秋ウォーキングの楽しみ方!秋は運動に最適な季節!

ウォーキングをしている人 ウォーキング

さあ、秋の季節がやって来ました。

運動には持って来いの季節なので、運動を始める人も多いかと思います。

運動にブランクがある方や、体力に自信がない方はウォーキングから始めてみましょう。

ウォーキングをしっかり続けることができれば、基礎代謝量を高められ太りにくい体質になれますよ。

この記事では、秋に運動が最適な理由、秋のウォーキングの服装、楽しみ方を紹介します。

秋は運動に最適

秋に運動が最適な理由は、ずばり涼しいからです。

夏は外に出るだけでも暑くて体力を消耗してしまいますからね。
また夏バテで運動どころではなかった人も多いかと思います。

秋は、冬に向けて代謝がどんどん上がる季節でもあります。

寒くなると体温が下がらないように、代謝を上げてエネルギーを放出します。
秋から冬にかけて気温が下がるので、それにつれて代謝も増えるということですね。

この代謝が上がっている時に運動でさらに代謝を上げると、代謝が効率よく上がると言われています。

秋は『食欲の秋』でもあり体重増加しやすいので、運動をして代謝を高めて太りにくい体質になりましょう。

<秋に運動が最適な理由>

  • 涼しい
  • 代謝が上がりやすい(太りにくい体質を作りやすい)

秋ウォーキングの服装

秋は暑さから寒さに変わる季節なので、気温の変化に合わせて服装も変えましょう。

インナー

インナーはコンプレッションインナーをお勧めします。

コンプレッションインナーとは、体に圧をかけるインナーのことです。

コンプレッションインナーを着ることで、膝の負担を軽減してくれるのでケガ予防にもなりますし、運動機能が向上するからです。

秋の始めの頃はまだ暑いので冷感素材の物を選び、秋の終わり頃は寒いので発熱素材に切り替えていきましょう。

トップス

速乾性、吸湿性、通気性に優れたポリエステルの素材のtシャツにしましょう。

秋の始めは、暑いので冷感インナーの上にメッシュ素材の半袖のtシャツがお勧めです。秋の終わりは寒くなるので発熱インナーの上に長袖のtシャツがいいでしょう。しかし、寒いからと綿素材にするのはやめましょう。なぜなら、速乾性がないので汗を吸収しても乾かず冷えの原因になり最悪の場合、風邪を引いてしまうからです。

寒い場合は、パーカーやウインドブレーカーを組み合わせましょう

ボトムス

ボトムスも速乾性、吸湿性、通気性に優れたポリエステルの素材にしましょう。

男性の場合は、パンツにインナーを組み合わせることで膝の負担の軽減効果があるのでお勧めです。

女性の場合も、パンツやスカートにタイツやインナーを組み合わせると膝の負担を軽減できるのでお勧めです。

秋の終わりで寒い場合は、ウインドブレーカーを組み合わせましょう

秋ウォーキングの楽しみ方

秋を彩る木や植物

秋の植物と言えば、『ススキ』、秋に咲く桜『コスモス』、『』、『撫子』が咲きます。ウォーキングコースに咲いていると秋を感じることができ、彩りますね。私の家の近くにはコスモス畑があるので、秋のウォーキングコースにしています。毎年癒されてます(笑)

夜ウォーキングでは、ススキを見ながら月見もできますよ。風流ですよね。秋にしかできないので是非やってみてください。

秋には紅葉を楽しみながらウォーキングができます。これも秋にしかできないのでやってみてください。私は去年、山口で有名な紅葉のスポットである長門峡でウォーキングしましたが現実とは思えないほど綺麗でしたよ。

綺麗な月を見ながらウォーキング

秋の月は1年で一番綺麗に見ることができます。綺麗な月を見ながらのウォーキングなんてのもいいですね。

なぜ綺麗に見えるかは理由として、月の高さが丁度いい(見やすい)、空気が乾燥しているから月がクッキリ見えると言われています。

月の光を浴びる月光浴には様々な効果があります。

月光浴効果

睡眠の質の向上

リラックス効果

髪や肌が綺麗になる

虫の音を聞きながらウォーキング

秋の虫と言えば『鈴虫』『コオロギ』ですよね。自然が多い所をウォーキングすると虫の音が聞こえてきます。

虫の音や川や海の波などの自然の音を聞くと脳がα波が出ることが研究で分かっています。α波が出るということは脳がリラックスしているということなので、自然の多い所をウォーキングしてみると日頃のストレスを自然が緩和してくれますよ。

最後に

いかがでしたか?

秋は環境が良く、太りにくいい体質を作りやすいベストな時期ですので、誰もが始めやすいウォーキングから始めてみるといいですよ。

冬になると冬太りという言葉があるように太りやすくなります。ウォーキングをして秋の内に代謝を高めて太りにくい体質を手に入れ、冬太りに備えましょう。