌荒れ
  • 熱いお湯はなるべく避ける
  • 立ちくらみに注意する

それぞれ解説しますね。

脱衣所での急激な温度変化に気を付ける

冬の風呂はヒートショックの危険性が高くなります。

ヒートショックとは、急な温度変化により急激に血圧が変動し体に悪影響を与えることです。

最悪の場合、心筋梗塞脳梗塞を起こしてしまいます。

冬場の脱衣所は特に危険で、温かい部屋から寒い脱衣所に行くため、ヒートショックを起こし易く、毎年死亡事故が発生しています。
ヒートショックを防ぐために、脱衣所と部屋の温度を一定に保つ必要があります。
※死亡数は、東京都健康長寿医療センター研究所によると平成27年で年間1万7000人です。

脱衣所ヒーターなどで温かくなってから服を脱ぎ、ヒートショックを予防しましょう。

長時間(30分以上)の入浴は避ける

30分以上の長風呂をすると、体に悪影響を与えます。

悪影響とは、脱水、肌荒れです。

脱水

入浴中は大量の汗をかいています。

その量は500ml~800ml

入浴時間が長くなるにつれ、どんどん汗が流れ脱水状態になります。

ユキフル
アルコールを飲んだ後に入浴すると脱水が進みやすいので、入浴前はお酒(アルコール)は控えましょう。

肌荒れ

長時間の入浴は、一見すると肌が潤ったように見えますが実は逆です。

長時間入浴すると、毛穴が開き水分が蒸発します。
水分を失った肌はカサカサに乾燥し、荒れやすくなるのです。

特に乾燥肌の人や高齢の人は、この傾向が強いので注意しましょう。

熱いお湯はなるべく避けよう

熱いお湯が好きな人は多いでしょう。

しかし、熱いお湯(42℃以上)は、

  • 寝つきが悪くなる
  • 肌荒れ

といったデメリットがあるのでなるべく避けましょう。

寝つきが悪くなる

42℃以上のお湯は、交感神経を優位にしてしまいます。

交感神経が優位になると、頭が覚醒してしまうので寝つきが悪くなります。

快適に寝るためにも、お風呂の温度に気を付けましょう!

肌荒れ

42℃以上のお湯は、肌の保湿成分であるセラミドや脂質が溶け出てしまいます。

セラミドや脂質は本来肌のバリア機能も担当しているので、セラミドと脂質がなくなることで、乾燥肌や肌荒れの原因になってしまいます。

大切な肌の保湿成分を保つためにも、お湯の温度に気を付けましょう。

立ちくらみに注意する

入浴中、立ち上がる時に立ちくらみを経験した人は多いはずです。

立ちくらみは、立ち上がる時に頭から足へ急激に血液が流れることで、頭の血流が減る(脳貧血)ため起こります。

立ちくらみにより転倒して怪我をしてしまうこともあるので、予防策を紹介します。

  • 急に立ち上がると立ちくらみを起こしやすくなるので、立ち上がる時はゆっくり立ち上がり、そして頭を低くして這うように湯船から出ましょう。
  • お湯で濡らした温かいタオルを頭の上に乗せることも有効です。
    温かいタオルを頭の上に乗せることで、頭の血流を良くしておくことで立ちくらみを起こしにくくなります。
ユキフル
温泉と言えば頭の上にタオルを乗せている人をイメージしますが、ちゃんと意味があったんですね。

入浴後も油断は禁物!水分補給をしよう

入浴後もドンドン汗が出るので、しっかり水分補給をしましょう。

油断は禁物ですよ。

入浴後は冷たい飲み物が飲みたくなりますが、冷たい飲み物はせっかく温まった体を冷ましてしまうため血行が悪くなります。

ふぐちゃん
健康にも美容にも良くないってことかぁ~

では、何が良いかと言うと

  • 常温の水
  • 白湯

が良いです。

特に白湯は、血行が良くなるので肌のターンオーバーの改善や、内臓の温度を温めてくれるので基礎代謝を上げることができるためダイエット効果がありますよ。

おすすめの入浴アイテムを紹介

ふぐちゃん
おすすめの入浴アイテムを教えて!
ユキフル
それでは、おすすめの入浴アイテムを紹介します。

パインハイセンス

パインハイセンスは厚生労働省の厳しい審査に合格し、医薬部外品の承認を受けた、安全な入浴剤です。

自宅で本格的な温泉気分が味わえますよ。

効能

神経痛・リウマチ・腰痛・冷え症・産前産後の冷え症・痔・肩のこり・ うちみ・くじき・疲労回復・荒れ性・アセモ・しもやけ・あかぎれ・にきび・しっしん


高齢者の冷え対策に抜群の力を発揮してます。
親の病気の身体から、毒素も出してくれてるみたいで、日に日に良くなっていくようです。
子供の生理痛に足浴したら、その日は痛みが止まったらしいです。何かのお返しにも利用したら、
先方からも、市販のよりずっといい、と喜ばれました。

アマゾンレビュー

NEWオリヂナル薬湯 ヒバ

ニキビ・吹き出物対策は、『NEWオリヂナル薬湯 ヒバ』が一番です。

薬剤師さんもすすめるほど効果が高いですよ。

天然ヒバの自然な香りで、リラックス効果消臭効果がります。

効能

痔・しっしん・肌荒れ・血行促進・新陳代謝を高める・肌の清浄作用

重症ニキビの息子の為に、薬剤師さんに勧められ、湯治を目指しこちらを購入しました。

ニキビに効くと言われるあらゆる塗り薬、化粧水、洗顔、漢方薬、サプリなど試しましたが、ひどくなる一方。皮膚科に行っても副作用がひどくダメ。途方に暮れていたところ、飲み薬やサプリ、化粧水も洗顔も塗り薬も全部止め、三時間置きに、こちらの入浴剤を少し濃いめに洗面器のお湯に溶かし、顔にパシャパシャと浸すようにさせました。すると、三日目で、あれ?少しよくなった?と効果が現れ、五日目で膿ニキビがほとんどなくなりました。まだ赤ニキビは沢山ありますが、少しずつ改善が見られるので、根気よく続けていこうと思います。 

Amazonレビュー

マーナソフトソフトスポンジ

マーナソフトソフトスポンジは、なでるようなやわらかタッチのボディスポンジです。

敏感肌の人でも安心して使えます。


自分で使っていても
とても使いやすく泡立ちもよく
小さい子の肌にも優しいかなと思います
そして肌触りは荒くないので
いとこの赤ちゃんにプレゼントしました。

アマゾンレビュー

ドクターブロナー マジックソープバー TE

ドクターブロナー マジックソープバー TEは、肌にやさしい石鹸です。

スギやヒノキの優しい香りが特徴です。

オーガニック製なので安心して使えるのが嬉しいポイントですね。


さっぱり洗えるけど、洗い上がりは乾燥しません。
冬場でも乾燥しないので、オールシーズン使ってます。
肌が弱く汗疹になりやすいのですが、この石鹸で洗うと汗疹になりにくく、汗疹が出来ても治りが早かったです。

アマゾンレビュー

最後に

いかがでしたか?

お風呂は体の垢を落とすだけでなく、しっかり入浴することで健康、美肌など多くの効果を得られます。

しかし、長時間の入浴や熱いお風呂に入ってしまうと逆効果です。

入浴時間や温度に気を付けて入るようにしましょう。

入浴効果まとめ
  • 疲労回復
  • リラックス効果
  • 肩こり・腰痛・関節痛・冷え性・むくみの改善
  • 便秘解消
  • ダイエット効果・基礎代謝アップ
  • 美肌効果・肌の新陳代謝アップ(肌のターンオーバー改善)
  • 体臭予防
  • 寝つきやすくなる